品川駅弁「奥の細道」

画像今日の昼食は、品川駅構内の常盤軒で購入した駅弁「奥の細道」(税込950円)です。

奥の細道という駅弁名だけあって、駅弁が入った茶色の包みには芭蕉の句が書かれています。
包みを開けると、笹の葉を敷いた竹籠という昔のお弁当をイメージした弁当箱があらわれます。

駅弁の中身は、3個のおにぎりと煮物、焼き物のオカズとシンプルな構成です。

おにぎりは、梅干入りだが塩だけで握ったおにぎり、赤飯のおにぎり、鉄火味噌の入った茶飯のおにぎりの三種類で、食べ飽きない工夫がされています。
画像
オカズは、煮物(じゃが芋、人参、こんにゃく、その他)、メロ(銀ムツ)西京焼き、地鶏つくね、カニカマ天ぷら、帆立煮、付合せなどが入っています。

見た目以上に食べでのある駅弁でした。









画像

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのコメント

この記事へのトラックバック