テーマ:グルメ

明石焼ゴ 玉焼き ごろごろ

明石焼きの有名店、きむらや、よし川、とり居と巡ってきて、それぞれ美味しいものの同じ明石焼きというジャンルだけに印象が似たような感じになってきた中、明石焼ゴというお店の「ごろごろ」という明石焼きがちょっと変わっているという情報を入手したので、明石焼き屋巡りのシメとして訪問。さっそく、メニューに書かれている「玉焼き ごろごろ」を注文しました…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

春旬祭と明石焼き巡り

3月7~8日に開催されている春旬祭でイカナゴ磯辺揚げの試食会があるというので、魚の棚商店街と明石銀座商店街が交わる場所にある会場に行き、さっさく試食。 イカナゴというと、くぎ煮(イカナゴの佃煮)にするイメージが強かったけど、磯辺揚げという食べ方があったのかと感心。おかげで食べ終わってから写真を取り忘れたことに気がつきました。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

たこ定食

ちょうどお昼時なので、その土地ならではの料理を食べます。 明石の海産物と言えば、タコ、鯛、イカナゴが有名です。 その中でも全国的に有名なタコと漁が解禁になったばかりで、今が旬のイカナゴのどちらを味わうか少々悩みましたが、料理のレパートリーが豊富なタコを選択。 さっそくタコ定食を注文していただきます。 タコ飯、タコのや…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おたる政寿司

小樽に来たのは、寿司屋通りでお寿司を食べるためです。 おたる政寿司本店で、名物のイカソウメンゃ特上大トロなどをいただきました。 有名店なので美味しいことは美味しいのですが、昨日のようなインパクトや驚きは無く、ある程度予想通りの美味しさ。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まつくら ジャンボ生ちらし

増毛の人気和食店「まつくら」の有名メニュー、ジャンボ生ちらし(3465円)です。 ボリューム満点。勝手丼でもここまで盛りません。 大食い用メニューなので、1人で食べないといけませんが、完食すれば認定証(800円相当の金券になる)がもらえます。
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ぽっぽ亭 摩周の豚丼

摩周駅前にある、ぽっぽ亭の「摩周の豚丼」(1050円)です。摩周駅の駅弁を調製しているお店の人気商品です。 特製ダレを絡めた豚肉がドンブリからは溢れんばかりです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

釧路名物、勝手丼を食べる

釧路に来たからには和商市場で勝手丼を食べなくちゃ! 釧路駅のすぐそばの和商市場へ向かう。屋根の上には大きく和商と書かれていたが、コンビニ店舗の印象が強くてここが和商市場だと一瞬、気が付かなかった。 さっそく中に入ると市場らしい店舗が並んでいる中、市場中央にイスやテーブルが置かれ、そこをぐるっと囲むように勝手丼のネタを中心…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

北斗星懐石御膳

せっかく寝台特急「北斗星」に乗るんだから、ディナーは食堂車で和食の北斗星懐石御膳をいただきます。 銀だらの粕漬焼き、鮭とかれいの市松昆布巻の酢の物、蟹あんの揚げ物、煮物、刺身というオカズに炊き込みご飯とお吸物。そして最後にはデザートの和菓子が出てくる、なかなか立派な御膳です。 揺れる食堂車で食べるにはちょっとコツが要りますが…
トラックバック:1
コメント:3

続きを読むread more

山翠 あんこう鍋

関東の河豚(ふぐ)と呼ばれる「あんこう」は10月から4月の冬の時期に茨城県沿岸で数多く水揚げされます。そこで、元祖あんこう鍋の店として有名な「山翠」にやってきました。 あんこうは無駄にする所が無いと言われ、あんこうの七つ道具と呼ばれる正身、皮、キモ、エラ、水袋(胃袋)、ヒモ(卵巣)、ヤナギ(ほほ)の七つの部位すべてを鍋に入れて、あ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チャイダー飲んで、さようなら

尾道名物!不思議な味のチャイダーを飲んで、尾道にさようなら。 お茶とサイダーをミックスした飲み物なので「チャイダー」。冗談のような名前だが、ちゃんと登録商標にもなっている飲み物。お茶の渋みとサイダーの爽快感が口の中でミックスされ、なんとも不思議な味。 今回、チャイダーの発祥地ともいえるチャイサロンドラゴンというお店で飲みました。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

