隼人駅で乗り換え

嘉例川駅を後にし、隼人駅で乗り換え、鹿児島中央駅に向かいます。
画像


隼人駅の駅舎は、竹で覆われていて、なんとも良いです。
今日はちょっと早いですが鹿児島市内で宿泊し、明日は指宿・知覧に行きたいと思います。

嘉例川駅で下車

駅舎が100年以上の歴史を持つ嘉例川駅に到着しました。
画像


はやとの風1号は、乗客が嘉例川駅の哀愁を味わうために5分間停車しますが、そんな短い時間では全然物足りないので、下車して駅と名物の駅弁を堪能します。
画像
画像

日本一の車窓 by JR九州

人吉駅から観光列車「いさぶろう号」に乗車して、日本三大車窓を楽しみます。
JR九州は日本一の車窓って言ってますけど。
画像


人吉駅前のからくり時計を後にして、吉松駅まで行く、観光列車「いさぶろう1号」に乗車します。
最初の大畑駅は、急勾配を克服するために設けたスイッチバックとループ線の途中にある駅です。ループ線の上からスイッチバック部分の線路を見ることができます。
標高537mにある矢岳駅を超え、矢岳第一トンネルを抜けると日本三大車窓とご対面です。去年、肥薩線に乗った時には天気が悪くて拝めなかった分を取り戻すかのごとく、今日は良く見えます。
最後の駅は、スイッチバックの駅であり、鳴らせば駅名のように真の幸せが叶うという「幸せの鐘」がある真幸駅です。入場券も人気の駅です。
そして、いさぶろう号の終点・吉松駅からは、はやとの風1号に乗車して、駅舎が100年以上の歴史を持つ嘉例川駅に向かいます。
画像
人吉駅前の「からくり時計」

画像
いさぶろう号

画像
大畑駅(おこばえき)

画像
ループ線からの車窓

画像
大畑ループ線の案内看板

画像
大畑ループ線の上から

画像
矢岳駅

画像
矢岳駅のいさぶろう号

画像
JR九州いわく日本一の車窓

画像
右端奥に桜島が見えました。

画像
日本三大車窓

画像
真幸駅の「幸せの鐘」

画像
はやとの風



球磨川を眺めて

熊本駅に到着しました。人吉駅行きの特急くまがわ1号に乗り換えます。
九州横断特急の車両を使っているので、ウッディな内装が落ち着きます。
画像


もちろん列車の愛称にもなっている球磨川の流れも車窓から楽しみます。
球磨川は、坂本駅の先の鉄橋までは進行方向右側(座席C、D列)、そこを過ぎてからは左側(A、B列)で眺められるので、どっちに座るか迷いましたが、それほど混んでいなかったので、両方とも眺めることができました。
画像
画像
画像
画像
だんだん急流に変化する球磨川の流れが楽しめました。

九州上陸

ムーンライト九州号は、トラブルも無く、夜明けの空の下、下関駅に到着しました。
画像


ここで機関車を交代させるので、長めの停車になります。
朝食を求める人で売店は大繁盛です。あっという間に売り切れです。
画像


いよいよ、関門トンネルを超え、九州上陸です。
ムーンライト九州号の九州初停車駅、門司駅に到着したところで、リレー特急つばさ1号に乗り換えます。

結局、ローカル線めぐり

計画を変更して琵琶湖観光にしようと思い、長浜駅まで行ったのですが、朝早すぎてどこの施設も開いていません。しょうがないので、再度考え直して、普段はあまり乗らない路線やローカル線めぐりに変更しました。
画像


さっそく、まずは琵琶湖の北側をぐるっと回ることにし、日本一古い駅舎が保存されている長浜駅から北陸本線を北上します。近江塩津駅で湖西線に乗り換えれば良いのですが、次の湖西線が1時間後なので、一旦、敦賀駅まで行き、折り返して乗り換えます。
画像


近江塩津駅から湖西線に乗り、途中、近江今津駅で乗り継ぎます。
画像

画像
画像
そして、京都駅に到着です。
画像


京都駅からは山陰線で北上するか、奈良線で南下するか、少し悩んだのですが、奈良線を選択して、奈良駅の一つ手前の木津駅まで行き、木津駅で片町線、JR東西線、福知山線と乗り入れる快速列車に乗り、終点の宝塚駅まで行きます。
画像
画像


再び、宝塚駅から福知山線を進み、篠山口駅で乗り継ぎ、谷川駅へ行き、ローカル線の加古川線に乗り換え、終点の加古川駅へ向います。
画像
画像
画像
珍しい駅名、日本へそ公園。
画像
加古川の流れ

加古川駅に到着後、JR神戸線で兵庫駅へ移動します。
画像
画像

兵庫駅からは通勤時間時しか運転されない山陽本線の支線である和田岬線で和田岬駅へ行き、また兵庫駅に戻りました。
画像
画像
画像
画像


ここで夕飯を食べ、再び電車に乗り、新大阪駅に到着。ここで本日最後の列車に乗ります。
乗るのは、ムーンライト九州号です。これで寝ている間に、一気に九州上陸です。
画像
画像

55分遅れて、豊橋駅を発車

信号機故障はなかなか治らず、結局55分遅れて、豊橋駅を出発することになりました。
画像


多少は遅れは取り戻したものの、結局、大垣駅到着は約40分遅れでした。
いつもなら米原で新快速に乗り換え、一気に京都、大阪、神戸、姫路と進むのですが、今回は琵琶湖をぐるっと回ってみたいと思います。

信号機故障!

新所原駅で予想外の停車中!
画像


ムーンライトながら91号が停車、時刻からして豊橋駅に到着かと思い、窓の外を見ると見慣れる駅、新所原駅でした。
しばらくすると車内放送で、幸田駅で信号機故障が発生し、新所原駅で停車中だとの説明がありました。

豊橋駅の2つ手前の駅で缶詰中!

ムーンライトながらで夏休み開始

今日から夏休み、久しぶりに遠くまで行こうということで、先週に引き続き、ムーンライトながら91号に乗車しました。
画像


いま静岡駅で停車中です。約20分程度停車します。
いつもムーライトながら号やえちご号に乗る度に列車や駅の案内板などの写真を載せていたのですが、いい加減ブログの載せる写真のネタが無くなってきたので、今回は場所を変えて、静岡駅で停車中の写真にしてみました。どうですか?
画像

夜の津嶋神社と花火大会

また津嶋神社に戻り、煙火奉納の花火大会を見学します。
画像


奉納祭ということで、東京の花火大会のように立て続けに何発も連発で打ちあがったり、何千発も打ちあがったりはしませんが、すぐ目の前で打ち上げられる大きな花火と明かりに照らされた夜の津嶋神社とが良い感じでした。
画像
画像
画像
画像

天然いやだに温泉 大師の湯

あまりの暑さで汗だくになったので、同じ三豊市にある、ふれあいパークへ行き、天然いやだに温泉 大師の湯に入って、さっぱりします。
画像


道の駅である「ふれあいパークみの」にある温泉施設「天然いやだに温泉 大師の湯」は、アルカリ性低張性温泉です。露天岩風呂はオマケ的な感じでイマイチでしたが、ジェットノズルから吹き出る泡と水流のマッサージを味わいながら、ゆったりと横になれる寝風呂は気持ちよかったです。

温泉を利用した温水プールや研修、集会施設もあり、地元の人の憩いの場所にもなっているようです。今日も津嶋神社が夏季大祭ということで、縁日が開催されていました。天然いやだに温泉のやる気を感じます。

そんな中、落ち着いた雰囲気の中で、ごろっと横になれる1Fの休憩施設は、まったりとリラックスするのにお勧めです。ここで涼しくなる夕方まで一休みします。

津嶋神社

毎年8月4、5日の夏季大祭の時しか渡れない津嶋神社です。
画像


津嶋神社は子供の成長を見守る小児守護神が奉られ、子供の神様と言われる神社です。本殿は海岸から250m沖合いに浮かぶ小島にあって、夏季大祭の2日間だけ海岸から島まで渡り橋がかけられ、参拝ができるようになります。
画像


夏季大祭なので海岸側の境内では縁日のように露店がならび、親子連れで賑わいます。
画像
画像
画像
画像

津島ノ宮駅

日本一営業しない駅・津島ノ宮駅に到着しました。
画像


1年間で2日、津嶋神社で夏祭りが行われる8月4日と5日だけ営業する臨時駅です。
毎月発売される時刻表でも夏の号にしか載っていません。

津島ノ宮駅は津嶋神社のための駅で、津嶋神社の目の前にあたるカーブの途中に駅が作られているので、列車は大きく傾いて停車します。そのため、ホームと列車の間に大きな隙間ができるので駅員が小さな子供などの乗り降りを助けています。
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像
画像

瀬戸大橋を渡って

赤穂線で岡山駅に着いた後は、マリンライナーで瀬戸大橋を渡り、坂出駅で乗り換えます。
画像


友人からは、また四国かよ!と言われそうですが、今回も四国です。
坂出駅からは観音寺方面の列車を乗り継ぎ、いよいよ目的の駅に到着です。

ピッチを落として

のんびり赤穂線で移動中。
画像


恒例のパターン通り、米原駅で播州赤穂行きの新快速に乗り換え、近江八幡駅、大津駅、京都駅、大阪駅、神戸駅、明石駅、姫路駅、相生駅と通過して、一気に西へ進んできました。
先を急ぐなら、相生駅で山陽線に乗り換える方が断然早いのですが、今回は赤穂線経由でのんびり行きます。
画像


新快速を最後まで乗り、終点の播州赤穂駅で赤穂線の列車に乗り換え、岡山に向かってます。

恒例のパターン

おはようございます。
ムーンライトながら91号で大垣駅に着いた後は、恒例のパターンで西に進みます。
画像


姫路行きの東海道線各駅停車で米原駅まで行き、米原駅で播州赤穂行きの新快速に乗り換え、一気に西に向かいます。
今年の夏としては、初めて運行された臨時列車ムーンライトながら91号ではあまり眠れなかったので、長い時間乗車する新快速の車中で二度寝するかも(笑)

今週は夜行列車で

先週のリアス・シーライナーで長時間乗車のリハビリができたので、今週は夜行列車に挑戦します。
画像


品川駅から臨時列車のムーンライトながら91号に乗車します。
ムーンライトながら号より出発が後なのに先に大垣駅に到着するというのが魅力です。
画像


それでは、おやすみなさい。