南九州から呉までの旅の軌跡

今回の南九州から呉までの旅の記録です。
画像
写真は開聞岳の野生のトカラ馬


夏休み開始、ムーンライトながら91号で出発
 ↓
信号機故障で豊橋駅のすぐ手前の新所原駅で予想外の停車。
 ↓
信号機故障はなかなか直らず、55分遅れて、豊橋駅を発車
 ↓
画像1時間近く列車が遅れたので予定を変更して、にわか乗り鉄モードでローカル線めぐり
大垣駅から米原駅へ行き、北陸線で長浜駅、その後、一旦は敦賀駅まで行き、近江塩屋駅に戻り、湖西線で京都駅と琵琶湖の北側をグルッと周る。京都駅からは奈良線で木津駅、片町線・東西線・福知山線と乗り入れる列車で宝塚駅。ここで昼飯の駅弁購入。さらに福知山線で谷川駅へ行き、加古川線に乗り換えて加古川駅、そして兵庫駅へ行き、通勤時間帯しか運転されない和田岬線で和田岬駅に到着。また兵庫駅に戻り、夕飯をとり、新大阪駅へ移動。
 ↓
新大阪駅からムーンライト九州号に乗車。ムーンライト2連泊で九州へ
 ↓
夜明けの空の下、下関駅に到着。売店は朝食を求める人で大繁盛。あっという間に売り切れです。
 ↓
いよいよ関門トンネルを超え、九州上陸です。九州最初の停車駅・門司駅に到着したところで、リレー特急つばさ1号に乗り換え、熊本駅まで移動します。
 ↓
熊本駅から特急くまがわ1号に乗り換え、球磨川を眺めつつ人吉駅に移動します。ウッディな内装が落ち着きます。
 ↓
画像人吉駅から観光列車「いさぶろう号」に乗車して、日本三大車窓を堪能。
 ↓
駅舎が100年以上の歴史を持つ嘉例川駅で下車。趣がある駅です。
 ↓
嘉例川駅を後にし、隼人駅で乗り換え、鹿児島中央駅に到着。今日は鹿児島に宿泊します。
 ↓
画像薩摩半島の最南端、長崎鼻で長崎鼻灯台と開聞岳を眺める。薩摩富士とも言われる開聞岳が良く見えました。
 ↓
長崎鼻から開聞岳を眺めた後は、すぐそばのフラワーパークかごしまへ立ち寄り、さらに北上して、九州最大の湖である池田湖にやってきました。
 ↓
今回の旅の目的地のひとつ、太平洋戦争末期に沖縄決戦で実施された特別攻撃隊および特攻隊員に関する資料が展示されている施設の知覧特攻平和会館を見学。そして、 「薩摩の小京都」と呼ばれる知覧武家屋敷群庭園も合わせて見学。
 ↓
指宿・知覧観光を終え、鹿児島交通局の路面電車、鹿児島市電の谷山駅に戻ってきました。
 ↓
今日はスコールのような短い豪雨が降る中、鹿児島市内観光です。まずは西郷隆盛誕生地に行き、すぐそばの維新ふるさと館を見学。そして鹿児島市内観光の定番、西郷隆盛銅像を見たあと、薩摩藩主島津氏の居城であり、鹿児島城とも呼ばれた鶴丸城跡と黎明館を見学。最後は大観覧車から桜島を眺めて締めくくり。
 ↓
今日は鹿児島から一気に大分まで移動します。鹿児島中央駅にはカラフルな特急列車きりしまが停車していました。
 ↓
今朝、まずは別府駅に行きます。
 ↓
画像別府温泉のシンボルでもあり、唐破風造の豪華な屋根をもつ竹瓦温泉で朝湯。そして、TAKEYAで名物駅弁購入。
 ↓
駅名表に大きくUSAと書かれる宇佐駅に到着です。
 ↓
画像昭和30年代の町並みを再現した豊後高田市の「昭和の町」にやってきました。さっそく町並みを見物。そして、昭和ロマン蔵の展示施設を見学します。昭和の生活を体験できる昭和の夢町三丁目館や昭和グッズが日本一の収蔵数と言われている「駄菓子屋の夢博物館」が楽しいです。また広場には昭和のクルマが展示されています。
 ↓
昭和の町を後にし、日豊線で中津駅に到着しました。中津駅からバスで日田へ向かいます。
 ↓
日田駅から2番目の駅、ちょっと縁起が良い名前の夜明駅にやってきました。
 ↓
画像夜明駅から4番目の駅、カッパの駅こと田主丸駅にやってきました。駅舎がカッパの形をしています。
 ↓
河童のたたり!? 列車がこない!なんと、隣の駅で列車と軽トラックが衝突する事故が発生して、久大本線は上下線とも運行見合わせ、結局、予定より3時間近い遅れになり、博多に宿泊。
 ↓
予定外ながら博多に宿泊したので、博多南線に乗って、博多南駅に行ってみました。新幹線がいっぱい並んでいます。
 ↓
博多駅から、ひたすら鹿児島本線を北上し、今回の旅で九州最後の駅である門司駅に到着。関門海峡を通って、下関に移動します。さよなら九州!本州上陸!
 ↓
下関駅から宇部駅まで行き、宇部線、小野田線に乗りつぶし。まずは宇部新川駅に到着。
 ↓
1日5本しか運転されない小野田線支線の終着駅・長門本山駅に到着です。
 ↓
小野田線の終着駅の小野田駅に到着、ここから新山口駅まで行き、今日は宿泊です。
 ↓
新山口駅から東へ 、駅弁「ちぐまや弁当」を持って出発です。
 ↓
宮島口駅で下車し、100年以上の歴史を持つ老舗名店「あなごめし うえの」で名物駅弁を購入。
 ↓
宮島口から広電の愛称で地元の人に親しまれている路面電車に乗り、広島駅に移動
 ↓
広島駅から快速・安芸路ライナーで約30分、海色の歴史回廊の町、呉にやってきました。駅前には大きなスクリューが展示されています。
 ↓
画像実物の潜水艦「あきしお」の屋外展示が大迫力!てつのくじら館(海上自衛隊呉史料館)と1/10スケールの戦艦大和の模型が展示されている大和ミュージアムを見学。
 ↓
旅のしめくくりに呉の夕焼けを眺めながら帰宅。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック