テーマ:灯台

納沙布岬

バスに揺られること35分、終点の納沙布岬に到着しました。ここから歩いてすぐの所に納沙布岬灯台があり、そこが日本最東端の岬です。 納沙布岬灯台は意外と小さく、旧例の灯台の印象がありました。 その灯台の脇を抜け、回り込むと納沙布岬の本当の先端を見ることが出来ます。 納沙布岬の先端の岩場には難破した船の残骸が打ち寄せられていまし…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

房総半島最南端の地、野島崎灯台

安房白浜のバス停からのんびり歩いて15分、房総半島最南端の地に到着です。すぐそばにある野島崎灯台にも登っちゃいます。 房総半島最南端の地にある野島崎灯台は、日本の灯台50選にも選ばれた灯台で、高さ約30mの八角形の真っ白なきれいな灯台です。しかも一般公開されていて、灯台の上まで登ることができ、雄大な太平洋を一望できます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

犬吠埼灯台

銚子電鉄の犬吠埼駅から徒歩10分、犬吠埼灯台にやってきました。 犬吠埼灯台は明治7年に完成した、国産レンガで造られた初の灯台です。 近くで見ると、まわりに比較できる建物が無いせいか、それほど高くは見えませんが、高さは約31mもあるそうです。 今回のお散歩日帰り旅は、ここ、関東の最東端の犬吠埼で終わりです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

潮岬の風景に感激

串本駅から路線バスに揺られること20分弱。 潮岬に到着すると、そこには本州最南端の岬の突端に向け広がる3万坪の大芝生でした。 この芝生は「望楼の芝生」は呼ばれているそうで、緑の芝が生え揃うと空や海の青さとマッチした見事なコントラストの風景になるそうです。 また、近くには潮岬観光タワーがあって、タワーの頂上から太平洋を望むと…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more