テーマ:新宿駅

新宿駅の駅弁「201系中央線卒業記念弁当」

30年間中央線を走り続けた201系電車が今年の夏で引退するため、5月1日から8月31日までの期間限定で新宿駅や八王子駅などで販売されている駅弁「201系中央線卒業記念弁当」(1000円)です。 駅弁の中身は、新宿驛125周年記念弁当を思い出させるように中央線沿線にちなんだおかずが揃っています。ご飯は、新宿駅発祥の駅弁「鳥めし」に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新宿駅の駅弁「フレンドシップ弁当」

新宿駅で購入した、山梨県とアイオワ州の姉妹都市締結50周年を記念した駅弁「フレンドシップ弁当」(900円)です。パッケージには大空を飛ぶブタのイラストが描かれていますが、これは1959年に台風被害を受けた山梨県の畜産農家のためにアイオア州の有志が豚を寄贈したというエピソードをあらわしていて、フレンドシップ弁当という名前もレシピもこの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新宿駅の駅弁「新宿驛125周年記念弁当」

新宿駅の開業125周年を記念して3月6日~12日に発売された駅弁「新宿驛125周年記念弁当」です。125周年記念ということで1日125食限定、値段も1250円でした。 掛け紙は、新宿駅から甲府、松本方面に運行されているE351系スーパーあずさ、E257系特急かいじ、そして背景は明治38年頃の新宿駅の駅舎の写真が使われており、新宿…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

新宿駅の駅弁「山手線100年の歴史弁当」

山手線100周年を記念して、1月7日~24日の期間限定で発売された新宿駅の駅弁「山手線100年の歴史弁当」(1000円)です。あさりご飯、うぐいす豆、秋刀魚煮など、山手線にちなんだ食材を使用したとのことですが、結果的にはオーソドックスな幕の内弁当になっています。 駅弁掛紙は4種類あって、明治から昭和の各時代に活躍した山手線の車両がモチ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more