アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「なまはげ」のブログ記事

みんなの「なまはげ」ブログ


日本のナマハゲ大集合

2010/02/13 23:51

昨晩、なまはげ柴灯まつりを楽しんで、ナマハゲと仲良くなったのですが、今日は男鹿市民文化会館で「日本のナマハゲ大集合」というイベントがあり、日本全国のナマハゲ行事が舞台で再現される「ナマハゲ行事実演」やナマハゲ行事の保存伝承活動に携わる方々が行事の伝承や後継者育成にかける熱い思いを語る「ナマハゲ・シンポジウム」が開催されるというので参加してきました。


男鹿のナマハゲ

伝承場所:男鹿市全域
期 日:12月31日
指定種別:国指定(昭和53年5月22日)

ナマハゲは男鹿市のほぼ全域で行われる民族行事です。集落内の選ばれた若者がケデ・ケラ(藁・麻などで編んだ蓑)を身に纏い、独特の面を被り入魂して神を宿し、手には出刃包丁・マサカリ(木製)とカショゲ(手桶)を持ち、威厳ある所作で家々を訪れます。各地区によって違いはあるが赤はジッコ(爺)やアニ(兄)、青はバンバ(婆)が多く、二匹一組または三匹一組で廻ります。

ナマハゲは大きな唸り声を上げ、戸を叩き鳴らし、四股を踏みます。荒ぶる神が大きな音を出すことで悪霊や災禍を祓い清めるそうで、豊作、豊漁、吉事をもたらす来訪神がナマハゲです。またケデ・ケラから落ちた藁を頭などに巻くと無病息災のご利益があると言われています。

男鹿のナマハゲ 男鹿のナマハゲ
男鹿のナマハゲ 男鹿のナマハゲ

能代のナゴメハギ

伝承場所:能代市(浅内・中浅内・黒岡・寒川)
期 日:12月31日
指定種別:国記録選択(昭和56年12月24日)

能代のナゴメハギは、子どもらを戒め、老人には励ましの言葉をかけながら、その年の厄を払い、新年を清らかに迎える民俗行事です。

浅内・中浅内では番楽に用いる山の神、鈴木、曽我兄弟、翁、爺、三番叟(さんばそう)、恵比寿、機織、女、狐などの面を被ります。黒川ではケヤキの皮で制作した面を、寒川では二本角の男鬼、一本角の女鬼の木製面を被り、服の上に袴、タスキなどで身を固め藁で作ったケラを纏います。

ナゴメハギは鉦(しょう)という鐘を鳴らしてやって来て、家の入口でジャンジャン鳴らし、家に上がりこみ、「ゴラ、ゴラー、悪りワラシはいねがぁー」などと叫びます。家主が酒を振る舞って丁重にもてなし、切り餅2枚や祝儀を渡すと帰って行きますが、帰り際に「手を三つ叩けばまた来るぞ」と言い残して去っていきます。

能代のナゴメハギ 能代のナゴメハギ

遊佐のアマハゲ

伝承場所:山形県遊佐町滝ノ浦・女鹿・鳥崎
期 日:1月1日滝ノ浦 1月3日女鹿 1月6日鳥崎
指定種別:国指定(平成11年12月21日)

女鹿のアマハゲは赤鬼・青鬼・ジオウ(翁)・カンマグレ・ガンゴジなどの日山番楽面を被り、スグリ藁で作られたケンデンを纏い、裏声で口々にギィ・ギィ・ギィと言いながら家々を回ります。滝ノ浦ではアマハゲ行事専用の面を被り、家々の入口で終始無言で反閇(へんばい;陰陽道で使われる呪術的な特殊な歩行方法)を踏む独特な所作を行います。鳥崎では岩倉・笠森・水壷または水坪の面を被り裏声でハゲ・ハゲ・ハゲと言いながら家の中を歩きます。

3集落に共通するのは新年の祝福と豊作を約束し護符の餅をやりとりすることです。女鹿ではアマハゲに対して家の主人が「おめでとうございます」と挨拶し、盆に載せた丸餅を二つ差し出すと、アマハゲは一つを受け取り、一つはお護符として置いていきます。

また遊佐のアマハゲは、太鼓をドーン、ドーンと叩きながら、下駄をカラコロ鳴らしてやってきます。そして家人とのやり取りや行動も太鼓の音がきっかけになっていました。

遊佐のアマハゲ 遊佐のアマハゲ
遊佐のアマハゲ  

能登のアマメハギ

伝承場所:石川県輪島市 / 能登町
期 日:1月2日輪島市門前町五十洲 1月6日輪島市門前町皆月 2月3日能登町秋吉
指定種別:国指定(昭和54年2月3日)

「アマメハギ」とは、昔の火燵(こたつ)や囲炉裏など炭火に長くあたるとできるアマメ(火班)をハギとりにくる者のことです。子どもたちに寒くても、囲炉裏などで暖をとってばかりいないで家の仕事を 手伝うように「しつけ」の一環として行われてきた民族行事が能登のアマメハギです。

「能登のアマメハギ」は地区毎に実施日が異なるように、元々はその地区固有の似て異なる民族行事でした。しかし国が指定する際にまとめて「能登のアマメハギ」として指定したので、現在では総称として使われています。実際、アマメハギは、輪島市皆月では天狗面・ガチャ面(2人)・サル面の4人、五十洲では天狗面・ジジ面・ババ面の3人で構成され、能登町秋吉は鬼面を被るといった具合に、それぞれ地区ごとに異なっています。

アマメハギはノミ、すりこぎ、カナヅチを持ち、如何にもアマメを剥ぎ取るという感じの動作をしながら、悪霊を払うために大きな声を出します。そして一区切りつくと、山の神の使いである天狗面が、家族やアマメハギの一同を神棚に向け座らせ、お祓いを行います。

能登のアマメハギ 能登のアマメハギ

象潟のアマノハギ

伝承場所:にかほ市象潟(きさかた)小滝・石名坂地区
期 日:1月第2土曜日または日曜日

アマノハギは小滝地区と石名坂地区に伝承されています。小滝では小滝番楽で用いる大江山と田村の面を被り、石名坂では木の根株のようなもので巧みに作った彩色ある面を被る違いがあります。

小滝のアマノハギは頭に毛(シャグマ)をあて、ケラ(蓑)をつけ、藁靴を履き、悪霊を祓うための木製のナタと包丁を手に持ち、2疋(ひき)一組で家々を廻ります。石名坂では音も無く家に入りますが、小滝では「アマノハギ来たー」と大声を張り上げて家に入ります。どちらの地区も「親の言うごど聞ぐがー」「勉強するがー」などと荒々しい声で子どもを訓戒します。そして家人が「ご免してけれ」とアマノハギに餅と祝儀を差し出します。その餅は翌日頒けられ、1年を無病息災で過ごすお護符とされるそうです。

象潟のアマノハギは、大々的な民族行事としては約20年間中断していましたが、昭和50年代に復活し、保存会ができ、現在まで伝承しているそうです。

象潟のアマノハギ 象潟のアマノハギ

豊岩のヤマハゲ

伝承場所:秋田市豊岩
期 日:1月第2土曜日または日曜日

豊岩にヤマハゲは、石田坂・居使・中島・前郷・小山の5地域単位で伝承されている民族行事です。行事の本旨は子どもへのしつけ(教育)が全地域共通であり、次いで厄除け(居使・小山)、五穀豊穣(石田坂・前郷)、病魔退散(居使い)などと続くそうです。

ヤマハゲの面は全5地域とも長らく使用してきた木彫りの面が主流です。今回実演した前郷地域の「ヤマハゲ」は衣装となるヨブスマを着け注連縄を巻き付け、頭髪として腰下まで垂れ下がるモグ(藻草の海管)を被るのが特徴です。

手で支えないといけない木彫りの般若面とモグは重く、ヨブスマと合わせると20数kgになるため、他のナマハゲのように乱暴に暴れたりはしません。静かに家々に上がり、家人のいる居間の戸を叩き、「ウォー」と吠え立てて脅かし、訓戒や励ましの言葉のみをかけて去っていきます。

豊岩のヤマハゲについては、ヤマハゲの面は鬼女の面であり、男鹿のナマハゲが男、豊岩のヤマハゲが女の夫婦説というのもあるそうです。

豊岩のヤマハゲ 豊岩のヤマハゲ
豊岩のヤマハゲ 豊岩のヤマハゲ

雄和のヤマハゲ

伝承場所:秋田市雄和(19地域)
期 日:12月31日または1月第2土曜日または日曜日

秋田市雄和ではヤマハゲ、ナマハゲの2通りの名称で行事が行われていますが、民族行事が豊岩から雄和に伝わった説もあり、歴史的に名称が変遷してきたことが認められているそうです。また20年位前までは「悪魔祓い」がかなり広域な地域で呼ばれていたこと、ナモミハギ、ナマハギ、ナモメハギと呼ぶ地域も存在したそうです。

雄和のヤマハゲは面が特徴的で、桟俵(さんだわら;米俵のフタ)の面を付けています。今回実演した平沢地域では、わらの面とケラを身につけた2組のヤマハゲが平沢神社神主宅でお祓いをしてから各家々を廻り、お札を渡して、家内安全、無病息災を祈願し、悪魔祓いをします。ヤマハゲは悪霊を退治するために乱暴な態度をとっていますが、村や暮らしぶりを守ってくれる神の使者なのです。

2004年に国際教養大学が雄和に開校したこともあり、近年は国際教養大学の生徒も手伝って行事が行われているそうです。

雄和のヤマハゲ 雄和のヤマハゲ
雄和のヤマハゲ 雄和のヤマハゲ

吉浜のスネカ

伝承場所:岩手県大船渡市三陸町吉浜
期 日:1月15日
指定種別:国指定(平成16年2月16日)

吉浜のスネカは三陸町吉浜地区に伝承されている民族行事で、元々は旧暦小正月の夜に行われていましたが、現在では新暦の小正月に行われています。数年前は青年団や有志で細々と行われていたそうですが、後継者問題などを解決し、きちんと伝承しようということで保存会が結成されたそうです。

スネカは奇怪な面を着け、藁蓑を纏い、背中には米俵を背負っています。衣装にはアワビのカラが付いていてガラガラと音を立てながら歩き、ハナを鳴らしてやって来ます。

スネカは脛に火形をつけているような怠け者を「脛の皮(火形)を剥ぐ」(スネカワタグリ)といって脅したことが名前の由来と言われ、その点でもナマハゲと共通点があります。またスネカは怠け者や子どもを戒めるとともに、春を告げる使者として人々から畏敬の念をもって迎えられているそうです。

吉浜のスネカ 吉浜のスネカ
吉浜のスネカ 吉浜のスネカ

また開催して欲しい!

シンポジウムでは、地域の伝統文化を守り伝えていくために何が出来るか?ということで色々な話が出て、最終的には民俗行事として伝承していくには地域作り(地域の人の理解と協力)が重要だということになったが、男鹿のナマハゲのように観光行事にし過ぎたために地域の人の気持ちが離れたり、反対に伝統文化としての誇りを持つために観光資源にしたくても後継者不足で年一回の行事を続けるので手一杯な地域など、実情は様々だと分かった。

ナマハゲ行事の伝承と観光の両立は難しいと思うが、日本全国の人に各地域の行事を知ってもらうことは重要だと思う。今回の「日本のナマハゲ大集合」というイベントを一度限りのイベントではなく、持ち回りで開催するという話もあるようなので、ぜひ開催して欲しい。そして、その時はまた参加したいな。

記事へ驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


なまはげ柴灯まつり

2010/02/12 23:18

昨日の弘前城雪燈籠まつりに続き、今日は秋田県男鹿市真山(しんざん)神社で開催されるみちのく5大雪まつりのひとつ、なまはげ柴灯(せど)まつりに行ってきました。


秋田へ

かもしか号 きりたんぽ鍋

昨夜から雪が降り始めた弘前から特急かもしか2号に乗車して秋田駅へ向かいます。かもしか号は3両編成のコンパクトな特急で、指定席が1両、自由席が全体の半分の1両半、残りの0.5両がグリーン車です。自由席は乗車待ちの人が多かったので座れるか心配でしたが、ちょうど全員が座れる感じの乗車率でした。大館駅を過ぎた頃に雪はやみましたが、車窓を流れる雪景色は環境映画のようでした。

かもしか君は5分遅れで秋田駅に到着しました。ちょうどお昼時だったので秋田名物きりたんぽ鍋を頂きました。比内地鶏の出汁が染みたきりたんぽが本当に美味しかったです。


男鹿半島へ

男鹿行き列車 羽立駅ホーム
羽立駅 入道岬行きバス

きりたんぽ鍋を堪能した後、秋田駅から男鹿行きの列車に乗車します。なまはげが車体に描かれた列車で揺られること小一時間、終点の男鹿駅のひとつ手前の羽立駅(はだてえき)に到着です。木製の立派な駅名看板が風情がある小さな駅でした。ここから入道岬行きの路線バスで男鹿温泉郷へ移動します。

男鹿温泉郷の宿に着き、荷物を置き、早めの夕食をいただいたあと、シャトルバスでなまはげ柴灯まつりの会場に移動します。男鹿市は低炭素社会のモデル市を目指すということで、今年からなまはげ柴灯まつり会場への自家用車の乗り入れを規制し、臨時バスを運行してパーク&ライドを実施しています。

自分のように公共機関を使う観光客にとっては、会場までの直通シャトルバスが運転されるのは嬉しいですが、地元の人やクルマで観光に来ている人は乗り換えが必要で不便になるので、せめてバス運賃は無料か100円程度にしないとパーク&ライド実施も説得力が無いかなぁ。


いざ!なまはげ柴灯まつり

真山神社 柴灯火

なまはげ柴灯まつりは、神事の「柴灯祭」と民族行事の「なまはげ」を組み合わせた男鹿半島を代表する冬まつりです。ホテルの人からは、真山神社は山の上にあるから、ここより更に3度は寒いと脅かされていましたが、真山神社境内の広場中央で焚き上げられた柴灯火(せどば)はとても暖かく、覚悟していたよりはぜんぜん寒くありませんでした。そして18:00、なまはげ柴灯まつりが開催です。


湯の舞・鎮釜祭

なまはげ柴灯まつりのオープニングは、広場入口で行われる湯の舞・鎮釜祭(ちんかまさい)です。鎮釜祭の釜鎮め・湯立ての神事では、大釜にお湯を沸かし神官が呪文を唱えながら"わらボウキ"で湯をかき回します。この湯立ては海の波や海の荒れを鎮めるという信仰からきているそうで、さらに「四界万物を清浄にする」という意味で湯花を参列者にかけます。そして真山神社の巫女が扇と鈴を手に舞う、男鹿地方独特の祓い神楽「湯の舞」を奉納します。これにより、なまはげ柴灯まつりに参加した全員にご利益があるそうです。


なまはげ入魂

なまはげに扮する若者 なまはげたち

次は、なまはげ入魂の儀式です。なまはげに扮する若者達は必ず家々を回る前に“鬼神”になるため氏神に参拝するしきたりがあります。参道入口付近でおはらいを受け、神(しん)の入った面を授かり、身につけます。そして、なまはげと化した若者達は山へ戻って行きます。


なまはげ行事再現

なまはげ行事再現 なまはげの集団は一旦、山へ戻っていきましたが、神楽殿では大晦日に真山地区で行われる民俗行事「なまはげ」の再現が始まりました。

内容的には男鹿真山伝承館のナマハゲ習俗学習講座で見ることができるものと同じです。なまはげというと一般に子供を驚かしたり、追い回しているイメージがありますが、実際のなまはげは玄関戸をガタガタ揺らしたりする行動は荒々しいですが、家長とのユーモラスなやりとり行い、来年の豊作や無病息災などを祈ったり、家人に年配者が居れば長寿を祝ったりすることを、この再現で知ることができます。



