って、どーよ

アクセスカウンタ

zoom RSS 仙台駅の駅弁「炭味焼 牛たん弁当」

<<   作成日時 : 2010/01/05 23:47   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

炭火焼 牛たん弁当

東北地方最大のターミナル駅 仙台駅の駅弁「炭火焼牛たん弁当」(1000円)です。仙台駅ではこばやし、ウェルネス伯養軒、日本レストランエンタプライズ(NRE)の3社が駅弁を販売しています。そのため日本屈指の駅弁激戦地ですが、さらに輪をかけて駅構内テナントの地元有名店でもお弁当を販売しています。この「炭火焼 牛たん弁当」は、牛たん専門店の冠舌屋など「冠舌(かんたん)」ブランドで牛たんを提供している株式会社 陣中の駅弁です(駅弁マークや駅弁の定義にこだわる駅弁ファンには駅弁と呼んでもらえないかもしれませんが、駅で買える弁当という意味の駅弁として紹介します)。

炭火で焼かれる牛たんが描かれた箱を開けると真空パックのようなビニール袋に入った駅弁が現れます。中身は、陣中秘伝の仙台味噌を使った牛たん、天日塩で味付けされた牛たん、それぞれ肉厚の四切れづつが麦ご飯の上にのっています。

牛たんで有名な土地だけに仙台駅には牛たんの駅弁はいくつもありますが、ここまで肉厚でボリュームたっぷりの牛たん駅弁は他にはありません。さすが牛たん専門店の駅弁だけのことはあります。肉厚ながらトロけるよう柔らかさの味噌味、ピリッとした塩味の二種類の牛たんが楽しめ、大満足の味です。

ご飯は大麦と玄米を合わせた五穀米のような麦ご飯です。牛たんとの相性は良いのでしょうが、冷めた状態だと牛たんの美味しさを受け止めきれていない感じです。箸休めの香の物も無く、この辺のご飯まわりの扱いは老舗駅弁屋の冷めても美味しい駅弁でには、まだまだ敵わない感じです。

贅沢にビール片手に牛たんだけ食べるか、家に持って帰り電子レンジで温めて食べると最高に美味しい食べ方ができるリーズナブルな駅弁です。

株式会社 陣中
http://www.jinchu.jp/

冠舌屋
http://kantan-ya.jp/


テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
URL(任意)
本 文
仙台駅の駅弁「炭味焼 牛たん弁当」 って、どーよ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる