エキュートの神様に感謝

画像
エキュート品川の丸善で本を買い、アニバーサリー記念イベントの抽選を行ったところ……

なんと、当たりました!
B賞のFrancfrancのテーブルランプ!

一緒にいた友人からは「さすがエキュートマニア、きっとエキュートの神が見ていて、当ててくれたんだよ」とお祝い(?)の言葉。
本当にエキュートの神様が居るのかは分かりませんが、感謝します!
これからもエキュート品川詣で、欠かしません(笑)。

ただ、ちょっと複雑な気持ち。
だって、こんなお洒落なランプを置くテーブルがウチには無いんだな。

エキュート品川 開業2周年企画

画像
10月1日でエキュート品川が開業2周年を迎える。
それを記念して、各ショップがスペシャルアイテムを用意したり、エキュート品川のレシートと引き替えに抽選を行い、プレゼントが当たるイベントなどが今週から開催されている。

仙台からの帰り道、品川駅についた時、まだ閉店時間前だったのでエキュート品川に寄ります。

気分は奥の細道

画像
松尾芭蕉の「奥の細道」では、仙台から多賀城を抜け塩釜に宿泊した芭蕉と弟子は早朝に塩釜神社(鹽竈神社)を拝観した後、正午には船に乗って松島に渡りました。

今回は、それと近いルートだったので、奥の細道と書かれた案内板を記念に撮影。

松島に着いた芭蕉は、瑞巌寺を拝観し、雄島に渡り、さらに五大堂を見物したそうですが、今回は時間が無いので、瑞巌寺の参道や鰻塚を見た後、松島海岸駅から仙石線で仙台駅に移動し、東北新幹線で帰宅します。

松島観光

画像
遊覧船からカモメやウミネコの海鳥に餌を与えて戯れつつ、松島の絶景を鑑賞。

夕暮れ迫る空の下、白い岩肌の島に緑の木々、まるで水面に浮かぶようできれいでした。

鮨しらはた

画像
本塩釜駅のそばの有名寿司屋の「鮨しらはた」で満腹になるほどお寿司を堪能。

この写真には写って無いけど、タコが最高に旨い。信じられないほど柔らかいけど、しっかりのタコの味がするのは、新鮮な食材と親方の技の表れと感心。

他の寿司ネタも美味しく、最後の自家製シャーベットも自家製ならではのフレッシュさが嬉しい味です。
なんだか塩釜と松島の味を丸ごと食べた感じです(親方の受け売り)。

本塩釜には「すし哲」という有名なお寿司屋がありますが、「鮨しらはた」の親方は「すし哲」の親方のお兄さんで、「鮨しらはた」と「すし哲」は文字通り兄弟店です。
寿司のタネは2店とも同じですが、シャリの扱いなどが違うので寿司全体の味は違うそうなので、今度は「すし哲」も味わってみたいな。