味倉 南予風鯛めし

道後温泉駅のそば、道後商店街のハイカラ通りに入ってすぐの「味倉」で南予風鯛めしをいただきました。 愛媛県の代表的郷土料理に「鯛めし」がありますが、実は2種類の「鯛めし」があります。一つは今治などの東予地方から松山などの中予地方にかけての「鯛めし」で、一尾丸ごと焼いた鯛を炊き込みご飯の上に載せたものです。 そしてもう一つは、宇和島…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まめや 伊勢うどん

伊勢市駅に戻り、今日の夕食は「まめや」の伊勢うどんに決定。 まるで細長い餅のような食感の太くてやわらかい麺。 そしてタレと呼ばれる黒いつゆは、見た目の印象とは違い、すっきりした味わい。 見た目も驚かされるが、味も驚きの旨さ。 伊勢に来たからには、伊勢うどんを食べなきゃと言われるけど、これなら納得。 また食べたい!
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

すし久 てこね寿司膳

手でこねる寿司だから「てこね寿司」。 有名店「すし久」でいただきました。 秘伝のタレに漬け込まれた分厚いカツオの切り身が美味しいです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

すけ六特製かにちらし

城崎温泉外湯めぐりも7つある温泉のうち、3つでギブアップ。 温泉で心も体も十分に癒されたので、今度は「すけ六」の特製かにちらしで舌と胃袋を満たします。 寿司飯の上に錦糸玉子を敷き、その上に細かくほぐしたズワイガニの身をふんだんに載せたちらし寿司です。 甘酢の風味がカニの旨さをひきたてています。
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

近江牛ステーキ

メインディシュの近江牛です。 なかなか美味しそうです。 このお店は、精肉店の直営で直接仕入れているそうなので、味への期待が高まります高まります。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ティファニーで夕食を

近江八幡駅北口から歩いて3分もかからない所にあるティファニーという近江牛レストランのお店で、お腹いっぱい近江牛をいただきます。 そういえば、今日は駅弁を食べて無いなぁ
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

明神丸 わら焼き鰹たたき定食

高知での夕食は、ひろめ市場の明神丸で、わら焼き鰹たたき定食をいただきました。 昨年に引き続き、ひろめ市場の中にあるカツオのたたき専門店の明神丸にやってきました。 お店は3月にリニューアルしたそうですが、美味しさとリーズナブルな価格は変わっていませんでした。 1年前の明神丸紹介記事は、こちら。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三崎漁師物語り・松山店

大洲観光&ロケ地巡りを終え、松山に戻り、三崎漁協直営のお店、三崎漁師物語り・松山店で新鮮な豊予海峡の魚介類をいただきます。 大分県と愛媛県に挟まれた豊予海峡のアジやサバは、水揚げされる漁港が大分側なら有名ブランドの関サバ、関アジと呼ばれ、愛媛側なら岬さば(はなさば)、岬あじ(はなあじ)と呼ばれています。特に三崎漁協の場合、地元の漁…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

渡月亭の豆腐御膳

嵐山といえば嵯峨豆腐!ということで、嵐山温泉とセットでいただいた、渡月亭松風閣の豆腐御膳です。 豆腐会席という立派なコースもありますが、今回はリーズナブルな豆腐御膳を選択しました。 でも、どちらのコースも豆腐は、川端康成先生が愛したことでも有名な「森嘉」のお豆腐です。 湯豆腐は、もう春なので時期外れかとも思いましたが、他の味に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

高崎の有名そば処「つゆ下梅の花」

高崎駅に到着後、毎日使う分だけを自家製粉して、挽きたて、打ちたて、茹でたての「三たて」のそばを提供することで有名なそば処「つゆ下梅の花」へ行きました。 「つゆ下梅の花」のお店は、高崎駅東口から徒歩5分のところにあります。店内にはテーブル席は無く、お座敷だけですが、思ったより奥行きがあって広く、5~60人は入れるほどです。さらに店内…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

宇都宮餃子祭り2006

宇都宮では毎年11月の第1土・日曜日に餃子祭りが開催されます。 その宇都宮餃子祭り2006に行ってきました。 宇都宮餃子祭り2006では、約20店の名店が二荒山神社境内会場、日野町通り会場、まちかど広場会場の3つの会場に特別屋台を出し、餃子を一皿(大体4個)100円というリーズナブルな価格で販売しています。 どの屋台も長蛇…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

飛騨牛を食べる

今回の旅の目的でもある本場の飛騨牛をいただきます。 A5ランクの厚み1cmもある飛騨牛のステーキや霜降りの肉を使った飛騨トロにぎりなど、飛騨牛三昧の食事を飛騨牛取扱量ナンバーワンの「肉の匠家」でいただきました。
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

焼肉レストラン まんぷく亭

くりはら田園鉄道に乗った後、東北本線で仙台駅に戻り、知る人ぞ知る焼肉レストラン「まんぷく亭」で夕飯を食べました。 仙台といえば「牛タン」と言われるほどの激戦地だからこそ、まんぷく亭では黒毛和牛の牛舌を提供するという心意気が嬉しいお店です。 それでいて、気取らず明るい店内は、一般的な焼き肉屋とほとんど変わりませんが、素材にこだわり…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

松江三大和菓子店めぐり

「松江には美味しい和菓子がある」とのことなので、観光案内所で聞いた松江三大銘菓の有名和菓子店を訪ねます。 「山川」を復活させた風流堂本店。 「菜種の里」の三英堂。 「若草」の彩雲堂。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヨーロッパ軒 総本店 ソースカツ丼セット

福井で「カツ丼」を注文するとソースカツ丼が出されるほど、地元では定着化しているソースカツ丼は、ヨーロッパ軒が発祥だと言われています。 せっかく福井に来ているので、ヨーロッパ軒・総本店のソースカツ丼セット(税込1,020円)をいただきました。 丼には、きめ細かなパン粉に包まれたカツが3枚乗っています。カツは油臭さがまるでなく、歯ざ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

おぎのや 本店・資料館・ドライブイン

横川駅の駅前にある「おぎのや」の本店です。 ここが峠の釜めし120年の歴史の発祥地です。 メニューには釜めし以外に、そばもあります。 あえて釜めしではなく、お蕎麦をいただくのも良いかも?    本店の目の前にある、ちいさな資料館。 峠の釜めしの歴史などが分かります。   おぎのやのドライブインです。 横川駅が終着…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

こがね製麺所 さぬきうどん

善光寺観光の最後として、こがね製麺所で天ぷら入りのさぬきうどん(税込270円)をいただきました。 お店が製麺所なので、自分で具を乗せ、食べたら自分で食器はさげるという、いわゆるセルフうどん方式でさぬきうどんを販売しています。 さぬきうどん独特のなめらかなツルツルシコシコの触感が最高でした。 また製麺所だけに、ファースト…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

明神丸 わら焼き鰹のたたきみぞれ丼

高知での夕食は、ひろめ市場の明神丸で、わら焼き鰹のたたきみぞれ丼(税込600円)をいただきました。 ひろめ市場は、屋台村であり、高知の特産品を販売するショッピングモールでもあり、イベント広場もある複合施設です。 明神丸は、ひろめ市場の中にあるカツオのたたき専門店で、漁師が釣って漁師が焼いた 一本釣り藁焼き鰹たたきを提供する…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

吾妻寿司 ままかり寿司

岡山駅で途中下車して堪能した、吾妻寿司の「ままかり寿司」です。 吾妻寿司は、「岡山の味」一筋に95年をキャッチフレーズにしている岡山の有名店です。 ままかり寿しは、岡山をはじめとする中国地方において「ままかり(標準和名サッパ)」と呼ばれているコハダに近いニシン科の小魚を酢漬けにした名産品です。 「ままかり」の名前の由来は、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

自由が丘・さんるーむ 黒定食

休日の今日は、自由が丘の自然食レストラン「さんるーむ」で、血液をさらさらにする効果がある黒定食(税込1,102円)をいただきました。 自由が丘駅南口改札の目の前にある「さんるーむ」は、無農薬有機栽培の野菜や有機農法の玄米、黒米など、全国から厳選して仕入れした体に良いこだわりの食材を使った料理を手頃な値段で提供するレストランです。 …
トラックバック:1
コメント:1

続きを読むread more