って、どーよ

アクセスカウンタ

zoom RSS 弘前城雪燈籠まつり

<<   作成日時 : 2010/02/11 22:56   >>

ナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0

雪まつりというと「さっぽろ雪まつり」を想像する人が多いと思いますが、この時期の北東北で「みちのく五大雪まつり」が開催されます。岩手県雫石町の「いわて雪まつり」、青森県弘前の「弘前城雪燈籠まつり」、秋田県男鹿市の「なまはげ柴灯(せど)まつり」、秋田県横手市の「横手かまくら」、青森県八戸市の「八戸えんぶり」の5つのお祭りのことです。今回、その中のひとつ弘前城雪燈籠まつりに行ってきました。

あけぼの号で弘前へ

寝台特急あけぼの号 開放B寝台上段

北東北への旅ということで、廃止が相次ぐブルートレインの中で生き残っている上野発青森行きの寝台特急列車あけぼの号に乗車です。今回は指定席券の購入が遅かったので、取れたのは開放式B寝台、しかも落ちたらケガしそうな上段です。2本のベルトだけが急停車した時の命綱です。

最近、ちょっと寝不足だったので21時15分に上野駅を出発したあと、高崎駅に着くまでの間にすっかり寝入ってしまいました。途中、運転停車中の長岡駅でちょっと目が覚めましたが、結局、秋田県に入るまでぐっすりと寝てしまいました。

弘前駅到着 弘前城雪灯籠まつりの展示

毎月5日は「りんごを食べる日」

弘前駅であけぼの号を下車すると、駅構内には今日から始まる弘前城雪灯籠まつりをモチーフにした展示物が飾られていました。こういう歓迎があると、お祭りの方もとても期待できそうです。

改札を出て、弘前城がある方の出口に向い階段を下りていくと、目に入ったのは、毎月5日は「りんごを食べる日」と書かれた横断幕。さすがは、りんごの里、弘前市です。

そして駅前から弘前城雪灯籠まつりのメイン会場がある弘前公園に行くために、弘前市内循環100円バスのひとつ、土手町循環バスに乗車します。どこまで乗っても100円と安い上に10分間隔の運転なので待たずに乗れるという感じで、弘前市内の観光におすすめです。

弘前公園の最寄バス停である市役所前でバスを下車しますが、すぐに弘前公園には行きません。まずは追手門広場の一角に建てられた弘前市立観光館へ行き、コインロッカーに荷物を預け、弘前城雪灯籠まつりのパンフレットを入手し、最後に観光用の無料長靴を借り、これで準備完了です!

雪の弘前公園

弘前公園追手門 弘前城天守閣

長靴を履いていなかったら、すべって転んだり、雪に埋れてしまいそうな弘前公園の追手門入口から入場です。公園内に作られた雪燈籠を眺めながら歩いていると弘前城天守閣が見えてきました。弘前公園の桜は有名で、この構図だと天守閣と桜の木をまとめて撮影できるのですが、桜が咲いていないこの時期はちょっと寂しげな感じです。それでも天守閣の周りに積もった白い雪と紅い欄干のコントラストはそれはそれで絵になるような気もします。そして、いよいよイベント会場に到着です。

りんご娘.とアルプスおとめ そして たか丸くん

アルプスおとめ アルプスおとめ りんご娘. りんご娘.
りんご娘. りんご娘.

たか丸くん&りんご娘. イベント会場に着くと、舞台ではアルプスおとめのライブをやっていました。最初は青森のAKB48みたいなグループなのかと思ったのですが、弘前アクターズスクールでレッスンを受けている、りんご娘.の妹分にあたる未来のアイドルたちのグループだと分かりました。そして、りんご娘.の妹分だからアルプスおとめ(長野県松本市で誕生した「アルプス乙女」というミニりんごの品種があるんです)なんだと理解しました。

続いて、その「りんご娘.」のライブ開始です。地元青森の活性化、青森の特産品(特にりんご)を全国、全世界にPRするために活動している、農業活性化アイドルが、りんご娘.です。

りんご娘.という名前は以前に聞いたことがあったのですが、その時に見た写真が野良着姿だったので、ずっと毎年りんご農家の中から選ばれる「ミス・りんご」みたいな人かと思っていました。でも今回、ナマでりんご娘.のライブを見てビックリ。唄は上手いし、踊れるし、もう普通にアイドル、いや立派なアイドルでした。

そんなりんご娘.ライブに乱入者です。2011年に築城400年を迎える弘前城の記念イベント「弘前城築城400年祭」のイメージキャラクターのたか丸くんです。弘前城の別名が鷹岡城なので鷹をモデルにしたデザインと名前、そして最大の特長は頭に弘前城を載せていることです。このたか丸くんは、弘前市民が大好きで、とても頭が良いという設定なので「たか丸くんのおでかけ日記」というブログもやっています。

りんご娘.にたか丸くん、そしてバックではアルプスおとめ、会場のみんな一緒に唄って、踊って、ライブは結構盛り上がっていました。

アルプスおとめからりんご娘.へアルプスおとめ から りんご娘.へ 三上、工藤、小山内りんご娘.になる三上、工藤、小山内の3人

りんご娘.ライブの最後に、4月からりんご娘.が5人体制になるとの発表がありました。妹分のアルプスおとめから、勉強と活動を両立させてパワーアップしたい三上さん、青森のこと何でも知っているりんご娘.イチの物知りになりたい工藤さん、青森県の食べ物についていっぱい知っている人になりたい小山内さんが、りんご娘.に新たに加わるそうです。

現在のりんご娘.は、ジョナゴールド、レッドゴールドの2人ですが、4月に加わる3人の芸名もりんごの品種名になるんでしょうね。

ライブ終了後にステージ横で握手会&写真撮影会が開催されたのですが、小さい子供からおばあちゃんまでが参加するという幅広いファン層に、りんご娘.は本当に地元の人に愛されているんだなと感じました。

りんご娘.公式ウェブサイト
http://www.ringomusume.com/


漫才ライブ山田八木橋 & 寺田由香 初営業

山田八木橋山田八木橋 寺田由香寺田由香

午後にはステージで、弘前で一番面白い漫才コンビ(自称?)の山田八木橋の漫才ライブが行われました。弘前市で活動する「劇団SOUTHERN COMFORT」の代表である清水司さん(左)と同劇団の看板役者である玉置肇さん(右)の漫才コンビです。野外のライブということで、前半は客いじりだったのですが、ちょっとアドリブが空回りしたような感じでした。でも、ネタに入ると弘前一の実力発揮で、面白かったです。特に「森のクマさん、こぇー」というネタは、劇団員の演技力がモノを言い、目の前に光景が浮かぶようで、思わず話に入り込んでしまい、オチのところで確かに「クマさん、こぇーよ」と思っちゃいました(本当は笑うべきなのかもしれないけど)。ただ、素人の初見なので、山田八木橋ならではの特長みたいなものは分かりませんでした。

そしてさらに同じ劇団の後輩、寺田由香さんのピン芸も披露されました。こういう野外のステージでは初営業だそうですが、全然そんな感じはしませんでした。いきなり歌のおねえさんとして登場して、強引に話を進めていったのですが、なぜかその世界観が自然に受け入れられ、大笑いしちゃいました。しかも、隣のちっちゃい子供が自己防衛の歌を一緒に唄って、パンチを繰り出していたから、更に笑ってしまいました。でも、なんで歌のおねえさんの名前がゴーレムだったんだろう? ちょっと謎です。

劇団SOUTHERN COMFORT
http://home2.netpalace.jp/southerncomfort/
寺田由香ブログ「カレーライスください!!」
http://ameblo.jp/taro1886/

 

いろいろ楽しむ

雪のすべり台 リラックマ?

イベント会場にはライブステージの他に、いろいろなキャラクターの巨大な雪像が何体も展示されています。また、大きなタイヤチューブに乗って滑り下りる雪のすべり台もあって、大人も子供も滑れるということで大人気で順番待ちの行列ができていました。

たか丸くんたか丸くん雪像

また先ほどりんご娘.のライブに参加(乱入)した、たか丸君もイベント会場内を歩いていましたが、すぐに子供達に捕まり、もみくちゃになるほどの大人気でした。ちなみに追手門のそばには、たか丸くんの雪像もあります。でも、こちらの方は、あまり子供には人気がなかったみたいです。そっくりなんだけど、動かないとダメなのかな。 

いよいよ弘前城雪燈籠まつり本番

弘前城雪灯籠まつり 弘前城雪灯籠まつり

楽しいイベントも終了し、日没を迎えてからが弘前城雪燈籠まつりのメインです。また追手門口へと戻って、明かりが灯り、幻想的な光景を作り出している雪灯籠やライトアップされた弘前城天守閣を見てまわります。

弘前雪明かり 弘前雪明かり

弘前城雪燈籠と合わせて、今年から「弘前雪明かり」が街中や弘前公園・北の郭エリアで開催されています。雪灯籠が和風のライトアップなら、弘前雪明りは幻想的な洋風のライトアップという感じです。

青森銀行記念館 雪像青森銀行記念館雪像 青森銀行記念館青森銀行記念館実物

イベント会場の青森銀行記念館の雪像は、昼間に見た時は単に大きいなぁと思っただけでしたが、内部に明かりが灯り、ライトアップされると、なんとも言えない存在感を出していました。この青森銀行記念館は現存していて、弘前公園のすぐそばにあるというので、帰り道に実物を見たのですが、またびっくり。上の写真は角度が違っているので分かりにくいですが、本当にそっくりな雪像でした。

こんな感じで1日中楽しめた弘前城雪燈籠まつりでした。

弘前城雪灯籠まつり


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ
気持玉数 : 11
ナイス ナイス ナイス ナイス
面白い 面白い 面白い
なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
かわいい かわいい

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
弘前城雪燈籠まつり って、どーよ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる