長門本山駅

小野田線支線の終着駅の長門本山駅に到着です。
画像


駅舎も無く、列車1両分のホームだけの無人駅です。駅のすぐそばには海岸があり、周防灘が広がっています。ちょっと歩くと、きららビーチ焼野という海水浴場があり、きれいな夕陽が眺められます。
画像
画像
画像
駅のそばの海岸

宇部線、小野田線に乗ります

下関駅から宇部駅まで行き、宇部線に乗り換え、宇部新川駅に到着しました。
画像


ここから小野田線に乗り換え、まずは雀田駅に移動します。そして今回の旅の和田岬線に続き、また1日5本、朝と夕方にしか電車が運転されないという小野田線の支線に乗り換え、長門本山駅に向かいます。
画像
画像
雀田駅 駅舎
画像
長門本山駅行きの支線


さよなら九州! 本州上陸!

博多南駅を後にし、今日のスタート駅である博多駅に戻った後、ひたすら鹿児島本線を北上し、今回の旅で九州最後の駅である門司駅に到着しました。
画像


門司駅では、九州最後と言うことで記念にスタンプを押したのですが、スタンプが古いのか、それともあまりの暑さで溶けたのか、きれいな印影が押せずに残念でした。

そして、関門トンネルをくぐり抜け、下関に到着です。
画像


これから宇部線、小野田線を巡ります。

博多南駅へ行ってみた

昨日は予定外の博多宿泊になりましたが、せっかく博多に宿泊したならと博多南線に乗って、博多南駅に行ってみました。
画像


博多南線は、山陽新幹線の基地・車庫である博多総合車両所と博多駅を結ぶ回送用路線を旅客化した路線です。そのため、管理上は山陽新幹線の延長部分という扱いなので、九州なのにJR西日本の管轄で、JR西日本の車掌さんが搭乗しています。

たった10分の距離ですが、新幹線車両を使うから特急扱いで、残念ながら青春19きっぷでは乗車できません。運賃の190円と特急料金の100円を支払って、博多駅の新幹線ホームから乗車します。
画像


博多南線の途中までは、2011年完成予定の九州新幹線(博多-新八代)の線路も兼ねているので、車窓から工事中の九州新幹線を確認することができます。そんな車窓を見ているうちに博多南駅に到着です。
画像


博多南駅のホームの向かいは、博多総合車両所なので、普段、あまり目にすることのない線路点検用の黄色い新幹線(ドクターイエロー)を始め、いろいろな型の新幹線が待機しています。
画像
画像