テーマ:レトロ

昭和ロマン蔵 広場のクルマたち

昭和ロマン蔵の残りの蔵は、あまり昭和にはこだわっていないようです。 旬彩「南蔵」はレストランで、国東半島の美味しい食材による、ちょっと上品な料理を提供しています。また昭和の絵本美術館は、黒崎義介画伯の絵本や紙芝居が公開されていて、係の人による子供たちへの童謡の読み聞かせが行われています。 その代わり、昭和ロマン蔵の広場には、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昭和ロマン蔵 駄菓子屋の夢博物館

豊後高田の「昭和の町」にある展示施設の「昭和ロマン蔵」の中で、日本一の収蔵数と言われている「駄菓子屋の夢博物館」を見学します。 おもちゃなど20万点を超える収蔵品の中から約5万点が公開されています。あなたの想い出の品が見つかるはず、というコンセプトの博物館で、出口では係りの人に「想い出は見つかりましたか?」と声をかけられます。なん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昭和ロマン蔵 昭和の夢町三丁目館

豊後高田の「昭和の町」にある展示施設の「昭和ロマン蔵」です。 地元の資産家、野村財閥の米蔵だった旧高田農業倉庫を改装した展示施設で、昭和の夢町三丁目館、駄菓子屋の夢博物館、昭和の絵本美術館、レストランの旬彩南蔵の4つの建物があります。 さっそく、今年の4月29日(昭和の日)にオープンした、民家、商店、教室などの昭和の情景を再…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「昭和の町」の町並み見物

昭和30年代の町並みを再現した豊後高田市の「昭和の町」にやってきました。 「昭和の町」には、昔懐かしい店舗が並ぶ商店街と資料館的な展示施設の「昭和ロマン蔵」がありますが、まずは商店街を歩いて、「昭和の町」の町並みを見物します。安東薬局 安東薬局 交差点側から 千嶋茶舗 生鮮自由市場 リヤカーで市場に運んできて、売り場にしま…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

土浦の町並み

土浦ツェッペリンカレーでお腹を満たしたので、旧水戸街道の中城通りをぶらり歩きします。 まずは矢口酒店です。 茨城県指定文化財にもなっている酒店です。 なかなか良い味を出しています。 次は日本そば屋の「吾妻庵」です。 この後、土浦城跡の亀城公園に向かいます。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宮内散策

青島食堂で名物のラーメンを食べた後、長岡行きの列車を待つ間、宮内の町を散策します。 昔ながら回転灯、ペンキ塗りのドアというレトロな床屋です。 レンガ造りの重厚な建物。現在は倉庫として利用されています。 かつおだしの醤油で有名な「越のむらさき」です。天保二年創業の老舗です。 他にも摂田屋や酒蔵などの醸造文化が栄えた…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

煥章館

レトロでモダンな建物の煥章館は、実は高山市図書館です。 明治初期、この高山市図書館の場所にあった小学校「高山煥章小学校」の姿を再現したそうです。フランス風建築様式が素敵です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

旧盛岡銀行・本店

明治44年に建てられた洋風建造物で、岩手銀行中ノ橋支店として利用されています。 この建物の設計は、あの赤レンガの東京駅を設計した辰野金吾氏と盛岡出身の工学士・葛西萬司氏の両氏によるものです。 煉瓦組積造のルネッサンス様式で、白色花崗岩による帯とドーム屋根の組み合わせが印象的です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

商家の「ござく」

江戸時代から続く商家の建物です。 江戸時代後期、明治中期、明治末期と次々に建て増しされたもので、藩政時代からの商家の姿を今に伝えています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

紺屋町番屋

大正2年に消防番屋として建てられた洋風木造建築の建物です。 藩政時代に盛岡消防「よ組」が構えていた消防番屋が、大正2年に印象的な望楼持つ建物に建替えられたそうです。 現在は盛岡市消防団第五分団が利用している建物で、長い間、盛岡中心部の消防を見守ってきた建物です。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

岩手県公会堂

スクラッチタイル貼りのレトロな建物です。 バス停「県庁市役所前」の目の前にある建物です。 完成当時は東北最大の集会施設だったそうです。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

善通寺のレトロな建物たち

ちょっと寄り道をしましたが、また善通寺のレトロな建物を見て回ることにします。 水尾写真館 片原町通りの交差点のそばにある写真館です。 木造2階建て、寄せ棟造りの大正末期の洋風建築で、現在も営業中という全国でも珍しい建物です。 白色の板壁がおしゃれな感じです。 大川酒店 善通寺の赤門筋…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

赤レンガの建物

善通寺には、明治や大正の雰囲気を残した建物が多く残っています。 ゆうゆうロードを南に進んだところで出くわしたのが、この赤レンガの建物でした。 この建物は旧陸軍第十一師団兵器庫跡で、明治38年から40年代にかけて建てられたそうです。 建てられた年代によって微妙にデザインが異なっています。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

昭和なつかし館

アンティークショップ「骨董倶楽部」の2階に懐かしい空間が待っています。 入館料を支払って、階段を登ると、そこは昭和30年代の夕暮れの街角が現れます。 たばこ屋、雑貨屋、銭湯、写真館などの他に民家もあり、茶の間の白黒テレビには力道山の試合が映されています。 家具や小物は、すべて当時使われていた本物で、雑貨屋の店頭ではサンスター歯…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more