新宿駅の駅弁「201系中央線卒業記念弁当」

201系中央線 卒業記念弁当

30年間中央線を走り続けた201系電車が今年の夏で引退するため、5月1日から8月31日までの期間限定で新宿駅や八王子駅などで販売されている駅弁「201系中央線卒業記念弁当」(1000円)です。

駅弁の中身は、新宿驛125周年記念弁当を思い出させるように中央線沿線にちなんだおかずが揃っています。ご飯は、新宿駅発祥の駅弁「鳥めし」にちなんだ、とりそぼろご飯。おかずは、山うど醤油付け、三色こんにゃくの肉味噌のせ、山里の煮物、マスの信州味噌焼き、黒冨士鶏のつくね、舞茸の天ぷら、野沢菜漬。そしてデザートにワインくずもちが入っています。

四ヶ月間の期間中に12,000個限定で販売するそうで、掛紙は201系電車をテーマにしながらも3,000個ごとに異なるデザインするそうです。今回は第2弾の掛紙です。

201系中央線 卒業記念弁当 201系中央線 卒業記念弁当

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック