奥飛騨温泉口駅

神岡鉄道の終点・奥飛騨温泉口駅です。
画像


「なんとか口」という有名な地名や施設の名前に「口」がついた場合、その口は入口を意味しています。
しかし駅名の場合、入口というには離れすぎた場所に付けられることが多く、数キロも離れていることもあります。
奥飛騨温泉口駅もその例にもれず、駅から温泉まではバスで1時間位かかるそうです。

駅前には昔活躍したと思われるディゼル機関車が展示されていました。
画像


猪谷駅行きの折り返し列車は2時間以上無いので、とってもお得なバスで移動します。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

2006年10月08日 06:11
びっくりするほど、立派な駅舎ですよね。

この記事へのトラックバック