なまはげ大鼓

続いて神楽殿では、なまはげが「家内安全」「五穀豊穣」などを願って和太鼓を打つ、比較的新しい郷土芸能のなまはげ太鼓が演奏されます。

なまはげ太鼓の演奏団体は、男鹿っ鼓男鹿和太鼓愛好会なまはげ郷神楽など複数あるので、なまはげ柴灯まつりの期間中でも日にちごとに演奏団体が異なるそうで、初日の今日は男鹿っ鼓による演奏でした。


なまはげ踊り

なまはげ踊り なまはげ太鼓の勇ましく、パワフルな演奏で会場全体が盛り上がったあとは、なまはげ2疋(ひき)によるなまはげ踊りが柴灯火の前で演じられます。なまはげ踊りは秋田・山形両県に分布する山伏神楽である番楽を元に、秋田が生んだ現代舞踏家・故石井漠氏が振り付けし、その息子の作曲家石井歓氏が曲をつけた踊りで、なまはげらしさを表現した勇壮な踊りです。

なまはげ柴灯まつりが始まって、ここまで雪は降っていなかったのですが、なまはげ踊りが始まると同時に雪が降り出し、なんとも幻想的な踊りに見えました。そして踊りが終わると雪も降るのを止めてしまい、単なる偶然なのでしょうが、なにやら神秘的な演出を感じました。



なまはげ下山・献餅

なまはげ下山 なまはげ下山

いよいよ、なまはげ柴灯まつりのクライマックス、なまはげ下山です。真山お山掛けの古道から松明をかざして下山してくるなまはげの幻想的で勇壮な姿を見ることができます。そして下山したなまはげたちは柴灯火の周りにいる参加者の中をを練り歩きます。

続いては柴灯火で焼かれて神力が宿った大餅を神の使者・なまはげに進ずる献餅の儀式です。なまはげは、神官の捧げる護摩餅に容易に触れる事が出来ませんが、ようやく護摩餅を手にして山へ帰って行きます。この神に献ずる護摩餅は、あとでおまつり参加者にも振舞われます。


まめまき

さらに神楽殿では、五穀豊穣と今年一年のご多幸と健康を祈願して神官が豆をまきます。受け取るための袋とか無かったので素手で受け取るしかなかったので、1粒しか受け取れませんでした。残念。


なまはげによる柴灯護摩餅くばり・記念撮影

護摩餅くばり 護摩餅

柴灯火で焼いた大餅を切り分けた護摩餅を神楽殿前でなまげが渡してくれます。この護摩餅は災難除去のお護符としてご利益があるそうです。でも。食べると苦いです、まぁ良薬口に苦しみたいなものかな。

そして参道入口や柴灯火の前では、なまはげとの記念撮影が始まっています。

なまはげと柴灯火

なまはげ柴灯まつりは、開始から終了までがストーリー性があるので、体感できる映画のように楽しめた2時間弱のお祭りでした。この後はシャトルバスで宿に戻り、有名な男鹿温泉を堪能です。

記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0


ナマハゲの故郷を訪ねる旅の軌跡

2007/11/13 01:25
今回のナマハゲの故郷、男鹿半島を訪ねる旅の記録です。
画像


東京駅のグランスタでお弁当を購入
 ↓
上野駅へ移動。今回の旅は珍しく上野駅からスタート
 ↓
13番線ホームに寝台特急あけぼの号が入線。さっそく乗り込み、いよいよ出発です。
 ↓
立佞武多(たちねぶた)の頭とナマハゲのお面が出迎える秋田駅に到着。男鹿線に乗り換えます。
 ↓
男鹿線の普通列車の車体にはナマハゲが描かれている、ナマハゲ列車でした。
 ↓
男鹿線の終着駅、男鹿駅に到着。ここから歩いて男鹿市民文化会館へ向かいます。
 ↓
男鹿市民文化会館で開催されている「第5回なまはげ ふるさと じまん市」を見物。まずは新しいハタハタ加工食品のハタハタたんぽを試食。次は男鹿海洋高校の生徒が実習で作ったハタハタ缶詰を試食、これは美味しい。そして最後に腹持ちの良いだまこもちを出店で注文。満腹。いよいよ男鹿観光スタート
 ↓
まずは男鹿真山伝承館へ行き、ナマハゲ行事を体験。ナマハゲのイメージが大きく変わりました。
 ↓
伝承館のお隣のなまはげ館を見物。60体のナマハゲ像の展示が魅力的です。
 ↓
日本海が一望できる八望台に移動。展望台からの眺めが良いね。
 ↓
男鹿半島の最北端、北緯40度線のモニュメントや日本の灯台50選に選ばれた入道灯台と、見所満載の入道崎を見物。小春日和で気持ち良い。
 ↓
巨大なナマハゲ像が出迎える男鹿温泉郷に到着です。この週末の宿です。
 ↓
ナマハゲのお面が出迎える温泉、なまはげ湯と男鹿の海の幸を堪能。珍しくリゾート気分です。
 ↓
男鹿温泉交流会館の「五風」で開催されるナマハゲふれあい太鼓ライブを鑑賞。迫力満点。
 ↓
1日かけてナマハゲ伝導士認定試験を受験。同時開催の講義でナマハゲについて詳しくなりました。
 ↓
試験終了後、男鹿線に乗って秋田市内へ移動。
 ↓
天気が悪いので秋田観光を諦め、朝市見物感覚で秋田の台所こと、秋田市民市場を見物。
 ↓
続いて、あきた県産品プラザで、よみがえる秋田八丈を見物。落ち着いた光沢と独特の渋い色合いや肌触りが本当に魅力的です。
 ↓
駅に戻り、売店で秋田駅の駅弁ランキングをチェック!
 ↓
秋田新幹線こまちに乗車、一路東京に向け、出発。

画像画像
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


ナマハゲふれあい太鼓ライブ

2007/11/10 21:45
男鹿温泉郷で毎週末に開催されているナマハゲふれあい太鼓ライブを見に男鹿温泉交流会館の「五風」へやってきました。
画像


ナマハゲふれあい太鼓ライブは、地元のメンバーで結成された人気グループ「なまはげ郷神楽」が演奏する、和太鼓を中心としたライブです。1曲目はナマハゲ行事をモチーフに創作された「門踏み(かどふみ)」をナマハゲ姿で演奏してくれました。
画像画像


その後「神波(かんなみ)」、「RAIJIN」という曲の躍動的で熱気溢れる公演が続きました。特に「RAIJIN」はソロパートがあるのですが、観客のリクエストに答えて、ステージで倒れるほど体力の限界まで力一杯の熱演でした。
画像画像


なまはげ郷神楽のメンバー総出の挨拶では、男鹿温泉郷でのストリートライブから始まり、苦労して、現在では男鹿温泉郷の名物になったという話もあり、今回演奏している男鹿温泉交流会館の「五風」も彼らの活動を認めた行政が建てたという話でした。
これで天気など気にせずに安心して演奏できる場所ができた反面、使用料を払う必要があるため、相変わらず苦労は続いているそうです。

熱演のライブに感動したので、なまはげ郷神楽の自主製作CD「男鹿嶋」を購入しちゃいました。
画像9曲収録されたCDが、A4版のジャケットケースに入っています。

01. 門踏み(かどふみ)
02. 神波(かんなみ)
03. RAIJIN
04. 真山かえし
05. 寒風(かんぷう)
06. 弥五郎
07. HIRAFU
08. DAGASUKO
09. 男鹿嶋

なまはげ郷神楽
http://namahage.jp/
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


トップへ | みんなの「なまはげ」ブログ

って、どーよ なまはげのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる