気分は奥の細道

画像
松尾芭蕉の「奥の細道」では、仙台から多賀城を抜け塩釜に宿泊した芭蕉と弟子は早朝に塩釜神社(鹽竈神社)を拝観した後、正午には船に乗って松島に渡りました。

今回は、それと近いルートだったので、奥の細道と書かれた案内板を記念に撮影。

松島に着いた芭蕉は、瑞巌寺を拝観し、雄島に渡り、さらに五大堂を見物したそうですが、今回は時間が無いので、瑞巌寺の参道や鰻塚を見た後、松島海岸駅から仙石線で仙台駅に移動し、東北新幹線で帰宅します。

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック