アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「旅」のブログ記事

みんなの「旅」ブログ


高知 坂本龍馬に会う旅

2010/03/20 23:00

MY遊バスで桂浜へ

MY遊バス

昨日の岩崎弥太郎に続き、今日は高知市内で坂本龍馬にちなんだ場所を旅します。

まずは高知市内観光にオススメの周遊観光バス「MY遊バス」に乗車します。このバスは高知駅、「龍馬の生まれたまち記念館」のある上町、はりまや橋、五台山、桂浜など、高知市内の観光スポットを周遊しているバスです。そして車体には坂本龍馬や岩崎弥太郎などの高知の英雄たちが描かれています。

MY遊バスは「まいゆう」バスと読みますが、この「まいゆう」は土佐弁では「まわっている」という意味なので、まさに周遊バスにぴったりな名前です。


桂浜

桂浜 桂浜

五台山の眺めなどを堪能しながら桂浜に到着。土産物屋や土佐犬の格闘技が見られる土佐闘犬センターを素通りし、階段を駆け上がると、テレビや雑誌などでよく紹介されている桂浜の風景が目の前に現れます。

砂浜に下り、桂浜の西側の岬である龍王岬(りゅうおうざき)に向け、整備された遊歩道をのんびりと歩くと、月の名所である桂浜にちなんで雅号を付けた文豪・大町桂月の記念碑や小さいながらも80年近い歴史を持ち、地元の人に愛されている桂浜水族館があり、雄大な太平洋の眺めとともに楽しめます。


桂浜の坂本龍馬像

桂浜坂本龍馬像 桂浜坂本龍馬像

桂浜の西側の岬が龍王岬なら、東側の岬が龍頭岬(りゅうづざき)です。この龍頭岬の高台に、遠くアメリカを望むような姿の坂本龍馬像が建っています。この像は昭和3年に青年有志らの募金で建立されたもので、高さは13.5mもあり、長崎で撮影されたあの有名な坂本龍馬の写真をモデルにしているそうです。


市内中心部へ戻って

はりまや橋

いつまでも眺めていたい桂浜からの眺めをあとにして、高知市内に戻ってきました。

まずは、はりまや橋(播磨屋橋)を見物します。よさこい節に唄われ、全国的に知名度はあるものの、元々は堀川に架かる小橋で、その堀川も埋め立てられたことから「日本三大ガッカリ名所」に選ばれることもありますが、1998年に写真のような歩行者専用の太鼓橋として新しいはりまや橋が設けられ、橋の下には人工水路が設置されています。

また土電や車が行き来している現在のはりまや橋の向こう側、はりまや橋公園東側には明治時代のはりまや橋を復元した橋が架かっています。そして、はりまや橋公園の地下には、旧欄干が展示されています。

江戸、明治、現在、3つのはりまや橋を見比べると、やはり太鼓橋のはりまや橋に情緒を感じますね。


坂本龍馬生誕の地

P1060386はりまや橋を見学後、昼食を食べ、やってきたのは龍馬が生まれた高知市上町1丁目7番地です。ここには「坂本龍馬先生誕生地」の記念碑があります。この碑は、昭和43年に「明治百年記念行事」の一環として整備されたもので、記念碑の文字は高知出身で昭和27年当時首相だった吉田茂氏が揮毫したものです。

龍馬生誕の地

龍馬の生家は、ここを中心に広大な敷地を有していたそうです。


龍馬郵便局

龍馬郵便局

坂本龍馬生誕の地の南に龍馬郵便局という実在の有名人の名前がついた珍しい郵便局です。

龍馬郵便局というだけあって、郵便局の前では立派な坂本龍馬像が出迎えてくれます。

残念ながら今日は休日なのでお休みですが、ハガキや手紙を窓口から出す時に風景印をお願いすれば、龍馬生誕の地の記念碑と龍馬像が描かれた消印が押されるので良い記念になります。



龍馬の生まれたまち記念館

龍馬の生まれたまち記念館

続いての見学は「龍馬の生まれたまち記念館」です。坂本龍馬が生まれた上町の歴史と文化を中心に龍馬の誕生から脱藩までの人生を紹介している記念館です。

昔の上町の街並みを半立体模型で再現したコーナーや上町を中心した城下町マップや幕末期の上町の街並みを再現したジオラマなどがあります。

また坂本龍馬を育てた家族にスポットを当てた「ある日の坂本家」という映像作品など興味深い展示がされていました。



高知・龍馬ろまん社中

P1060416

土電に乗って高知駅南口に移動して、土佐・龍馬であい博のメイン会場である高知・龍馬ろまん社中を見物します。

海を往く帆船を想像させるような建物の中に入ると、坂本龍馬の人生に沿って、土佐、江戸、神戸、長崎、京都での出来事や数々の出会いを紹介する展示がされており、偉業を成し遂げた龍馬の人間的な成長を学ぶことができました。



龍馬バーガー

P1060426 P1060421

今日の夕飯に何を食べるかを考えていたときに、龍馬バーガーというハンバーガーがあると聞いたので、さっそく中央公園のそばにある「5019 PREMIUM FACTORY(ゴーイングプレミアムファクトリー)」へやってきました。

もちろん龍馬バーガーを注文することは決めていましたが、どんなハンバーガーなのかを店員さんに聞くと、ハンバーグの他にカツオのツナが入っていて、さらにトマト、ナス、ピーマンなどの高知県産野菜をたっぷり使っている、高知のご当地ハンバーガーとの説明、もう迷わず龍馬バーガーを注文です。

席で待っていると店員さんが持ってきた龍馬バーガーは、びっくりするほどボリューム満点。どうやって食べれば良いのか迷うほどです。味の方もジューシーなハンバーグとかすかに醤油で味付けされたツナの組み合わせが意外とマッチし、全体としては和風な味わいがある美味しいハンバーガーでした。

味、ボリュームともに大満足の龍馬バーガーですが、「龍馬バーガー」という名前についてはメニューに「龍馬が日本で一番最初にハンバーガーを食べたという話があるとか、ないとか?」と曖昧に書いてあるだけでした。


龍馬カフェラテ

龍馬カフェラテ今日の旅の締めくくりに、パニーニとカプチーノの専門店Cafe de Amelie(カフェ・ド・アメリ)で坂本龍馬が描かれたカフェラテをいただきました。

このお店では、龍馬以外に岩崎弥太郎や高知城などの高知ならではの定番デザインもできますし、かわいい動物やアニメのキャラクターなどの注文も受けてくれるそうです。

記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1


安芸 岩崎弥太郎に会う旅

2010/03/19 23:47

P1060139大河ドラマ「龍馬伝」が話題なので、今回の旅は高知へ出かけます。

品川駅
 23:18→05:55 臨時快速ムーンライトながら号
大垣駅
 06:00→06:33 東海道本線 普通
米原駅
 06:38→09:24 東海道本線 新快速
姫路駅
 10:00→10:21 山陽新幹線 のぞみ7号
岡山駅



オレンジ色の南風アンパンマン列車で高知へ

P1060147岡山駅で昼食用の駅弁を買った後、昨年(2009年)10月に4回目のリニューアルを行った土讃線アンパンマン列車に乗り込み高知県へ向かいます。

2000年10月に登場した初代土讃線アンパンマン列車はブルー、半年後の2001年3月に登場した初代土讃線アンパンマン列車2号はピンクを基調にしたデザインで、ブルー号、ピンク号と呼ばれる2編成で運行されていました。その後、3回のリニューアルが行われましたが、4代目アンパンマン列車までブルーとピンクの2色の編成パターンは変わらず、踏襲されてきました。

しかし、この5代目アンパンマン列車では、アンパンマンを想像させるようなオレンジ色の編成とメロンパンナちゃんをイメージさせるグリーン色の編成に変更になり、さらにはどちら編成も列車の先頭部分は白色にするという、従来に無いカラリングの大幅変更が行われています。

P1060153 P1060155

アンパンマン列車の車内も2008年10月の車内改装後、座席もアンパンマン前の座席のテーブルを降ろすと隠しキャラのようにこんな所にメロンパンナちゃんが現れます。


後免駅で展望列車に乗り換え

P1060194

岡山駅から瀬戸大橋、琴平駅、阿波川口駅、大歩危駅と進んできた南風アンパンマン列車を後免駅で降り、土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線に乗り換えます。

ごめん・なはり線は太平洋に沿って走っている路線で、今回乗り換える列車は、その太平洋の眺望を楽しめるように作られた9640形1Sというオープンデッキを備えた展望デッキ車両です。

大河ドラマ「龍馬伝」にちなんでなのか、列車前部にはユーモラスな岩崎弥太郎のイラストと「やたろう号」と描かれたヘッドマークがついていました。


P1060196 P1060202

列車の海側には細長いオープンデッキがあってトロッコ列車のように風を感じられます。そして、このオープンデッキから水平線まで太平洋を一望することができます。


安芸駅

P1060211

太平洋を眺めているうちに安芸駅に到着。駅前で安芸駅のイメージキャラクター・あきうたこちゃんが出迎えてくれました。

土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線では、駅周辺の名物にちなんだイメージキャラクターが20の駅すべてに設定され、キャラクター像が設置されています。このキャラクターはアンパンマンで有名な高知県出身の漫画家、やなせたかし先生によって描かれたもので、どれもかわいいキャラクターたちです。

さっそく安芸駅構内ぢばさん市場で無料のレンタサイクルを借りて安芸観光に出発です。

最初に向かったのは土佐・龍馬であい博のサテライト会場の安芸・岩崎弥太郎こころざし社中です。三菱グループの創始者となった岩崎弥太郎の「志」をテーマに、大河ドラマ「龍馬伝」の出演者の紹介パネル、撮影で使われた衣装、小道具などの展示とともに、岩崎弥太郎の立志伝が紹介されていました。岩崎弥太郎役の香川照之さんのインタビュー映像も流れていて楽しめたのですが、全体的に大河ドラマ色が強かったです。



岩崎弥太郎像

P1060222

次に向かったのは江ノ川上公園です。この公園には昭和61年、岩崎弥太郎生誕150周年を記念して建立された岩崎弥太郎像があります。

P1060219

高さ1.1mの台座には岩崎弥太郎と関係の深い風景や出来事のレリーフが貼られており、その上に建つ高さ3.3mの銅像は、なかなか迫力があるものでした。


岩崎弥太郎 生家

P1060252 P1060244

江ノ川上公園から川沿いを北上し、最後は岩崎弥太郎の生家を見学です。岩崎弥次右衛門(岩崎弥太郎の祖父)が建てた家で、当時の標準的な家だったそうです。奥の土蔵の鬼瓦には岩崎家の家紋である菱形を3つ重ねた形の「三階菱」がありました。

P1060254

岩崎弥太郎が天下雄飛を託し、自ら置いたという日本列島を形どった石組みがある小庭です。


高知市内へ

P1060272

安芸観光を終え、高知市内に移動し、カツオのたたきを食べて今日の旅はお終いです。

記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1


岸和田 城とB級グルメの旅

2010/03/13 23:09

蛸地蔵駅今回は大阪府岸和田への旅です。いつものように臨時快速ムーンライトながら号で関西に大移動です。

品川駅
 23:18→05:55 臨時快速ムーンライトながら号
大垣駅
 06:00→06:33 東海道本線 普通
米原駅
 06:35→07:58 東海道本線 新快速
大阪駅
 08:07→08:23 大阪環状線 関空快速
新今宮駅
 08:42→09:06 南海電鉄・南海本線 空港急行
岸和田駅
 09:12→09:13 南海電鉄・南海本線 普通
蛸地蔵駅

到着したのは蛸地蔵駅という、ちょっと変わった名前の駅です。駅名の由来を駅員さんに尋ねたら、この土地の守り神としての伝説を持つ蛸地蔵という地蔵像があって、それが駅のそばの天性寺に奉っているからだと教えてもらいました。

この蛸地蔵駅の駅舎は大正14年に竣工されたものですが、入口の上には蛸地蔵伝説が描かれたステンドグラスもあり、当時の洋風建築が今でも感じられる駅です。

蛸地蔵駅

岸和田城

岸和田城

蛸地蔵駅から北東方向に歩き、突き当たりの岸和田高校を左に曲がると、目の前に岸和田城がドーンと現れます。なかなか迫力のある風景です。

岸和田城 岸和田城

お堀沿いに歩き、お城の北西にある門をくぐり本丸へ入ると天守閣が見えてきます。三層の復興天守閣で、中は岸和田城の歴史解説や所蔵品の展示などが行われいる資料館になっています。

結婚式のお知らせ 岸和田城天守閣での結婚式

さっそく天守閣の最上階へ行こうとすると、こんなお知らせが貼ってありました。岸和田城は別名千亀利城(ちきりじょう)と言い、その千亀利と「契り」とをかけて岸和田城の天守閣で人前結婚式を挙げることができるそうです。

天守閣での結婚式 八陣の庭

天守閣の最上階フロアは既に正午に行われる結婚式の準備がされていました。その脇を抜けて天守閣の外に出ると眼下には「八陣の庭」が見えます。「八陣」とは中国の諸葛孔明の陣構え・八陣法からとったもので、大将陣というを中心部分の石組みの周りに天・地・風・雲・鳥・蛇・龍・虎の各陣が配されてます。そして蓬莱山の九山八海になぞらえて、白砂で波の砂紋が描かれています。周りに高い建物が無いので、遠くの海まで見渡せてなかなか良い眺めです。


岸和田だんじり会館

岸和田だんじり会館 岸和田といえば、だんじり祭りが有名ですが、お祭りは秋に行われるので、今日は岸和田だんじり会館を見学です。

岸和田だんじり会館は4階建てで、1階はギャラリーやエントランスホールになっています。今日は休日だったせいか、1階の入口そばで、地元の人による観光客向けのだんじり会館無料ガイドを案内していました。

エスカレータで受付のある2階にあがり、中に入ると27面の大型マルチスクリーンが設置されたイベント広場になります。この大型スクリーンに30分間隔でだんじり祭の様子が映し出され、だんじり祭の熱気のようなものを感じられます。

さらに奥には実物のだんじりが3台も展示され、紀州街道の町並みを原寸大で模した展示コーナーがあります。このだんじりの1つが旧五軒屋町地車で、岸和田最古のだんじりだそうです。地車に施された彫刻が芸術品並に巧みです。

3階はだんじりのミニチュアである「ミニだんじり」の作品や製作活動を紹介しているミニだんじりギャラリーやだんじりの変遷や歴史などを紹介しただんじり今昔資料館になっていました。そして4階は体験コーナーになっていて、通常は選ばれないとのることができない、だんじりの大屋根に乗ることができたり、だんじり囃子の鳴り物を演奏したりできます。ここにくれば、だんじり祭について楽しく学べます。


蛸地蔵天性寺

蛸地蔵天性寺 天性寺

岸和田だんじり会館を後にして、日本一大きな地蔵堂といわれている蛸地蔵天性寺を参拝です。右の写真に写っている境内の石碑(左側)に蛸地蔵伝説が書いてありました。岸という場所に和田氏が城を築いた頃、蛸の背に乗った地蔵尊が海辺に姿を現したが、乱世のため厚く信敬せず250余年の歳月が流れた。天正年間になり紀州の根来衆と雑賀衆が岸和田城を攻めてきて敗色濃厚となった時、無数の蛸とともに法師が現れ、敵を打ち破り、城はことなきを得たそうです。法師は地蔵菩薩の化身にほかならないということで堀で見つかった地蔵像を城内で祀っていましたが、文禄年間に今の天性寺に移され現在に至っています、という内容でした。


紀州街道

紀州街道天性寺を参拝後は、大阪と和歌山を結ぶ紀州街道を散策です。通常、主要な街道は、明治以降の自動車の発達・普及や道路法の施行により、道幅の拡張や道路の整備が行われ、国道になっていきましたが、紀州街道の泉大津から岸和田にかけての部分は、紀州街道の内陸側をショートカットする形で旧国道26号線(現在の大阪府道204号堺阪南線)が整備されました。

そのおかげで、岸和田の紀州街道は昔ながら街道風景が残っています。もちろん、地元の人が歴史的まちなみを保全する取り組みを行った成果でもあります。

さすが「美しい日本の歩きたくなるみち500選」に選ばれただけのことはあります。これで、もし電線が地中電線だったら、そのままドラマや映画のロケに使えそうな良い雰囲気の街道風景です。


かしみん焼き

かしみん焼き 鳥美

そろそろお腹が空いてきたので、岸和田のB級グルメとして有名なかしみん焼きをいただきます。もちろん、お店は地元の有名店、鳥美さんです。鳥美さんは鶏肉店で、いわゆる「かしわ屋さん」です。そのお店の奥に鉄板焼きのコーナーがあり、ここでかしみん焼きをいただきました。

かしみん焼きは、お好み焼きのように小麦粉を鉄板に丸く伸ばし、キャベツを乗せ、かしわ(とりにく)とミンチ(牛の脂)を乗せて焼いた料理で、このかしわミンチを乗せて焼くことことから、かしみん焼きと呼ばれています。ミンチを加えたことで、単にかしわを焼いたときよりも甘くて、濃厚な味になり、美味しいコンビネーションになっています。

華風料理 一芳亭(いっぽうてい)のシュウマイ

かしみん焼きだけでも良かったのですが、せっかく岸和田に来たからには、これまた地元の人に人気のお店、華風料理 一芳亭(いっぽうてい)のシュウマイもいただきます。

このシュウマイは、たまごシュウマイとも呼ばれ、タマゴの薄皮がついています。そして中身の餡には地元産の甘い泉州タマネギ、エビのすり身、豚挽肉が使われていて、本当にジュシーな肉汁にタマネギ、タマゴのほのかな甘さが、なんとも印象深い味です。

きしわだ自然資料館

きしわだ自然資料館 シロクマの剥製

遅めの昼食後は、きしわだ自然資料館を見学です。1階は身近な生物を飼育展示しているコーナーとイベントコーナーがあり、チリメンジャコの中からカニやイカなどの生物(チリメンモンスターと呼んでいました)を探し出す実習が行われていて、参加した小学生とその父兄で大変盛り上がっていました。2階は岸和田を中心とした大阪の大地の生い立ちや山地、ため池などの自然を紹介するコーナーで、ナウマン象の標本模型やブナ林を再現したジオラマなどがあります。そこまで作り込んであるのかと驚くほど、丁寧に作られている展示でした。

3階は世界の野生生物の標本が驚くほど大量に展示されています。これらの標本の多くは閉鎖された東洋剥製博物館から寄贈されたものだそうですが、ワシントン条約(1973)前に集められた、レッドデータブック記載の貴重な動物たちの剥製も展示されています。


岸和田駅

岸和田駅

きしわだ自然資料館からぶらぶら歩いて岸和田駅に到着。ちょっと早いけど、今回の岸和田の旅はこれでお終いです。

だんじり祭の岸和田、岸の地に和田氏が城を建て「岸の和田氏」が転じて地名になった岸和田。蛸に乗った地蔵像が守り神の岸和田。昔の紀州街道の雰囲気が味わえる岸和田。かしみん焼きの発祥の地の岸和田、絶滅危惧種の剥製にあえる岸和田。今回は、いろんな岸和田を知ることができた旅でした。

記事へ面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


日本のナマハゲ大集合

2010/02/13 23:51

昨晩、なまはげ柴灯まつりを楽しんで、ナマハゲと仲良くなったのですが、今日は男鹿市民文化会館で「日本のナマハゲ大集合」というイベントがあり、日本全国のナマハゲ行事が舞台で再現される「ナマハゲ行事実演」やナマハゲ行事の保存伝承活動に携わる方々が行事の伝承や後継者育成にかける熱い思いを語る「ナマハゲ・シンポジウム」が開催されるというので参加してきました。


男鹿のナマハゲ

伝承場所:男鹿市全域
期 日:12月31日
指定種別:国指定(昭和53年5月22日)

ナマハゲは男鹿市のほぼ全域で行われる民族行事です。集落内の選ばれた若者がケデ・ケラ(藁・麻などで編んだ蓑)を身に纏い、独特の面を被り入魂して神を宿し、手には出刃包丁・マサカリ(木製)とカショゲ(手桶)を持ち、威厳ある所作で家々を訪れます。各地区によって違いはあるが赤はジッコ(爺)やアニ(兄)、青はバンバ(婆)が多く、二匹一組または三匹一組で廻ります。

ナマハゲは大きな唸り声を上げ、戸を叩き鳴らし、四股を踏みます。荒ぶる神が大きな音を出すことで悪霊や災禍を祓い清めるそうで、豊作、豊漁、吉事をもたらす来訪神がナマハゲです。またケデ・ケラから落ちた藁を頭などに巻くと無病息災のご利益があると言われています。

男鹿のナマハゲ 男鹿のナマハゲ
男鹿のナマハゲ 男鹿のナマハゲ

能代のナゴメハギ

伝承場所:能代市(浅内・中浅内・黒岡・寒川)
期 日:12月31日
指定種別:国記録選択(昭和56年12月24日)

能代のナゴメハギは、子どもらを戒め、老人には励ましの言葉をかけながら、その年の厄を払い、新年を清らかに迎える民俗行事です。

浅内・中浅内では番楽に用いる山の神、鈴木、曽我兄弟、翁、爺、三番叟(さんばそう)、恵比寿、機織、女、狐などの面を被ります。黒川ではケヤキの皮で制作した面を、寒川では二本角の男鬼、一本角の女鬼の木製面を被り、服の上に袴、タスキなどで身を固め藁で作ったケラを纏います。

ナゴメハギは鉦(しょう)という鐘を鳴らしてやって来て、家の入口でジャンジャン鳴らし、家に上がりこみ、「ゴラ、ゴラー、悪りワラシはいねがぁー」などと叫びます。家主が酒を振る舞って丁重にもてなし、切り餅2枚や祝儀を渡すと帰って行きますが、帰り際に「手を三つ叩けばまた来るぞ」と言い残して去っていきます。

能代のナゴメハギ 能代のナゴメハギ

遊佐のアマハゲ

伝承場所:山形県遊佐町滝ノ浦・女鹿・鳥崎
期 日:1月1日滝ノ浦 1月3日女鹿 1月6日鳥崎
指定種別:国指定(平成11年12月21日)

女鹿のアマハゲは赤鬼・青鬼・ジオウ(翁)・カンマグレ・ガンゴジなどの日山番楽面を被り、スグリ藁で作られたケンデンを纏い、裏声で口々にギィ・ギィ・ギィと言いながら家々を回ります。滝ノ浦ではアマハゲ行事専用の面を被り、家々の入口で終始無言で反閇(へんばい;陰陽道で使われる呪術的な特殊な歩行方法)を踏む独特な所作を行います。鳥崎では岩倉・笠森・水壷または水坪の面を被り裏声でハゲ・ハゲ・ハゲと言いながら家の中を歩きます。

3集落に共通するのは新年の祝福と豊作を約束し護符の餅をやりとりすることです。女鹿ではアマハゲに対して家の主人が「おめでとうございます」と挨拶し、盆に載せた丸餅を二つ差し出すと、アマハゲは一つを受け取り、一つはお護符として置いていきます。

また遊佐のアマハゲは、太鼓をドーン、ドーンと叩きながら、下駄をカラコロ鳴らしてやってきます。そして家人とのやり取りや行動も太鼓の音がきっかけになっていました。

遊佐のアマハゲ 遊佐のアマハゲ
遊佐のアマハゲ  

能登のアマメハギ

伝承場所:石川県輪島市 / 能登町
期 日:1月2日輪島市門前町五十洲 1月6日輪島市門前町皆月 2月3日能登町秋吉
指定種別:国指定(昭和54年2月3日)

「アマメハギ」とは、昔の火燵(こたつ)や囲炉裏など炭火に長くあたるとできるアマメ(火班)をハギとりにくる者のことです。子どもたちに寒くても、囲炉裏などで暖をとってばかりいないで家の仕事を 手伝うように「しつけ」の一環として行われてきた民族行事が能登のアマメハギです。

「能登のアマメハギ」は地区毎に実施日が異なるように、元々はその地区固有の似て異なる民族行事でした。しかし国が指定する際にまとめて「能登のアマメハギ」として指定したので、現在では総称として使われています。実際、アマメハギは、輪島市皆月では天狗面・ガチャ面(2人)・サル面の4人、五十洲では天狗面・ジジ面・ババ面の3人で構成され、能登町秋吉は鬼面を被るといった具合に、それぞれ地区ごとに異なっています。

アマメハギはノミ、すりこぎ、カナヅチを持ち、如何にもアマメを剥ぎ取るという感じの動作をしながら、悪霊を払うために大きな声を出します。そして一区切りつくと、山の神の使いである天狗面が、家族やアマメハギの一同を神棚に向け座らせ、お祓いを行います。

能登のアマメハギ 能登のアマメハギ

象潟のアマノハギ

伝承場所:にかほ市象潟(きさかた)小滝・石名坂地区
期 日:1月第2土曜日または日曜日

アマノハギは小滝地区と石名坂地区に伝承されています。小滝では小滝番楽で用いる大江山と田村の面を被り、石名坂では木の根株のようなもので巧みに作った彩色ある面を被る違いがあります。

小滝のアマノハギは頭に毛(シャグマ)をあて、ケラ(蓑)をつけ、藁靴を履き、悪霊を祓うための木製のナタと包丁を手に持ち、2疋(ひき)一組で家々を廻ります。石名坂では音も無く家に入りますが、小滝では「アマノハギ来たー」と大声を張り上げて家に入ります。どちらの地区も「親の言うごど聞ぐがー」「勉強するがー」などと荒々しい声で子どもを訓戒します。そして家人が「ご免してけれ」とアマノハギに餅と祝儀を差し出します。その餅は翌日頒けられ、1年を無病息災で過ごすお護符とされるそうです。

象潟のアマノハギは、大々的な民族行事としては約20年間中断していましたが、昭和50年代に復活し、保存会ができ、現在まで伝承しているそうです。

象潟のアマノハギ 象潟のアマノハギ

豊岩のヤマハゲ

伝承場所:秋田市豊岩
期 日:1月第2土曜日または日曜日

豊岩にヤマハゲは、石田坂・居使・中島・前郷・小山の5地域単位で伝承されている民族行事です。行事の本旨は子どもへのしつけ(教育)が全地域共通であり、次いで厄除け(居使・小山)、五穀豊穣(石田坂・前郷)、病魔退散(居使い)などと続くそうです。

ヤマハゲの面は全5地域とも長らく使用してきた木彫りの面が主流です。今回実演した前郷地域の「ヤマハゲ」は衣装となるヨブスマを着け注連縄を巻き付け、頭髪として腰下まで垂れ下がるモグ(藻草の海管)を被るのが特徴です。

手で支えないといけない木彫りの般若面とモグは重く、ヨブスマと合わせると20数kgになるため、他のナマハゲのように乱暴に暴れたりはしません。静かに家々に上がり、家人のいる居間の戸を叩き、「ウォー」と吠え立てて脅かし、訓戒や励ましの言葉のみをかけて去っていきます。

豊岩のヤマハゲについては、ヤマハゲの面は鬼女の面であり、男鹿のナマハゲが男、豊岩のヤマハゲが女の夫婦説というのもあるそうです。

豊岩のヤマハゲ 豊岩のヤマハゲ
豊岩のヤマハゲ 豊岩のヤマハゲ

雄和のヤマハゲ

伝承場所:秋田市雄和(19地域)
期 日:12月31日または1月第2土曜日または日曜日

秋田市雄和ではヤマハゲ、ナマハゲの2通りの名称で行事が行われていますが、民族行事が豊岩から雄和に伝わった説もあり、歴史的に名称が変遷してきたことが認められているそうです。また20年位前までは「悪魔祓い」がかなり広域な地域で呼ばれていたこと、ナモミハギ、ナマハギ、ナモメハギと呼ぶ地域も存在したそうです。

雄和のヤマハゲは面が特徴的で、桟俵(さんだわら;米俵のフタ)の面を付けています。今回実演した平沢地域では、わらの面とケラを身につけた2組のヤマハゲが平沢神社神主宅でお祓いをしてから各家々を廻り、お札を渡して、家内安全、無病息災を祈願し、悪魔祓いをします。ヤマハゲは悪霊を退治するために乱暴な態度をとっていますが、村や暮らしぶりを守ってくれる神の使者なのです。

2004年に国際教養大学が雄和に開校したこともあり、近年は国際教養大学の生徒も手伝って行事が行われているそうです。

雄和のヤマハゲ 雄和のヤマハゲ
雄和のヤマハゲ 雄和のヤマハゲ

吉浜のスネカ

伝承場所:岩手県大船渡市三陸町吉浜
期 日:1月15日
指定種別:国指定(平成16年2月16日)

吉浜のスネカは三陸町吉浜地区に伝承されている民族行事で、元々は旧暦小正月の夜に行われていましたが、現在では新暦の小正月に行われています。数年前は青年団や有志で細々と行われていたそうですが、後継者問題などを解決し、きちんと伝承しようということで保存会が結成されたそうです。

スネカは奇怪な面を着け、藁蓑を纏い、背中には米俵を背負っています。衣装にはアワビのカラが付いていてガラガラと音を立てながら歩き、ハナを鳴らしてやって来ます。

スネカは脛に火形をつけているような怠け者を「脛の皮(火形)を剥ぐ」(スネカワタグリ)といって脅したことが名前の由来と言われ、その点でもナマハゲと共通点があります。またスネカは怠け者や子どもを戒めるとともに、春を告げる使者として人々から畏敬の念をもって迎えられているそうです。

吉浜のスネカ 吉浜のスネカ
吉浜のスネカ 吉浜のスネカ

また開催して欲しい!

シンポジウムでは、地域の伝統文化を守り伝えていくために何が出来るか?ということで色々な話が出て、最終的には民俗行事として伝承していくには地域作り(地域の人の理解と協力)が重要だということになったが、男鹿のナマハゲのように観光行事にし過ぎたために地域の人の気持ちが離れたり、反対に伝統文化としての誇りを持つために観光資源にしたくても後継者不足で年一回の行事を続けるので手一杯な地域など、実情は様々だと分かった。

ナマハゲ行事の伝承と観光の両立は難しいと思うが、日本全国の人に各地域の行事を知ってもらうことは重要だと思う。今回の「日本のナマハゲ大集合」というイベントを一度限りのイベントではなく、持ち回りで開催するという話もあるようなので、ぜひ開催して欲しい。そして、その時はまた参加したいな。

記事へ驚いた ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


なまはげ柴灯まつり

2010/02/12 23:18

昨日の弘前城雪燈籠まつりに続き、今日は秋田県男鹿市真山(しんざん)神社で開催されるみちのく5大雪まつりのひとつ、なまはげ柴灯(せど)まつりに行ってきました。


秋田へ

かもしか号 きりたんぽ鍋

昨夜から雪が降り始めた弘前から特急かもしか2号に乗車して秋田駅へ向かいます。かもしか号は3両編成のコンパクトな特急で、指定席が1両、自由席が全体の半分の1両半、残りの0.5両がグリーン車です。自由席は乗車待ちの人が多かったので座れるか心配でしたが、ちょうど全員が座れる感じの乗車率でした。大館駅を過ぎた頃に雪はやみましたが、車窓を流れる雪景色は環境映画のようでした。

かもしか君は5分遅れで秋田駅に到着しました。ちょうどお昼時だったので秋田名物きりたんぽ鍋を頂きました。比内地鶏の出汁が染みたきりたんぽが本当に美味しかったです。


男鹿半島へ

男鹿行き列車 羽立駅ホーム
羽立駅 入道岬行きバス

きりたんぽ鍋を堪能した後、秋田駅から男鹿行きの列車に乗車します。なまはげが車体に描かれた列車で揺られること小一時間、終点の男鹿駅のひとつ手前の羽立駅(はだてえき)に到着です。木製の立派な駅名看板が風情がある小さな駅でした。ここから入道岬行きの路線バスで男鹿温泉郷へ移動します。

男鹿温泉郷の宿に着き、荷物を置き、早めの夕食をいただいたあと、シャトルバスでなまはげ柴灯まつりの会場に移動します。男鹿市は低炭素社会のモデル市を目指すということで、今年からなまはげ柴灯まつり会場への自家用車の乗り入れを規制し、臨時バスを運行してパーク&ライドを実施しています。

自分のように公共機関を使う観光客にとっては、会場までの直通シャトルバスが運転されるのは嬉しいですが、地元の人やクルマで観光に来ている人は乗り換えが必要で不便になるので、せめてバス運賃は無料か100円程度にしないとパーク&ライド実施も説得力が無いかなぁ。


いざ!なまはげ柴灯まつり

真山神社 柴灯火

なまはげ柴灯まつりは、神事の「柴灯祭」と民族行事の「なまはげ」を組み合わせた男鹿半島を代表する冬まつりです。ホテルの人からは、真山神社は山の上にあるから、ここより更に3度は寒いと脅かされていましたが、真山神社境内の広場中央で焚き上げられた柴灯火(せどば)はとても暖かく、覚悟していたよりはぜんぜん寒くありませんでした。そして18:00、なまはげ柴灯まつりが開催です。


湯の舞・鎮釜祭

なまはげ柴灯まつりのオープニングは、広場入口で行われる湯の舞・鎮釜祭(ちんかまさい)です。鎮釜祭の釜鎮め・湯立ての神事では、大釜にお湯を沸かし神官が呪文を唱えながら"わらボウキ"で湯をかき回します。この湯立ては海の波や海の荒れを鎮めるという信仰からきているそうで、さらに「四界万物を清浄にする」という意味で湯花を参列者にかけます。そして真山神社の巫女が扇と鈴を手に舞う、男鹿地方独特の祓い神楽「湯の舞」を奉納します。これにより、なまはげ柴灯まつりに参加した全員にご利益があるそうです。


なまはげ入魂

なまはげに扮する若者 なまはげたち

次は、なまはげ入魂の儀式です。なまはげに扮する若者達は必ず家々を回る前に“鬼神”になるため氏神に参拝するしきたりがあります。参道入口付近でおはらいを受け、神(しん)の入った面を授かり、身につけます。そして、なまはげと化した若者達は山へ戻って行きます。


なまはげ行事再現

なまはげ行事再現 なまはげの集団は一旦、山へ戻っていきましたが、神楽殿では大晦日に真山地区で行われる民俗行事「なまはげ」の再現が始まりました。

内容的には男鹿真山伝承館のナマハゲ習俗学習講座で見ることができるものと同じです。なまはげというと一般に子供を驚かしたり、追い回しているイメージがありますが、実際のなまはげは玄関戸をガタガタ揺らしたりする行動は荒々しいですが、家長とのユーモラスなやりとり行い、来年の豊作や無病息災などを祈ったり、家人に年配者が居れば長寿を祝ったりすることを、この再現で知ることができます。



なまはげ大鼓

続いて神楽殿では、なまはげが「家内安全」「五穀豊穣」などを願って和太鼓を打つ、比較的新しい郷土芸能のなまはげ太鼓が演奏されます。

なまはげ太鼓の演奏団体は、男鹿っ鼓男鹿和太鼓愛好会なまはげ郷神楽など複数あるので、なまはげ柴灯まつりの期間中でも日にちごとに演奏団体が異なるそうで、初日の今日は男鹿っ鼓による演奏でした。


なまはげ踊り

なまはげ踊り なまはげ太鼓の勇ましく、パワフルな演奏で会場全体が盛り上がったあとは、なまはげ2疋(ひき)によるなまはげ踊りが柴灯火の前で演じられます。なまはげ踊りは秋田・山形両県に分布する山伏神楽である番楽を元に、秋田が生んだ現代舞踏家・故石井漠氏が振り付けし、その息子の作曲家石井歓氏が曲をつけた踊りで、なまはげらしさを表現した勇壮な踊りです。

なまはげ柴灯まつりが始まって、ここまで雪は降っていなかったのですが、なまはげ踊りが始まると同時に雪が降り出し、なんとも幻想的な踊りに見えました。そして踊りが終わると雪も降るのを止めてしまい、単なる偶然なのでしょうが、なにやら神秘的な演出を感じました。



なまはげ下山・献餅

なまはげ下山 なまはげ下山

いよいよ、なまはげ柴灯まつりのクライマックス、なまはげ下山です。真山お山掛けの古道から松明をかざして下山してくるなまはげの幻想的で勇壮な姿を見ることができます。そして下山したなまはげたちは柴灯火の周りにいる参加者の中をを練り歩きます。

続いては柴灯火で焼かれて神力が宿った大餅を神の使者・なまはげに進ずる献餅の儀式です。なまはげは、神官の捧げる護摩餅に容易に触れる事が出来ませんが、ようやく護摩餅を手にして山へ帰って行きます。この神に献ずる護摩餅は、あとでおまつり参加者にも振舞われます。


まめまき

さらに神楽殿では、五穀豊穣と今年一年のご多幸と健康を祈願して神官が豆をまきます。受け取るための袋とか無かったので素手で受け取るしかなかったので、1粒しか受け取れませんでした。残念。


なまはげによる柴灯護摩餅くばり・記念撮影

護摩餅くばり 護摩餅

柴灯火で焼いた大餅を切り分けた護摩餅を神楽殿前でなまげが渡してくれます。この護摩餅は災難除去のお護符としてご利益があるそうです。でも。食べると苦いです、まぁ良薬口に苦しみたいなものかな。

そして参道入口や柴灯火の前では、なまはげとの記念撮影が始まっています。

なまはげと柴灯火

なまはげ柴灯まつりは、開始から終了までがストーリー性があるので、体感できる映画のように楽しめた2時間弱のお祭りでした。この後はシャトルバスで宿に戻り、有名な男鹿温泉を堪能です。

記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0


弘前城雪燈籠まつり

2010/02/11 22:56

雪まつりというと「さっぽろ雪まつり」を想像する人が多いと思いますが、この時期の北東北で「みちのく五大雪まつり」が開催されます。岩手県雫石町の「いわて雪まつり」、青森県弘前の「弘前城雪燈籠まつり」、秋田県男鹿市の「なまはげ柴灯(せど)まつり」、秋田県横手市の「横手かまくら」、青森県八戸市の「八戸えんぶり」の5つのお祭りのことです。今回、その中のひとつ弘前城雪燈籠まつりに行ってきました。

あけぼの号で弘前へ

寝台特急あけぼの号 開放B寝台上段

北東北への旅ということで、廃止が相次ぐブルートレインの中で生き残っている上野発青森行きの寝台特急列車あけぼの号に乗車です。今回は指定席券の購入が遅かったので、取れたのは開放式B寝台、しかも落ちたらケガしそうな上段です。2本のベルトだけが急停車した時の命綱です。

最近、ちょっと寝不足だったので21時15分に上野駅を出発したあと、高崎駅に着くまでの間にすっかり寝入ってしまいました。途中、運転停車中の長岡駅でちょっと目が覚めましたが、結局、秋田県に入るまでぐっすりと寝てしまいました。

弘前駅到着 弘前城雪灯籠まつりの展示

毎月5日は「りんごを食べる日」

弘前駅であけぼの号を下車すると、駅構内には今日から始まる弘前城雪灯籠まつりをモチーフにした展示物が飾られていました。こういう歓迎があると、お祭りの方もとても期待できそうです。

改札を出て、弘前城がある方の出口に向い階段を下りていくと、目に入ったのは、毎月5日は「りんごを食べる日」と書かれた横断幕。さすがは、りんごの里、弘前市です。

そして駅前から弘前城雪灯籠まつりのメイン会場がある弘前公園に行くために、弘前市内循環100円バスのひとつ、土手町循環バスに乗車します。どこまで乗っても100円と安い上に10分間隔の運転なので待たずに乗れるという感じで、弘前市内の観光におすすめです。

弘前公園の最寄バス停である市役所前でバスを下車しますが、すぐに弘前公園には行きません。まずは追手門広場の一角に建てられた弘前市立観光館へ行き、コインロッカーに荷物を預け、弘前城雪灯籠まつりのパンフレットを入手し、最後に観光用の無料長靴を借り、これで準備完了です!

雪の弘前公園

弘前公園追手門 弘前城天守閣

長靴を履いていなかったら、すべって転んだり、雪に埋れてしまいそうな弘前公園の追手門入口から入場です。公園内に作られた雪燈籠を眺めながら歩いていると弘前城天守閣が見えてきました。弘前公園の桜は有名で、この構図だと天守閣と桜の木をまとめて撮影できるのですが、桜が咲いていないこの時期はちょっと寂しげな感じです。それでも天守閣の周りに積もった白い雪と紅い欄干のコントラストはそれはそれで絵になるような気もします。そして、いよいよイベント会場に到着です。

りんご娘.とアルプスおとめ そして たか丸くん

アルプスおとめ アルプスおとめ りんご娘. りんご娘.
りんご娘. りんご娘.

たか丸くん&りんご娘. イベント会場に着くと、舞台ではアルプスおとめのライブをやっていました。最初は青森のAKB48みたいなグループなのかと思ったのですが、弘前アクターズスクールでレッスンを受けている、りんご娘.の妹分にあたる未来のアイドルたちのグループだと分かりました。そして、りんご娘.の妹分だからアルプスおとめ(長野県松本市で誕生した「アルプス乙女」というミニりんごの品種があるんです)なんだと理解しました。

続いて、その「りんご娘.」のライブ開始です。地元青森の活性化、青森の特産品(特にりんご)を全国、全世界にPRするために活動している、農業活性化アイドルが、りんご娘.です。

りんご娘.という名前は以前に聞いたことがあったのですが、その時に見た写真が野良着姿だったので、ずっと毎年りんご農家の中から選ばれる「ミス・りんご」みたいな人かと思っていました。でも今回、ナマでりんご娘.のライブを見てビックリ。唄は上手いし、踊れるし、もう普通にアイドル、いや立派なアイドルでした。

そんなりんご娘.ライブに乱入者です。2011年に築城400年を迎える弘前城の記念イベント「弘前城築城400年祭」のイメージキャラクターのたか丸くんです。弘前城の別名が鷹岡城なので鷹をモデルにしたデザインと名前、そして最大の特長は頭に弘前城を載せていることです。このたか丸くんは、弘前市民が大好きで、とても頭が良いという設定なので「たか丸くんのおでかけ日記」というブログもやっています。

りんご娘.にたか丸くん、そしてバックではアルプスおとめ、会場のみんな一緒に唄って、踊って、ライブは結構盛り上がっていました。

アルプスおとめからりんご娘.へアルプスおとめ から りんご娘.へ 三上、工藤、小山内りんご娘.になる三上、工藤、小山内の3人

りんご娘.ライブの最後に、4月からりんご娘.が5人体制になるとの発表がありました。妹分のアルプスおとめから、勉強と活動を両立させてパワーアップしたい三上さん、青森のこと何でも知っているりんご娘.イチの物知りになりたい工藤さん、青森県の食べ物についていっぱい知っている人になりたい小山内さんが、りんご娘.に新たに加わるそうです。

現在のりんご娘.は、ジョナゴールド、レッドゴールドの2人ですが、4月に加わる3人の芸名もりんごの品種名になるんでしょうね。

ライブ終了後にステージ横で握手会&写真撮影会が開催されたのですが、小さい子供からおばあちゃんまでが参加するという幅広いファン層に、りんご娘.は本当に地元の人に愛されているんだなと感じました。

りんご娘.公式ウェブサイト
http://www.ringomusume.com/


漫才ライブ山田八木橋 & 寺田由香 初営業

山田八木橋山田八木橋 寺田由香寺田由香

午後にはステージで、弘前で一番面白い漫才コンビ(自称?)の山田八木橋の漫才ライブが行われました。弘前市で活動する「劇団SOUTHERN COMFORT」の代表である清水司さん(左)と同劇団の看板役者である玉置肇さん(右)の漫才コンビです。野外のライブということで、前半は客いじりだったのですが、ちょっとアドリブが空回りしたような感じでした。でも、ネタに入ると弘前一の実力発揮で、面白かったです。特に「森のクマさん、こぇー」というネタは、劇団員の演技力がモノを言い、目の前に光景が浮かぶようで、思わず話に入り込んでしまい、オチのところで確かに「クマさん、こぇーよ」と思っちゃいました(本当は笑うべきなのかもしれないけど)。ただ、素人の初見なので、山田八木橋ならではの特長みたいなものは分かりませんでした。

そしてさらに同じ劇団の後輩、寺田由香さんのピン芸も披露されました。こういう野外のステージでは初営業だそうですが、全然そんな感じはしませんでした。いきなり歌のおねえさんとして登場して、強引に話を進めていったのですが、なぜかその世界観が自然に受け入れられ、大笑いしちゃいました。しかも、隣のちっちゃい子供が自己防衛の歌を一緒に唄って、パンチを繰り出していたから、更に笑ってしまいました。でも、なんで歌のおねえさんの名前がゴーレムだったんだろう? ちょっと謎です。

劇団SOUTHERN COMFORT
http://home2.netpalace.jp/southerncomfort/
寺田由香ブログ「カレーライスください!!」
http://ameblo.jp/taro1886/

 

いろいろ楽しむ

雪のすべり台 リラックマ?

イベント会場にはライブステージの他に、いろいろなキャラクターの巨大な雪像が何体も展示されています。また、大きなタイヤチューブに乗って滑り下りる雪のすべり台もあって、大人も子供も滑れるということで大人気で順番待ちの行列ができていました。

たか丸くんたか丸くん雪像

また先ほどりんご娘.のライブに参加(乱入)した、たか丸君もイベント会場内を歩いていましたが、すぐに子供達に捕まり、もみくちゃになるほどの大人気でした。ちなみに追手門のそばには、たか丸くんの雪像もあります。でも、こちらの方は、あまり子供には人気がなかったみたいです。そっくりなんだけど、動かないとダメなのかな。 

いよいよ弘前城雪燈籠まつり本番

弘前城雪灯籠まつり 弘前城雪灯籠まつり

楽しいイベントも終了し、日没を迎えてからが弘前城雪燈籠まつりのメインです。また追手門口へと戻って、明かりが灯り、幻想的な光景を作り出している雪灯籠やライトアップされた弘前城天守閣を見てまわります。

弘前雪明かり 弘前雪明かり

弘前城雪燈籠と合わせて、今年から「弘前雪明かり」が街中や弘前公園・北の郭エリアで開催されています。雪灯籠が和風のライトアップなら、弘前雪明りは幻想的な洋風のライトアップという感じです。

青森銀行記念館 雪像青森銀行記念館雪像 青森銀行記念館青森銀行記念館実物

イベント会場の青森銀行記念館の雪像は、昼間に見た時は単に大きいなぁと思っただけでしたが、内部に明かりが灯り、ライトアップされると、なんとも言えない存在感を出していました。この青森銀行記念館は現存していて、弘前公園のすぐそばにあるというので、帰り道に実物を見たのですが、またびっくり。上の写真は角度が違っているので分かりにくいですが、本当にそっくりな雪像でした。

こんな感じで1日中楽しめた弘前城雪燈籠まつりでした。

弘前城雪灯籠まつり

記事へナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0


坂出で瀬戸大橋見学

2010/01/09 23:34

blog0055 2010年最初の旅は四国・香川県坂出への旅です。と言っても実は出発した時点では行き先を決めておらず、いつものように青春18きっぷを片手に目的地も決めずに夜行列車で旅だったわけです。ということで行程は恒例の通り。

品川駅
 23:18→05:55 臨時快速ムーンライトながら号
大垣駅
 06:00→06:33 東海道線 普通
米原駅
 06:35→09:29 東海道山陽本線 新快速
相生駅
 09:33→10:37 山陽本線 普通
岡山駅
 10:53→11:35 快速マリンライナー23号
坂出駅

という青春18きっぷ+ムーンライトながら号での王道のスケジュールでお昼前に四国に上陸です。


亀城庵

blog0056

坂出駅に到着したのが昼食時。しかも讃岐うどん発祥の地と言われる坂出ですから、ここはもう讃岐うどんを食べるしかありません。

今回選んだお店は亀城庵(きじょうあん)です。現在では坂出の有名店ですが、元はお隣、丸亀の丸亀城の近くのお店で、店名の亀城庵は丸のそばのから来ています。

さっそく亀城庵で人気ナンバー1メニューの「海老と揚げ餅のぶっかけ」(通称:エビモチ)をいただきます。ぷりぷりのエビ、もちもちのモチ、しこしこのウドンのハーモニーが美味しい! 

亀城庵
http://www.kijoan.net/


瀬戸大橋記念公園へ

讃岐うどんでお腹もいっぱいになったので、琴平の金比羅さんへ行こうかと思ったのですが、坂出の観光協会の人が「今日は天気が良いから、瀬戸大橋がきれいですよ」と瀬戸大橋記念公園を勧めてくれたので、いつも通り過ぎる坂出を観光すること予定を変更し、瀬戸大橋記念公園へGo!


瀬戸大橋タワー

ナントカは高い所に登りたがると言いますが、やっぱり眺めの良い高いところから瀬戸大橋を見てみたいということで、展望室が高さ108mまで上昇する瀬戸大橋タワーに乗ることに。さっそく、チケットを購入して搭乗です。

瀬戸大橋タワー 瀬戸大橋タワーチケット・パンフレット

ゆっくり回転しながら上昇する展望室は100人乗りですが、なんと貸切状態の独り占め。なんだか嬉しいような、寂しいような感じですが、そんなことを思うまもなく、最高点に到達です。最高点では1周2分で3回転します。なかなか良い眺めですが、ちょっと時間が短いかな。それでは瀬戸大橋タワーからの眺めをどうぞ!


瀬戸大橋記念館

blog0060瀬戸大橋タワーからの眺めを堪能したあとは、瀬戸大橋記念館の見学です。

瀬戸大橋記念館は入館無料で、建物の形も何だか変な形をしているので、最初は大した展示は無いんじゃないの?と期待せずに入館したのですが、これが大きな誤りでした。

瀬戸大橋実現に向けた色々な苦労の道のり、架橋工事の全貌などを動く模型やビデオ、豊富な写真などにより、わかりやすく紹介、説明しており、知的好奇心を満たすのに十分すぎるような展示がされていました。もう素直に「瀬戸大橋記念館、ごめんね。見くびっていたよ」と謝るしかないほどの充実度です。

特に瀬戸大橋のメインケーブルや架橋工事の際に実際に使用された巨大機器の実物が展示されている実機展示コーナーは、もう「ここにプロジェクトXがあった」という感じです。

こう書くと、子供や理系の人しか楽しめないんじゃないの?と思われそうですが、実は瀬戸大橋記念館の屋上は展望台になっていて、そこからの眺める瀬戸大橋は最高です。ちなみに、ここで台湾のテレビドラマ「蜂蜜幸運草」のロケ地も行われました。


東山魁夷せとうち美術館

blog0061まだ時間の余裕もあったので、瀬戸大橋記念公園のそばにある香川県立東山魁夷せとうち美術館を見学しました。

祖父が坂出市櫃石島の出身であるということで、東山魁夷画伯から寄贈された280点余りの版画作品及び貴重な資料を展示・公開している美術館です。

今回、ちょうど2009年度・第3期テーマ作品展が開催されており、「青の風景/魁夷が心に描いたもの」というテーマで作品が展示されていました。月の光に静かに照らされる森や川岸などの静寂の光景、青を基調とした心に響く静寂さを表現した作品群が気に入り、お土産に絵はがきまで買いました。

東山魁夷せとうち美術館は、2つの展示室と1つのデジタル展示室の比較的こぢんまりとした美術館ですが、特筆すべきは大きなガラス張りのラウンジです。このラウンジからは、碧い海、青い空、そしてそれを結ぶような瀬戸大橋が眺められ、まさに1枚の絵のような風景が眺められます。

東山魁夷せとうち美術館
http://www.pref.kagawa.jp/higashiyama/


最後にもう一度、瀬戸大橋記念館の展望台から瀬戸大橋を眺めて今日の旅は終了です。

瀬戸大橋

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


大阪の巨大アヒル

2009/12/19 23:30

画像夏に大阪で開催された「水都大阪2009」で好評だった巨大アヒルが、OSAKA光のルネサンス2009の開催にあわせ12月12日から12月25日のクリスマスまで大阪八軒家浜に戻ってくると聞き、見に行ってきました。

いつものように夜行列車を使って大阪駅に行き、地下鉄谷町線に乗り換えて天満橋駅まで行き、八軒家浜船着場方面の出口から地上に出ると、遠くからでも分かる程の大きなアヒルが出迎えてくれます。

この巨大なアヒルの正式名は「ラバーダック(Rubber Duck)」と言い、大きさは高さ9.5m、幅9.5m、長さ11m、オランダのF・ホフマンという若手アーティストの作品だそうです。

彼は巨大なオブジェを公共的な日常空間に展示するというテーマのプロジェクト活動をずっと行っている方で、今回の「ラバーダック」プロジェクトもベルギーブラジルフランスなど、世界各地の川や港で展示されています(参考:F・ホフマン氏のWebサイト)。

画像 画像

巨大だけど愛らしいアヒルを眺めていると、溺れたバスのような変わった船がやってきました。実はこれは日本水陸観光株式会社が実施している大阪ダックツアーという、日本初の水陸両用バスによる大阪観光ツアーのチャレンジャー号だったのです。これは面白い!と調べてみると1回のツアーが約100分間、次の便に空席があるということだったので、当日申し込みで参加することにしました。

画像 画像

水陸両用バスの前で記念写真を撮り、チャレンジャー号に乗り込み、八軒家浜を出発。まずは一般道を東に進み、大阪城を車内から眺めたあと北上、桜之宮公園から大川へ豪快にスプラッシュイン、水陸両用バスの本領発揮です。大川をのんびりと遊覧しているといよいよ目の前にお待ちかねのラバーダックが登場です。水上から見た後ろ姿もなかなか愛らしいです。

画像 画像

ラバーダックを眺めながらチャレンジャー号は大きくUターン、そして大勢のユリカモメたちに見送られて陸に上がり、約10分の休憩、その後は御堂筋などを車内から見物して八軒家浜に戻ってきました。チャレンジャー号は船として航行するために重量を軽くする必要があったので、窓にガラスが入っていません。のんびりとした川の遊覧中は良いのですが、この季節だと路上を走っている時は、ちょっと寒かったです(夏向き!)。

今回のイベントでは午後5時から10時までライトアップされるというので、ライトアップされた夜景に浮かび上がる巨大アヒルの姿も楽しみました。

画像 画像

画像

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


うさぎ、ウサギ、兎、ウサギ島だよ、大久野島

2009/03/20 15:10
忠海港から海のマイクロバス的な船で到着した大久野島(おおくのしま)は、うさぎの島でした。

大久野島は一周4.3キロの小さな島ですが、第二次世界大戦の戦時中、陸軍によって化学兵器(毒ガス)の開発製造が行われていました。そして、その秘密を守るため、大久野島は陸軍発行の地図には存在していない島(ただのうみ)として表示されていました。

戦後、島内に残留していた毒ガスは処分され、島全体も消毒され、1971年に島外の小学校で飼育されていたウサギ8羽を放されました。その後、野生化したうさぎはどんどん繁殖して、現在では300羽以上ものうさぎがいる島になりました。

うさぎの楽園として観光地になった大久野島のうさぎは、人に慣れていて、ガサガサとビニール袋の音をたてるだけで、エサが貰えると思ったうさぎ達が集まってきます。
画像画像
画像画像
画像画像
画像うさぎは、満腹になると後ろ足を伸ばして、腹ばいになるんだそうです。初めて知りました。

画像画像
画像画像

記事へかわいい ブログ気持玉 7 / トラックバック 0 / コメント 0


瀬戸内マリンビューで忠海駅

2009/03/20 13:20
今日は福山から一旦、広島駅に行き、クルーザーをイメージしたデザインの観光列車「瀬戸内マリンビュー」に乗り込みました。

画像

瀬戸内マリンビューが登場した当時は、期間限定の臨時列車の予定だったのですが、いろいろな人々に評判が良くて、その後もずっと運行されているというので、久しぶりに乗ってみました。
そして終点の三原駅まで乗り通した後、折り返しの瀬戸内マリンビューにも乗り、着いたのが忠海(ただのうみ)駅です。

画像

忠海駅は文字通り、忠海港のそばの小さな駅なのですが、駅名標にはウサギの絵が描かれています。実はこの駅はウサギ島とも呼ばれる大久野島へ行く最寄り駅でもあるのです。
忠海駅から歩いてすぐの忠海港の小さなフェリー乗り場に行き、大久野島行きのフェリーに乗ります。

画像


観光客を大勢乗せたホワイトフリッパー号で大久野島に上陸です。
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


タイトル 日 時
福山城
福山城 鞆の浦観光を楽しんだ後、トモテツバスで福山駅まで戻り、福山駅の目の前にある福山城を見物です。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 2

2009/03/19 19:00
備後安国寺
備後安国寺 鞆の浦歴史民俗資料館を見学したあと、備後安国寺へやって来ました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/19 15:45
鞆の浦歴史民俗資料館
鞆の浦歴史民俗資料館 鞆の浦の町並みを散策した後は、鞆城址の小高い丘の上にある鞆の浦歴史民俗資料館を見学します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2009/03/19 15:03
鞆の浦の懐かしい町並みをブラブラ
鞆の浦の懐かしい町並みをブラブラ 鞆の浦の坂本龍馬に関する展示館や史跡などを見たあとは、懐かしい町並みをブラブラと散歩します。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/03/19 14:35
いろは丸展示館、いろは丸事件談判跡、龍馬の隠れ家
いろは丸展示館、いろは丸事件談判跡、龍馬の隠れ家 鞆の浦の燈籠塔(とうろどう)のそばには、坂本龍馬率いる海援隊の「いろは丸」と紀州藩の「明光丸」が夜の鞆の浦沖で衝突し、いろは丸が大破、沈没したという「いろは丸沈没事件」に関する資料や沈没状況のジオラマなどを展示している、いろは丸展示館があります。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 20 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/03/19 14:00
鞆の浦港 常夜灯、常夜燈、燈籠塔
鞆の浦港 常夜灯、常夜燈、燈籠塔 福禅寺の対潮楼を後にして歩くこと数分、潮待ちの港、鞆の浦港に到着です。この港には有名な常夜燈(常夜灯)の「燈籠塔(とうろどう)」があります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/03/19 13:00
福禅寺・対潮楼
福禅寺・対潮楼 鞆の浦に来たからには、まずは福禅寺・対潮楼からの眺望を楽しまないわけにはいきません。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/03/19 12:40
トモテツバスで鞆の浦
トモテツバスで鞆の浦 いつものように米原駅で新快速へ乗り換え、一気に姫路駅まで大移動。さらに西へ向かい、岡山駅を越えて福山駅に到着。駅前の11番乗り場のトモテツバスに乗り換えます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/03/19 12:27
10÷4の乗り換え
10÷4の乗り換え ムーンライトながら号の終点である大垣駅まで来た乗客のほとんどは、米原方面の東海道線に乗り継ぐのだが、ムーンライトながら号が大垣駅に着き、ドアが開くや否やホーム、階段をダッシュする乗客たち。 それを横目に、そんなに慌てなくても大丈夫なのになぁ、と心でつぶやきながら余裕を持って乗り換えていたが… ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/19 06:00
季節臨時のムーンライトながら号に乗る
季節臨時のムーンライトながら号に乗る 週末の3連休を前倒しにして、繁忙期の季節臨時列車になったムーンライトながら号に乗車します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/19 05:55
最後の定期運行ながら、大垣に到着
最後の定期運行ながら、大垣に到着 6時42分、終点の大垣駅に到着。いつもだと名古屋駅で後ろ3両、7〜9号車の切り離しを行うのですが、既に日付が変わって新しいダイヤになっているせいか、今日は切り離しを行わず9両編成のまま大垣駅に到着です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/14 06:55
静岡駅、浜松駅でも撮影大会
静岡駅、浜松駅でも撮影大会 最終定期運行のムーンライトながら号が静岡駅に到着。 この静岡駅では約20分程度停車するので、乗客による撮影会が始まってます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/03/14 03:38
ムーンライトながら号、定期運行終了
ムーンライトながら号、定期運行終了 今日の夜のニュースでは、寝台特急「富士・はやぶさ」のラストランが話題になっていたが、実はムーンライトながら号やムーンライトえちご号の定期運行も今日が最後なのです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/13 23:10
帰りもムーンライトながら号
帰りもムーンライトながら号 夜の明石海峡大橋を堪能した後は、朝とは逆に新快速で一気に米原駅まで移動し、名古屋・豊橋方面の列車に乗り換え、大垣駅に到着。 そして東京駅行きのムーンライトながら号に乗り、帰宅します。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/03/07 23:18
夜の明石海峡大橋
夜の明石海峡大橋 昼間は海から明石海峡大橋を眺めたので、夜は陸地側から明石海峡大橋を眺めようと考え、明石駅から舞子駅へ移動して、舞子公園から灯りに彩られた橋を眺めます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/07 19:30
明石市立文化博物館
明石市立文化博物館 明石城跡を見た後は明石公園の東側にある明石市立文化博物館に立ち寄ります。8つのコーナーからなる常設展では、200万年前のアカシゾウ(アケボノゾウ)や明石原人などの太古から明治・大正・昭和の近代までの明石の歴史や文化を紹介しています。また、火おこしの体験や十二単・鎧の試着もできる体験学習室もあり、楽しみながら学ぶことができる博物館です。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/03/07 17:30
明石城跡の明石公園
明石城跡の明石公園 明石焼きで満腹なので、明石駅の北側にある明石公園を散歩します。ここ明石公園は、明治に明石城跡を公園として開園したもので、園内には城跡の石垣、堀、二の丸、巽櫓(たつみやぐら)、坤櫓(ひつじさるやぐら)などが残っています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/07 16:00
明石焼ゴ 玉焼き ごろごろ
明石焼ゴ 玉焼き ごろごろ 明石焼きの有名店、きむらや、よし川、とり居と巡ってきて、それぞれ美味しいものの同じ明石焼きというジャンルだけに印象が似たような感じになってきた中、明石焼ゴというお店の「ごろごろ」という明石焼きがちょっと変わっているという情報を入手したので、明石焼き屋巡りのシメとして訪問。さっそく、メニューに書かれている「玉焼き ごろごろ」を注文しました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 1 / コメント 0

2009/03/07 15:00
春旬祭と明石焼き巡り
春旬祭と明石焼き巡り 3月7〜8日に開催されている春旬祭でイカナゴ磯辺揚げの試食会があるというので、魚の棚商店街と明石銀座商店街が交わる場所にある会場に行き、さっさく試食。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/07 14:30
たこ定食
たこ定食 ちょうどお昼時なので、その土地ならではの料理を食べます。 ...続きを見る

トラックバック / コメント

2009/03/07 12:05
明石海峡大橋
明石海峡大橋 たこフェリーから眺めた明石海峡大橋です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/03/07 11:30
たこフェリー
たこフェリー 明石港と淡路島の岩屋港を結ぶ、明石淡路フェリー株式会社の「たこフェリー」です。 船体に大きなタコが描かれていて、とってもユーモラスです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/07 10:35
明石で春旬祭
明石で春旬祭 新快速で約2時間、明石駅に到着しました。 今回はここで下車して、美味しい早春を感じる旅にしたい思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/07 10:00
変わった米原駅から新快速
変わった米原駅から新快速 いつも通り、大垣駅から米原駅に行き、7時42分に入線する12両編成の新快速・網干行きに乗り換えます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/07 07:48
今週も乗っちゃう
今週も乗っちゃう 来週末のダイヤ改正でムーンライトながら号の定期運行が終了し、繁忙期のみ運転される臨時列車に格下げされということなので、今週も乗っちゃいます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/03/07 06:55
日本大正村を見学
日本大正村を見学 日本大正村は、よくある特定の敷地内だけに限定されたテーマパークではなく、町全体が大正時代をテーマに当時の建物を保存し、資料館や博物館にしたり、大正時代の建物を再現したりしています。 そのため町全体を散策しながら、大正時代の雰囲気、情緒が味わえます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/02/28 13:55
明智駅
明智駅 明知鉄道の終点、明智駅に到着。鉄道の名前は「明知」なのに駅の名前は「明智」と違うのが妙に気になる。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2009/02/28 10:15
勾配日本一の飯沼駅
勾配日本一の飯沼駅 極楽駅から列車に揺られること10分少々、到着したのが勾配日本一の駅、飯沼駅です。乗ってきた列車をホームで見送ると、列車の遠くに花無山から保古山にかけての山々が見えて、景色もなかなか良かったです。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/02/28 09:40
極楽駅
極楽駅 緩やかに登り続ける明知鉄道にゴトゴトと揺られながら、昨年12月25日(なんとクリスマス)に開業したばかりの極楽駅に到着です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/02/28 08:25
恵那駅から明知鉄道
恵那駅から明知鉄道 豊橋駅で青空フリーパスを購入後、ムーンライトながら号で名古屋駅まで行き、中央線に乗り換えて約1時間。恵那駅に到着です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/02/28 07:55
停車中にお得な青空フリーパスを買う
停車中にお得な青空フリーパスを買う 数分遅れてムーンライトながら号は豊橋駅に到着。 ここで約50分間停車するので、その間に「青空フリーパス」を購入します。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/02/28 04:50
横浜駅でムーンライトながら号に乗る
横浜駅でムーンライトながら号に乗る 今回の旅は、横浜駅からムーンライトながら号に乗車することで始まります。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2009/02/27 23:36
しぐれ茶漬けを亀山駅で
しぐれ茶漬けを亀山駅で サンタ列車の終点、貴生川駅で再び草津線に乗り換え、草津線の終点の柘植駅で関西本線に乗り換え、亀山駅に到着。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/12/13 12:00
信楽駅からサンタ列車
信楽駅からサンタ列車 信楽駅前の巨大なサンタ像に別れを告げ、貴生川駅へ戻ろうと改札を通ったら、ホームで待っていたのは、この時期だけ運転するイベント列車のサンタ列車でした。 車内はクリスマスの飾り付けがされていて、乗車した子供たちにプレゼントを渡したり、一緒に歌を唄うサンタクロースのお姉さん方が乗っていました。 そして出発時刻になると、たぬきのサンタが出発を見送ってくれました。 ローカル線のこういう努力、工夫って好きだなぁ。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/12/13 10:18
サンタに化けるタヌキ
サンタに化けるタヌキ 草津線で柘植駅まで行こうと思っていたが、ちょっと面白い話を聞いたので貴生川駅で途中下車。信楽高原鉄道に乗り換え、終点の信楽駅まで寄り道します。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/12/13 10:00
湘南カラーの草津線
湘南カラーの草津線 草津駅で8:38発の柘植行き草津線に乗り換え。昔、湘南を走っていた列車を思い出させるようなカラーリングの113系の列車だった。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/12/13 09:07
大垣、米原、草津
大垣、米原、草津 停車するごとに車内に流れ込む外気が足元をかすめ、心地よい眠りの目覚まし時計になる点が、冬のムーンライトながら号の特長かもしれない。 起き抜けのボーっとした頭で、そんなことを考えているうちにムーンライトながら号は定刻の6:52に大垣駅に到着。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/13 08:18
黄金の組み合わせ
黄金の組み合わせ このブログを再開するとなると、やはり最初は旅ネタからですね。 そこで恒例のムーンライトながら号+青春18きっぷの黄金の組み合わせが登場です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/12/13 00:05
さよなら北海道
さよなら北海道 帰りは寝台列車のきっぷが取れなかったので、飛行機で帰ります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/05 18:30
札幌市内の定番
札幌市内の定番 あんなオチで札幌を後にはできません。札幌市内の定番の観光スポットをまわります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/05 16:15
札幌 豊平橋
石狩川の支流、豊平川にかかる豊平橋です。北海道三名橋のひとつですが、どう見ても普通の橋です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/05 14:45
さっぽろ藻岩山展望台
もいわ山ロープウェイで藻岩山山頂の展望台に向かいます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/05 13:00
札幌市電に乗って
地下鉄で大通公園に行き、西4丁目の電停からロープウェイ入口まで札幌市電に乗ります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/05 10:40
エコキップで札幌観光
おはようございます。 今日は札幌市交通局のエコキップを使って札幌観光です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/05/05 10:03
札幌で宿泊
小樽から札幌に戻ってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/04 19:13
小樽運河
せっかくの小樽なので、観光地らしい所で記念撮影。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/05/04 16:44
おたる政寿司
小樽に来たのは、寿司屋通りでお寿司を食べるためです。 おたる政寿司本店で、名物のイカソウメンゃ特上大トロなどをいただきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/04 16:09
裕次郎が出迎える小樽駅
札沼線で札幌駅に出て、函館本線に乗り換えて小樽駅にやって来ました。 駅では石原裕次郎が出迎えてくれます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/04 14:30
石狩当別駅で連結作業
ここまで1両編成でしたが、札幌駅に近くなり、乗客が増えるということで、この駅で3両増結して4両編成になりました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/05/04 11:30
新十津川駅
札沼線(学園都市線)の終着駅、新十津川駅です。 なかなか風情のある無人駅です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/05/04 10:17
滝川駅で下車
スーパーカムイには30分しか乗っていませんが、滝川駅で下車します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/04 08:33
スーパーカムイで出発
おはようございます。 今日は特急スーパーカムイに乗り、旭川から札幌方面に向かいます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/05/04 08:00
増毛ノロッコ号で旭川に戻ります
帰りの増毛ノロッコ号がやってきたので、旭川に戻ります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/03 14:08
まつくら ジャンボ生ちらし
増毛の人気和食店「まつくら」の有名メニュー、ジャンボ生ちらし(3465円)です。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/05/03 13:55
国稀酒造醸造元
日本最北の酒造、国稀(くにまれ)酒造醸造元です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/03 13:08
増毛小学校
北海道内最大最古の現役木造校舎の増毛小学校です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/03 12:45
増毛厳島神社
文化年間(1808〜1818)に安芸の厳島神社から分霊をうけた厳島神社です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/03 12:25
旧商家丸一本間家
明治の始め、ニシン漁でにぎわう増毛で豪商と呼ばれるまでになった本間泰蔵の家屋・社屋が修繕・復元され、一般公開されています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/03 12:20
風待食堂
「風待食堂」の看板を掲げていますが、観光案内所として利用されている雑貨店の多田商店です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/03 12:08
増毛駅に到着
増毛ノロッコ号が終点の増毛駅に到着しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/03 12:00
留萌駅で音楽を
増毛ノロッコ号は留萌駅に到着しました。 ここでは40分間停車して、海鮮バーベキューが始まります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2008/05/03 11:24
恵比島駅
増毛ノロッコ号は恵比島駅で10分間停車します。 この駅はNHK連続テレビ小説「すずらん」で、明日萌駅として登場しています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/03 10:16
増毛ノロッコ号で出発
おはようございます。 今日は増毛ノロッコ号で留萌、増毛訪問に行きたいと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/05/03 09:20
旭川 旭橋
石狩川に架かる旭橋です。 北海道の三大名橋のひとつです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2008/05/02 18:34
旭川駅に到着
特急列車オホーツク号を旭川駅で下車します。 今日は、ここ旭川に宿泊します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/02 17:25
遠軽駅の駅弁「遠軽名物 かにめし」
遠軽駅で購入した駅弁「遠軽名物 かにめし」(岡村べんとう屋・900円)です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/02 15:36
特急オホーツク号
網走駅まで戻ってきました。ここから札幌駅行きの特急列車、オホーツク号に乗ります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/05/02 13:29
北浜駅
もう有名なロケ地と言っても良いくらいの北浜駅です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/02 12:07
原生花園駅
かわいい駅舎の原生花園駅に到着しました。 目の前には北海道遺産にも選定された小清水原生花園が広がっています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/05/02 11:46
浜小清水駅から原生花園駅まで歩いてみる
試験的営業運転によるDMV体験乗車後、網走方面行きの列車は1時間以上来ないので、隣の原生花園駅まで約4km弱を歩くことにします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/02 11:00
DMVで藻琴湖や濤沸湖を廻って浜小清水駅
点検後のDMVは道路走行モードで浜小清水駅のガイドウェイに進入、レール走行モードへ切り替え後、運転手を鉄道運転手に交代し、釧網線を藻琴駅まで進みます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/02 10:31
DMV、まずは浜小清水駅に到着
DMVは網走駅前から約30分間、道路を走って浜小清水駅に到着しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/02 09:19
DMVで出発
おはようございます。 今日の旅は網走駅前からDMVで出発です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/02 08:16
網走駅に到着
お多福食堂の蝦夷鹿ラーメンに舌鼓を打った後、バスで駅に戻り、川湯温泉駅から列車に乗って網走駅に到着しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/05/01 17:30
お多福食堂 蝦夷鹿ラーメン
ちょっと小腹が空いたので川湯温泉街の知る人ぞ知る名店、お多福食堂で1日20食限定の蝦夷鹿ラーメンをいただきます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/01 15:15
川湯温泉街のあし湯
摩周駅から川湯温泉駅へ行き、バスで川湯温泉にやってきました。さっそく、足湯に浸かります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/01 14:30
摩周駅 ぽっぽゆ
摩周駅に併設された足湯温泉です。次の列車まで少々時間があるので、足湯に浸かることにします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/01 12:53
ぽっぽ亭 摩周の豚丼
摩周駅前にある、ぽっぽ亭の「摩周の豚丼」(1050円)です。摩周駅の駅弁を調製しているお店の人気商品です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/01 12:00
摩周駅の駅弁
摩周駅の売店兼摩周湖観光協会で販売されている駅弁、「摩周の牛丼」「摩周の豚丼」「摩周のラム丼」です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/01 11:27
摩周湖
摩周湖に到着しました。 今日は天気も良く、霧も出ていませんでした。普段の行いが良いからでしょうか? ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/01 11:10
摩周駅で下車
快速しれとこ号から釧路湿原を眺め、その後草原がずっと広がる北海道らしい車窓を楽しんだ後、摩周駅で下車します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/05/01 10:25
快速しれとこ号で出発
おはようございます。 今日は釧路駅から快速しれとこ号で網走方面へ出発です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/05/01 09:05
厚岸駅の駅弁「かきめし」
厚岸駅の売店で少し遅い昼食用に購入した駅弁「かきめし」(氏家待合所・950円)です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/30 14:00
釧路へ
日本最東端の郵便局、珸瑶瑁郵便局まで歩いてきた所で、日本最東端のアレコレ探しは時間切れです。 ちょうど良いタイミングでバスがやってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/30 12:25
日本最東端のあれこれ
納沙布岬は日本最東端の岬ですが、その岬へ行く途中に「日本最東端の店」という看板を出している鈴木食堂がありました。このキャッチコピーは面白い!ということで、納沙布岬の周辺で日本最東端のものを探してみました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/04/30 11:43
平和の塔
高さ約100mの平和の塔に登って、納沙布岬や北方領土を眺めます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/30 10:03
四島のかけはし
納沙布岬周辺を散策しています。世界平和と北方領土返還を祈念するために作られた大きなシンボル像の「四島のかけはし」です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/30 09:10
納沙布岬
バスに揺られること35分、終点の納沙布岬に到着しました。ここから歩いてすぐの所に納沙布岬灯台があり、そこが日本最東端の岬です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/30 08:45
さらに東へ
おはようございます。 いま、根室駅前バスターミナルに来ています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/30 07:55
あの店に表敬訪問
根室まで来たからには、さいとう商店に立ち寄らないわけにはいきません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/29 17:15
根室駅に到着
花咲線という愛称を持つ根室本線の終着駅である根室駅に到着しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/29 16:21
日本最東端の駅に到着
根室本線(花咲線)の終着駅である根室駅のひとつ手前の駅、東根室駅で下車しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/29 15:46
東の果てへ
釧路湿原を見物した後、また釧路駅に戻り、今度は1両編成の列車に乗り換えです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/29 14:00
釧路駅の駅弁「たらば寿し」
釧路駅の売店で昼食用に購入した駅弁「たらば寿し」(釧祥館・1380円)です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/04/29 12:07
釧路川と釧路湿原
屈斜路湖を水源とする釧路川は、釧路湿原で何度もU字形にターンするほど蛇行していました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/29 11:40
くしろ湿原ノロッコ号
今日は釧路駅から、くしろ湿原ノロッコ号に乗って、釧路湿原を見物です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/04/29 10:37
釧路 幣舞橋
釧路川にかかる幣舞橋(ぬさまいばし)は、なんとなくヨーロッパにある橋のような印象を受けました。 さすが北海道の三名橋のひとつです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/28 18:41
釧路名物、勝手丼を食べる
釧路に来たからには和商市場で勝手丼を食べなくちゃ! ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/04/28 17:15
釧路よ、よろしく
札幌駅から特急列車で4時間弱、釧路駅に到着しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/28 15:42
札幌駅の駅弁「DMV Trip Box 」
札幌駅で昼食用に購入した駅弁「DMV Trip Box」(札幌駅立売商会・980円)です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/04/28 15:38
札幌駅に到着
寝台特急「北斗星」は予定通り、札幌駅に到着しました。 予定と違っていたのは天気だけです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/28 12:47
函館駅に到着
寝台特急「北斗星」で函館駅に到着。ここでまた北斗星は機関車を付け替え、進行方向が逆になります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2008/04/28 07:41
いよいよ本州脱出
寝台特急「北斗星」は青森駅付近で機関車を付け替え、いよいよ本州を脱出です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/04/28 05:04
北斗星乗車記念
すっかり浮かれ気分で特急寝台「北斗星」の乗車記念プレートを車内で購入。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/04/27 23:17
北斗星懐石御膳
せっかく寝台特急「北斗星」に乗るんだから、ディナーは食堂車で和食の北斗星懐石御膳をいただきます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 3 / トラックバック 1 / コメント 3

2008/04/27 21:52
久しぶりに更新
ブログの更新がすっかりご無沙汰になっていたDo-Yoです。 数少ない読者の皆さん、すみません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/04/27 19:57
吉野山の桜は…
桜で有名な吉野山、しかも今日から4月27日まで桜まつりが開催されるというので、期待してやってきたのですが… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/03/29 12:45
金峯山寺 仁王門
さらに進むと巨大な仁王門が目の前に現われます。金峯山寺の仁王門です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/29 11:46
吉野山 黒門、銅の鳥居
ロープウェイで上がった吉野山駅から少し歩くと、黒門が見えてきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/29 11:33
吉野口駅、吉野駅、そして吉野山へ
王寺駅から和歌山線で吉野口駅に行き、近鉄線に乗り換えて吉野駅に到着。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/03/29 11:29
王寺駅から和歌山線に
久宝寺駅から大和路線で王寺駅に移動、ここから和歌山線に乗り換えます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/29 09:50
おおさか東線
3月15日に開通した、おおさか東線を放出駅から久宝寺駅まで乗車します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/29 09:37
読める?放出駅
大阪環状線で京橋駅に行き、学研都市線に乗り換え、放出駅に到着。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/03/29 09:10
大阪駅で環状線へ
ムーンライトながら91号の終点・大垣駅から米原駅へ行き、新快速に乗り換え、一気に大阪駅に到着です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/29 08:16
今日は臨時で行こう!
また恒例の週末旅に出ます。でも今日はムーンライトながら号には乗りません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/03/29 00:07
そして名古屋駅から
今週もムーンライトながら号で帰宅です。ただし、大垣駅ではなく、名古屋駅から乗車します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/22 23:50
宮本武蔵駅
宮本武蔵の生誕の地の駅だからという理由は分かるが、有名人の名前をそのまま駅名にしたのはすごい。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/22 14:12
津山駅、佐用駅で乗り換え
亀甲駅を後にして、津山線の終点・津山駅まで行き、姫新線に乗り換えます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/22 13:34
亀甲駅
津山線の亀甲駅(かめのこうえき)です。見ての通り、駅舎が亀になっています。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/03/22 11:22
ちょっと変わった駅に立ち寄りながら
岡山に宿泊した後、今日は、ぜひ立ち寄りたいと思っていた少々変わった駅に立ち寄りながら、帰宅します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/22 10:47
直島から出発
今回は下見感覚で、直島の魅力の本当に一部だけを体験しました。また岡山に戻ります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/21 16:40
色々なアート
...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/21 16:00
地中美術館
まずは安藤忠雄が設計した地中美術館を見学です。チケットセンターで見学の注意事項の説明を聞き、チケットを購入します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/21 13:35
直島
宇野港から船に乗り、アートの島・直島(なおしま)に到着しました。港では有名な赤かぼちゃが出迎えてくれました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/21 12:58
宇野駅から船に
宇野線の終着駅・宇野駅に到着しました。いまから20年前、瀬戸大橋が完成するまでは四国への宇高連絡船の乗り換えで賑わった駅です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/21 11:47
茶屋町駅前の鬼
今朝は岡山の南、茶屋町駅前からスタートです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/03/21 11:11
総社駅から吉備線
備中松山城を見学した後、帰りは下りだから歩こう!ということで1時間ちょっと歩いて備中高梁駅に戻り、列車で総社駅まで戻って来ました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/20 16:55
備中松山城
現存する山城としては日本で一番高い所にある備中松山城に到着です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/03/20 15:10
さすがは、晴れの国・岡山
神戸を過ぎた辺りで小雨になった天気は、晴れの国の呼び名を持つ岡山に着いた時には、雨も止み、雲の間から日が射す天気になっていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/20 13:49
雨中、西へ
ムーンライトながら号の終点・大垣駅から米原駅に行き、いつもの要領で新快速に乗り換えて西に向かって移動中。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/03/20 10:17
ネタ切れ
品川駅の11番ホームで、こんなポスターを見ながら、今回はどこへ行こうか?と思案。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/19 23:18
さよなら京都
一日中楽しかった京都の思い出を胸に、京都駅から帰宅します! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/15 23:18
夜の清水寺
京都・東山花灯路 2008見物の締めくくりは、やはりライトアップされた夜の清水寺です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/15 20:15
京都・東山花灯路 2008
太陽も沈み、辺りも暗くなり始めたので東山へ移動し、昨日から開催された「京都・東山花灯路 2008」を見物します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/15 19:00
一乗寺下り松
くらま温泉ですっかりリフレッシュした後、鞍馬駅に戻り、叡山電車に乗って一乗寺駅まで行きます。そして宮本武蔵と吉岡道場一門の決闘が行われた一乗寺下り松(いちじょうじさがりまつ)を見物します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/15 16:30
くらま温泉
鞍馬寺の本殿金堂を後にして、今度はくらま温泉で美味しい料理と露天風呂を堪能です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/15 15:20
鞍馬寺 本殿金堂
由岐神社から九十九折参道(つづらおりさんどう)という山道を上がった所に鞍馬寺の本殿金堂(ほんでんこんどう)があります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/15 12:10
由岐神社
鞍馬山の仁王門から山道を267m上っていった所に、鞍馬寺の鎮守杜である由岐神社(ゆきじんしゃ)の拝殿があります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/15 11:16
鞍馬寺 仁王門
鞍馬駅の駅前から道なりに歩いて1分、鞍馬寺の入り口があります。鞍馬寺と彫られた大きな石碑が目印です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/15 11:00
鞍馬駅で天狗に遭遇
叡山電車にコトコト揺られて約30分、鞍馬線の終着駅・鞍馬駅に到着です。これで叡山電車全線乗車。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/15 10:50
叡山電車に乗りまくる
京都駅からバスで鴨川沿いを北上して、出町柳駅に到着。ここから叡山電車に乗ります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/15 10:13
寝過ごした
京都駅に到着。京都タワーがお出迎え。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/03/15 09:06
いつもと違う
大垣駅でムーンライトながら号から乗り換え米原駅に到着。いつものように新快速へ乗り換えようとしたのだが… ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/15 08:17
今週もムーンライトながら号で
最終運行の急行寝台「銀河」号を見送った後、今週もムーンライトながら号に乗車しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/15 07:24
岡山城
後楽園の散策を堪能した後は、旭川を挟んだお隣に黒くそびえ建つ岡山城を見学します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/03/08 17:36
後楽園 梅林
お庭そだち弁当を食べて、お腹も一杯になったので、後楽園の南側にある梅林などを散策します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/08 15:17
後楽園 お庭そだち弁当
お腹が空いてきたので、後楽園の中でしか購入できない、後楽園オリジナルのお弁当・お庭そだち弁当をいただきます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/03/08 15:00
後楽園 八橋
八枚の細い板がジグザグに組み合わさって曲水にかかる橋になっています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/08 13:55
後楽園 沢の池と唯心山
園内で一番大きな池、沢の池(さわのいけ)とそれを見渡せる築山の唯心山(ゆいしんざん)です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/08 13:45
後楽園 栄唱橋と大立石
夏に「一天四海(通称・大名蓮)」と呼ばれる白いハスが見頃になる花葉の池(かようのいけ)に架かる栄唱橋と大立石です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/08 13:27
後楽園 曲水
後楽園の園内を優雅なカーブを描き流れる水路が曲水(きょくすい)です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/08 13:15
後楽園 延養亭
昔、藩主が後楽園を訪れた時に使われていた延養亭(えんようてい)です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/08 13:12
岡山後楽園
今週も日本三名園の一つ、岡山後楽園にやって来ました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/08 13:00
桃太郎が出迎える岡山駅
新快速で一気に米原駅から姫路駅まで移動した後、乗り継ぎの悪さに辟易しながら、桃太郎が出迎える岡山駅に到着です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/08 12:39
いつも通り
大垣駅までムーンライトながら号で行き、慌ただしい乗り換えの後、関ケ原近辺の風景を眺めながら米原駅に到着。そして新快速に乗り換える。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/08 08:22
静岡駅で気分転換
うとうとしながらも、いまいち寝られずに時間を過ごしているうちに静岡駅に到着。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/08 03:04
今週もムーンライトながら号で
先週に引き続き、今週もムーンライトながら号に乗って西に向かって出発です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/08 01:55
帰りもムーンライト
ムーンライトはムーンライトでも、新潟駅と新宿駅を結ぶムーンライトえちご号です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/01 23:30
一気に北上!
今回は金沢に宿泊せず、兼六園見学だけで帰宅します。バスで金沢駅に戻った後、一気に日本海沿いを北上します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/01 23:11
兼六園 噴水
兼六園の中にある、日本に現存する一番古い噴水です。3m位の高さまで噴き上がっています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/01 15:05
兼六園 時雨亭
兼六園のお休み所、時雨亭(しぐれてい)で名園を眺めながら抹茶をいただきます。なかなか良い雰囲気です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/01 14:45
兼六園 金城霊沢
兼六園の外れにある金城霊沢(きんじょうれいたく)は、金沢の地名の由来となった湧き水です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/01 14:02
兼六園 徽軫灯篭と虹橋
兼六園の人気撮影スポットといえば徽軫灯篭(ことじとうろう)と虹橋です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/01 13:52
兼六園
金沢の代表的観光地、そして日本三名園のひとつ、兼六園にやって来ました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/01 13:35
駅弁食べて、金沢到着
福井鉄道の福井駅前から福井駅へ行き、駅弁を買い、またJRに乗って旅を続けます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/03/01 13:07
福鉄電車で福井駅前へ
武生駅で下車した後、福井鉄道の武生新駅まで歩き、福井鉄道・福武線に乗って福井駅前にやって来ました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/01 10:52
敦賀から北へ
左手に琵琶湖の雪景色を眺めているうちに敦賀駅に到着。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/01 09:27
雪に誘われ北へ
車窓を流れる、雪が残る関ケ原の風景を眺めながら米原駅に到着。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/01 08:29
大垣駅での乗り換え
これといったトラブルも無く、ムーンライトながら号は定刻通りに大垣駅に到着。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/03/01 07:23
旅シーズン開始!
いよいよ春の「青春18きっぷ」シーズン開始です。利用可能期間は3月1日から4月10日まで、有効に使わなくちゃ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/29 23:41
水戸駅で春一番にやられる
水戸中央郵便局を出て、また大通りを歩いて行くとJR水戸駅が見えてきました。ここから常磐線に乗り、帰宅します!と、なるはずだったのですが・・・・ ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/23 22:32
水戸中央郵便局で記念スタンプ
水戸芸術館で久しぶりに芸術に触れた後、大通りをてくてく歩いて水戸中央郵便局にやってきました。ここで偕楽園の風景が描かれたふるさと切手が貼られた、水戸の梅まつり 来園記念の台紙に風景印などを押印してもらいます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/23 17:00
宮島達男 Art in You
残念ながら塔には上れませんでしたが、もうひとつの目的、水戸芸術館現代美術ギャラリーで開催中の「宮島達男 Art in You」を見物します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/23 16:40
水戸芸術館
山翠でお腹が一杯になったので、すぐそばの水戸芸術館にお邪魔します。ここには水戸市市制百周年を記念して建てられた、高さは100mの塔があります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/23 15:50
山翠 あんこう鍋
関東の河豚(ふぐ)と呼ばれる「あんこう」は10月から4月の冬の時期に茨城県沿岸で数多く水揚げされます。そこで、元祖あんこう鍋の店として有名な「山翠」にやってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/23 15:40
梅ソフトクリーム
偕楽園のめぼしい場所を見ながら、園内をひとまわりして東門に戻ってきたので、ここからは花より団子モードです。 さっそく東門前売店の梅ソフトクリームをいただきます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/23 13:00
偕楽園 好文亭
偕楽園の代表的建造物、木造2層3階建ての好文亭(こうぶんてい)と奥御殿を見学します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/23 12:50
偕楽園 子規の句碑
偕楽園の吐玉泉からブラブラと歩き、南門を越えた南崖斜面に明治の俳人・正岡子規の句碑が建っていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/23 12:19
偕楽園 吐玉泉
孟宗竹林のはずれのところに、滾々(こんこん)と水が湧き出ている吐玉泉(とぎょくせん)があります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/23 12:03
偕楽園 孟宗竹林と大杉森
偕楽園には梅の花以外にも二季咲桜、つつじ、宮城野萩という花木も植えられていて四季折々の風景を楽しめる庭園ですが、今回は表門の近くにある大杉森と孟宗竹林の中を散歩します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/23 11:47
偕楽園 梅林
江戸時代、藩士も領民も偕(とも)に楽しめ庭園という意味で名付けられ、造園された偕楽園で梅の花を楽しみます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/23 11:15
偕楽園臨時駅
今日は近場を旅します。上野駅から常磐線に乗り、やってきたのは偕楽園臨時駅です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/02/23 10:56
日本の市役所前駅を完全収録
日本の鉄道で一番数の多い駅名は「市役所前駅」で全部で10駅あります。いままで色々と旅の記録をブログに書いてきましたが、ようやく全ての市役所前駅がブログに登場したので、ちょっとまとめてみました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 3

2008/02/02 12:24
千葉市の市役所前駅
千葉駅から千葉都市モノレールに乗って一駅、千葉市の市役所前駅にやってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2008/01/14 09:00
帰宅前に千葉に寄り道
寝台急行「銀河」で東京駅に到着後、帰宅する前にちょっと千葉に寄り道します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/14 08:30
最後は寝台急行「銀河」
尾道駅から約4時間かけて大阪駅到着。ここで最後の乗り越えです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/13 22:22
チャイダー飲んで、さようなら
尾道名物!不思議な味のチャイダーを飲んで、尾道にさようなら。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/01/13 16:30
千光寺新道
志賀直哉の小説「暗夜行路」にも登場し、志賀直哉旧居のそばを通る石畳の坂道です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/13 16:00
志賀直哉旧居
千光寺山を下る途中、志賀直哉旧居に立ち寄ると、たくさんの猫が陽なたぼっこしてました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/01/13 15:49
千光寺公園展望台
さくら名所100選にも選ばれた千光寺公園の一画、標高136.9mの千光寺山の山頂にある展望台です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/13 14:42
大きな公衆電話ボックス
尾道水道の海岸線の通りを歩いていくと、大きな公衆電話ボックスを発見。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/13 13:33
フレンド 宇宙一おいしいラーメン
「宇宙一おいしいラーメン」という看板を掲げたラーメン屋を発見。今日の昼食は、ココに決定! ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2008/01/13 13:21
西國寺 金堂
西國寺の仁王門を抜け、長い石段を登っていくと国の重要文化財の金堂が現れます。 なんだか金堂は絵になる格好良さがあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/13 12:48
西國寺 仁王門
健脚祈願で有名な真言宗の寺、西國寺の仁王門です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/13 12:42
御袖天満宮の石段
尾美としのり・小林聡美主演の映画「転校生」で主人公たちが転がり落ちたシーンを撮影した石段です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/13 11:21
艮神社
樹齢約900年の巨大な楠がある艮神社(うしとらじんじゃ)です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/13 11:08
駅前渡船
尾道駅前にある駅前渡船です。ちょっと変わった屋根の船が面白いです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/13 10:48
尾道ラーメン たに
駅前に戻り、もう1軒、有名なお店で尾道ラーメンをいただきます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/12 17:26
朱華園 中華そば
歩き回って、ちょっとお腹が空きました。さっそく尾道ラーメンをいただきます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/12 16:00
おのみち歴史博物館
大正時代の尾道銀行本店を改装した「おのみち歴史博物館」です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/12 15:13
おのみち映画資料館
尾道ゆかりの映画作品の資料などが展示されている「おのみち映画資料館」です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/12 14:53
浄土寺 多宝塔
尾道の浄土寺の多宝塔です。こちらも鎌倉時代に作られた、しかも国宝です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/01/12 14:30
浄土寺 山門
尾道の浄土寺の山門です。鎌倉時代に作られた重要文化財です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/12 14:27
尾道駅に到着
岡山駅から西に向かい、尾道駅に到着。雨もすっかりあがったので尾道を散策します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/12 13:55
岡山駅に到着
姫路駅から相生駅で乗り換え、ようやく岡山駅に到着。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/01/12 12:42
姫路駅で一休み
米原駅から新快速で一気に姫路駅に来たものの、乗り継ぎの都合で一休み。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/12 10:32
新快速に乗り換え
いつものように米原駅で新快速に乗り越えます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/12 07:55
よいわ大垣
東京駅から410キロ離れた大垣駅に到着。駅にはこんな案内板が有りました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2008/01/12 07:21
豊橋で停車中
雨で遅れるかと思ったが、順調にムーンライトながら号は豊橋駅に到着です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2008/01/12 04:53
リハビリ旅
ムーンライトながら号に品川駅から乗車します。今年の初ムーンライトながら号乗車です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2008/01/11 23:33
放生園
1737年(元文2年)に松山藩主により作られた放生池を昭和48年に埋め立てて作った放生園は、園内に足湯、坊っちゃんカラクリ時計、句碑、湯釜などがあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/10 17:17
子規堂
伊予鉄道本社の前から中の川通りの交差点を渡り、伊予鉄横河原線の踏切を越えてすぐの所に、松山出身の正岡子規にちなんだ子規堂があります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/10 15:30
伊予鉄道本社前
伊丹十三記念館を後にして、バスで松山市駅に到着。ちょっと歩いて伊予鉄道本社の前に行くと、坊っちゃん列車の1号機関車が展示されています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/10 15:00
伊丹十三記念館
砥部町から松山市駅行きのバスに乗り、天山橋バス停で下車。やってきたのは多彩な才能を持った映画監督の記念館、伊丹十三記念館です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/10 13:10
11ウオーク完了!
陶街道五十三次の43番から53番の11ヶ所をすべて巡ってスタンプを押しました。11(イレブン)ウオーク完了です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/10 12:31
砥部焼伝統産業会館
陶街道五十三次の最後のポイントは、砥部焼伝統産業会館です。砥部焼の歴史や技術、代表的な作品などが学べる砥部焼の観光・振興の拠点ともいえるミュージアムです。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/12/10 12:30
陶街道 五十三次
東海道五十三次をもじった陶街道五十三次という名前で、砥部焼きの里、砥部町に点在する自然・歴史・文化、砥部焼に関わる53ヶ所を回るスタンプラリーが開催されています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/10 12:20
砥部へ
今日は松山からバスで40分、松山市の南に位置し、砥部焼きで有名な伊予郡砥部町に出かけます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/10 08:51
味倉 南予風鯛めし
道後温泉駅のそば、道後商店街のハイカラ通りに入ってすぐの「味倉」で南予風鯛めしをいただきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/09 18:04
松山城
正岡子規が「松山や 秋より高き 天守閣」と句を詠んだ、松山のシンボル、四国最大の城の松山城です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/09 16:51
四国観光検定を受検
松山大学の会場で「四国観光検定」を受験しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/12/09 15:30
松山大学 温山会館
晩年、私立北予中学校(現・松山北高等学校)の校長を務めた秋山好古とならび、松山の教育界に貢献した実業家・新田長次郎を記念して建設された温山会館です。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/12/09 12:15
道後温泉本館
またまたやって来ました道後温泉本館。国の重要文化財にも選ばれた温泉施設の風情を味わいたくて、松山に行った時は必ず立ち寄る温泉です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/08 19:06
たまには飛行機
午前中に雑用を片づけ、羽田空港第2ターミナルにやってきました。もう半月もするとクリスマスということで、出発ロビーには色々なクリスマスツリーが飾られています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/12/08 15:51
なのはな号で館山から帰宅
また路線バスに乗って館山駅に行き、車体にツバメマークが描かれたJRバスなのはな号で東京駅に戻ります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/23 19:15
オリオン座
野島崎灯台を登った後は、映画の見られない映画館オリオン座に寄り道です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/23 15:33
房総半島最南端の地、野島崎灯台
安房白浜のバス停からのんびり歩いて15分、房総半島最南端の地に到着です。すぐそばにある野島崎灯台にも登っちゃいます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/23 14:38
潮風王国
海ほたるを出発したバス、なのはな号は木更津から内房を南下し、館山駅前から一旦進路を東にとり、千倉駅前を抜け外房の海岸線を南下しながら潮風王国に到着しました。ここで途中下車します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/23 13:23
あさりまん
海ほたるでの休憩中に、ほっかほっかの出来立ての海ほたる名物「あさりまん」をいただきます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/23 10:07
たまにはバスの旅
いつもは鉄道中心の旅ですが、今日はバスで日帰り旅。東京駅八重洲口から、なのはな号で出発です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/23 10:05
秋田駅の駅弁ランキングを確認して帰宅
秋田駅に戻り、売店を見ると駅弁の売れ筋ランキングが貼られていたのでチェック! ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 2 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/11/12 12:58
あきた県産品プラザで、よみがえる秋田八丈を
秋田総合生活文化会館・美術館のアトリオンの地下1階にある、あきた県産品プラザで「よみがえる秋田八丈展」を見物しました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/11/12 11:40
秋田の台所!秋田市民市場
男鹿温泉郷でノンビリ週末を過ごした後、秋田市内へ移動。今日は天気が悪いので秋田観光を諦め、朝市見物感覚で秋田市民市場へやってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/12 10:40
ナマハゲ伝導士認定試験
今日はナマハゲ伝導士認定試験を受験します。ナマハゲを知るための研修会と講義を含んだ1日かけての試験です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/11 19:18
ナマハゲふれあい太鼓ライブ
男鹿温泉郷で毎週末に開催されているナマハゲふれあい太鼓ライブを見に男鹿温泉交流会館の「五風」へやってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/10 21:45
なまはげ湯と海の幸
さっそく、なまはげ湯と呼ばれる温泉を堪能です。ここでもナマハゲのお面が出迎えてくれます。源泉かけ流しの温泉は湯の花が豊富で、肌を包むような湯ざわりの温泉でした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/10 18:07
男鹿温泉郷
巨大なナマハゲ像が出迎える男鹿温泉郷に到着です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/10 14:26
入道崎
男鹿半島の最北端、北緯40度線のモニュメントや日本の灯台50選に選ばれた入道灯台と、見所満載の入道崎です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/10 14:05
八望台
日本海が一望できる八望台にやってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/11/10 12:47
なまはげ館
なまはげ館には60体のナマハゲ像が展示されています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/10 12:30
男鹿真山伝承館
男鹿真山伝承館でナマハゲ行事を体験しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/10 11:55
だまこもち
今度は出店で、だまこもちを注文。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/10 10:15
ハタハタ缶詰
次はハタハタ缶詰を試食です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/11/10 10:05
ハタハタたんぽ
ハタハタたんぽを1本、試食です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/10 09:15
第5回なまはげ ふるさと じまん市
男鹿市民文化会館で開催されている「第5回なまはげ ふるさと じまん市」を見物します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/10 08:55
男鹿駅に到着
男鹿線の終着駅、男鹿駅に到着。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/10 08:09
ナマハゲ列車?!
乗り越える普通列車の車体には、ナマハゲが描かれていました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/10 07:06
秋田駅で乗り換え
寝台特急あけぼの号で、立佞武多(たちねぶた)の頭とナマハゲのお面が出迎える秋田駅に到着。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/10 06:46
あけぼの入線
寝台特急あけぼの号がホームに入って来ました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/11/09 21:45
今回は上野駅から
今回の旅は上野駅からスタートです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/09 21:15
グランスタでお弁当
先日、東京駅の地下にオープンした、グランスタにやってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/11/09 20:37
伊勢おおまつり
伊勢神宮の三節祭のひとつ、10月の神嘗祭に合わせて土曜・日曜日に開催される、伊勢おおまつりを見物します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/13 21:16
まめや 伊勢うどん
伊勢市駅に戻り、今日の夕食は「まめや」の伊勢うどんに決定。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/13 19:17
二見興玉神社 夫婦岩
周遊バスに乗り、伊勢市二見町の夫婦岩を見にやって来ました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/10/13 16:23
ニャンまげ
マゲを結った、かわいい招きネコのニャンまげを発見。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/13 16:12
安土城
織田信長が建てた安土城です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 37 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/10/13 14:35
伊勢・安土桃山文化村
内宮をお参りした後、周遊バスで伊勢・安土桃山文化村にやって来ました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/13 14:12
皇大神宮 正宮
伊勢神宮の内宮と呼ばれる皇大神宮は天照大御神が祀られています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/13 13:36
宇治橋
おはらい町を出て、総ヒノキ造りの宇治橋で五十鈴川を渡り、伊勢神宮内宮に向かいます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/13 13:10
豚捨 コロッケ
食後のデザートは、明治42年に創業の和牛専門店「豚捨」のコロッケ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/13 12:33
すし久 てこね寿司膳
手でこねる寿司だから「てこね寿司」。 有名店「すし久」でいただきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/13 12:00
赤福ショック!
赤福本店にこんな貼り紙が… ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2007/10/13 11:45
赤福本店
伊勢で一番人気のお土産、赤福餅の本店、赤福本店です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/13 11:35
おかげ横丁とおはらい町で食べる
時刻もちょうど良いので、伊勢神宮内宮の入り口に位置する、おはらい町とおかげ横丁で食べ歩きます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/13 10:54
周遊バスで出発
周遊バスで約5キロ離れた内宮へ移動します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/13 10:36
豊受大神宮 多賀宮
豊受大神宮の小高い山の頂きにある多賀宮。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/13 10:15
豊受大神宮 亀石
豊受大神宮の多賀宮へつながる道にかかる石の橋。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/13 10:10
豊受大神宮 正宮
伊勢神宮の外宮と呼ばれる豊受大神宮は、天照大御神の食事を司る神様をまつっています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/13 10:06
伊勢市駅に到着、お伊勢参りへ
津駅の後、松阪駅、多気駅と通過して、伊勢市駅に到着しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/13 09:18
何となく「?」に見える?!
日本一短い名前の駅・津駅で停車中。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/10/13 08:07
2分で乗り換え
亀山駅に到着。2分間の乗り換え時間で跨線橋を渡り、1番線から5番線へ移動です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/13 07:49
今日は名古屋で
いつもならムーンライトながら号の終点・大垣駅まで行き、米原へと乗り継ぐのですが、今日は名古屋駅でムーンライトながら号を降ります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/13 06:30
さらに順調に
豊橋駅に到着。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/13 04:58
そして定刻通り
静岡駅で約20分間の停車中です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/13 02:08
今週も乗る
今週も金曜日の夜に品川駅11番ホームにやって来ました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/10/12 23:44
東京駅に到着
定刻通りに東京駅へ到着しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/10/08 05:07
帰りもムーンライトながら号
やっとムーンライトながら号で東京に向け出発です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/07 23:19
時間潰しに美濃赤坂駅を往復
大垣駅にちょっと早く着いてしまったが、待合室は満員だったので、ちょうどタイミングが良かった美濃赤坂駅行きに乗り、往復で20分弱の時間潰し。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/07 22:50
そして大垣駅
米原駅から約30分の大垣駅で下車。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/07 22:24
夜の米原駅
京都で夕食を食べ、お土産を買い、東海道線の上り列車に乗車。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/07 21:54
京都到着
京都駅に到着。 この時間帯の京都タワーは、まるで巨大なロウソクのようで良い雰囲気だなぁ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/07 17:59
園部駅で乗り継ぎ
園部駅で向かいホームの列車に乗り継ぎます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/10/07 16:39
胡麻駅の列車
ホームに花壇があったので、特急列車の通過待ちの間に撮影。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/10/07 16:21
胡麻駅で待ち合わせ
胡麻駅で、反対方向から来る列車の待ち合わせと特急列車の追い抜き待ちで、約10分間の停車。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/07 16:07
福知山駅で乗り継ぎ
日曜日だというのに、部活帰りの学生たちが結構乗っていた列車は福知山駅に到着。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/07 15:22
豊岡駅
出石からバスで豊岡駅に到着。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/07 14:05
そばジェラート
食後のデザートに、そばジェラート。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/07 13:00
左京 出石手打ち皿そば
挽きたて、打ちたて、茹がきたての三たてが信条の出石の皿そば。今日は名店「左京」でいただきました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/10/07 12:54
辰鼓楼
出石の名所。江戸時代に藩士が登城する辰の刻(午前8時)を知らせる太鼓を打ち鳴らしていた建物です。 だから辰鼓楼(しんころう)と名付けられています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/07 12:40
出石観光
但馬の小京都、出石へやってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/07 11:50
はばタン
ひよこのような謎のトリ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/07 11:19
コウノトリの郷公園
コウノトリの野生復帰事業で2年前から試験放鳥されたコウノトリが見られる公園。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/07 11:10
玄武洞
駅前からバスで天然記念物の玄武洞へやって来ました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/07 10:02
下駄奉納
城崎温泉では毎年、古下駄を供養し、新下駄を奉納することで、温泉客の健康を祈念しているそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/07 09:07
カニ
さぁ城崎温泉を出発!と駅前に歩いていた時に見かけた看板。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/07 08:50
城崎温泉で癒されて
城崎の町を流れる大谿川(おおたにかわ)沿いに形成された歴史ある温泉街。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/10/07 00:53
すけ六特製かにちらし
城崎温泉外湯めぐりも7つある温泉のうち、3つでギブアップ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/10/06 18:26
一の湯
由来は、天下一の湯です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/06 17:41
つたや
レンタルショップではありません。外湯でもありません。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/06 17:08
まんだら湯
次は、まんだら湯です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/06 16:34
鴻の湯
さっそく城崎温泉外湯めぐり開始です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/10/06 15:57
城崎温泉に到着
播但線から山陰線へ乗り入れ、城崎温泉駅に到着です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/06 15:20
特急はまかぜ号
姫路城を見物した後、ちょっと奮発して特急列車はまかぜ号に乗ります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/06 14:51
忍者、発見!
くせ者じゃ!出会え、出会え! ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/10/06 13:19
姫路城 天守閣からの眺め
姫路城天守閣から駅などがある南側の景色を撮影。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/10/06 12:37
姫路城 天守閣
さすが国宝というべきか、姫路城の天守閣は良い雰囲気を持ってます。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 24 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/10/06 12:01
姫路城
バスに乗ったのがもったいないくらい、あっという間に姫路城に到着です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/06 11:51
城周辺観光ループバス
姫路駅からは、城周辺観光ループバスで、国宝そして世界遺産の姫路城に向かいます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/06 11:07
気が付けば姫路
京都も大阪も神戸も通り過ぎ、姫路駅に到着。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/06 10:57
米原駅の駅弁「近江の味」
今日の朝御飯は米原駅で売っている井筒屋の駅弁「近江の味」です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/06 09:26
関ケ原駅を通過
ムーンライトながら号の終点、大垣駅から米原駅方面へ移動中に関ケ原駅を通過。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/06 07:23
名古屋駅で切り離し
9両編成のムーンライトながら号は、名古屋駅で後ろの3両が切り離されるので、車内はにわかに混雑します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/10/06 06:18
久しぶりに順調
定刻通り静岡駅に到着。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/10/06 02:14
ミステリーツアー?
10月から下期ということで、人事異動があり、今日は職場の歓送迎会。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2007/10/05 23:23
気分は奥の細道
松尾芭蕉の「奥の細道」では、仙台から多賀城を抜け塩釜に宿泊した芭蕉と弟子は早朝に塩釜神社(鹽竈神社)を拝観した後、正午には船に乗って松島に渡りました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/29 17:04
松島観光
遊覧船からカモメやウミネコの海鳥に餌を与えて戯れつつ、松島の絶景を鑑賞。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/29 16:00
船で松島へ
お腹が満ちたところで、塩釜の海岸に行き、遊覧船で松島海岸へ行きます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/29 15:30
鮨しらはた
本塩釜駅のそばの有名寿司屋の「鮨しらはた」で満腹になるほどお寿司を堪能。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/29 15:00
本塩釜駅に到着
マンガッタンライナーの車内アナウンスがロボコンじゃなくなったことにショックを受けながら、本塩釜駅に到着。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/29 13:24
マンガッタンライナー
車体にキレンジャーや仮面ライダーなどの石ノ森キャラクターが描かれたマンガッタンライナーに乗り越えます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/29 12:58
仙台駅に到着
さぁ仙石線に乗り換えだ。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/29 12:49
北へ
東京駅から北へ向かって出発! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/29 10:20
準備開始!
さっそく購入。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/28 20:25
秋の青春18きっぷ
一部の人には「秋の青春18きっぷ」と呼ばれる「鉄道の日記念・JR全線乗り放題きっぷ」の発売が発表になった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/13 22:31
品川駅に到着
オチも盛り上がりもなく、中途半端な感じで新幹線は品川駅に到着しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/10 00:03
最後にそうくるか
今回の旅は、さっきの記事で終わりのはずが…  なんと運転見合わせです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/09/09 21:43
さよなら琵琶湖
あれ、結局、琵琶湖のそばまで行って琵琶湖を見てないよ! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/09 19:49
台湾スイーツ 雪花氷
雪花氷と書いてシェーファーピンと呼ぶ、かき氷風の台湾生まれのスイーツです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/09 19:27
長濱オルゴール堂
オランダ製のストリートオルガンが実演され、高級なオルゴールからスヌーピーなどのキャラクターオルゴールまで色々なオルゴールを展示販売しているお店です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/09 17:07
海洋堂フィギュアミュージアム黒壁
食玩で一世を風靡した海洋堂のミュージアムです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/09 14:41
お前はもう死んでいる
こんな所に顔色の悪いケンシロウが… ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/09 14:25
一気に長浜へ
彦根から長浜へ移動。 天気はイマイチですが、お得なパスポートで長浜を楽しみます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/09 14:03
近江鉄道彦根駅
近江鉄道で彦根駅まで戻って来ました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/09/09 12:59
多賀や 糸切餅
ブルーとピンクのストライプがおしゃれ。多賀名物の美味しい生菓子です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/09/09 12:31
多賀大社 本殿
屋根が立派な本殿に参拝です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/09 12:17
寿命そば
長寿そばではなく、寿命そば。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/09/09 11:57
多賀大社
延命長寿、縁結びの神様。お多賀さんの愛称で地元の人に親しまれています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/09 11:05
多賀大社前駅
彦根駅から近江鉄道に乗り、到着。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/09 10:15
ティファニーで夕食を
近江八幡駅北口から歩いて3分もかからない所にあるティファニーという近江牛レストランのお店で、お腹いっぱい近江牛をいただきます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/09/08 18:55
近江八幡駅へ移動
お腹が空いたので、彦根駅から列車に乗って、近江八幡駅へやって来ました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/08 18:31
黒鳥を発見!
お城の堀に白鳥ならぬ黒鳥を見つけました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/08 15:26
埋木舎
井伊直弼が青春時代を探した家。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/08 14:59
玄宮園
彦根城の北東にある大名庭園。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/08 13:45
彦根城天守内の階段
急すぎ! 階段というよりはハシゴに近い! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/08 13:23
彦根城 天守
牛蒡積みの石垣の上に、唐破風を初めとする多様だが調和のとれた屋根を持つ三層三階の天守がそびえ立ちます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/08 12:51
彦根城 天秤櫓
写真では分かりにくいが左右対象の櫓。そこから天秤櫓と呼ばれたそうです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/08 12:06
ひこにゃん
彦根城のアイドル、ひこにゃんに会いました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/08 11:41
開国記念館
彦根城の入口付近にある博物館 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/08 11:21
彦根に到着
いつもなら米原駅で新快速に乗り換えるところですが、今日は1駅先の彦根駅で下車。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/08 08:07
大垣ダッシュ!
大垣駅の名物 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/09/08 07:19
名古屋駅では…
名古屋に到着。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/08 06:33
豊橋駅での長い停車
いま、ムーンライトながら号は豊橋駅で長い停車中です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/08 04:53
浜松駅で元通り
小田原駅で約30分遅れだったムーンライトながら号は、浜松駅で遅れを取り戻しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/08 03:41
小田原で足止め
小田原と言えば、小田原評定という、長びいてなかなか決まらない相談、打ち合せという言葉を生み出した土地です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/08 01:07
日付が変わり、次は小田原駅
下りのムーンライトながら号は、大船駅の次は小田原駅に停車します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/08 00:29
台風一過だ!旅に出よう。
久しぶりの台風らしい台風も去ったことだし、旅に出よう! ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/09/07 23:49
旅の代償
旅の帰り道、デジカメが動かなくなった。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/26 23:51
USJへ行こう パレード&パレード
夕方からは、シュレック・ベビー・バースデー・マーチとユニバーサル・ウォーター・パレードを見物です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/25 17:45
USJへ行こう ジョーズに大爆発
次はジョーズ、そしてWATER WORLDのショーを見物です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/25 14:45
USJへ行こう ハローキティが出迎える
ゲートを入るとキティとウッドペッカーが出迎えてくれました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/25 13:45
USJへ行こう ムーンライトで
ひょんなことからUSJのチケットが手に入ったので、USJへ行くことにしました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/25 09:45
旅のしめくくり
夏休みの旅のしめくくりは、呉から広島へ行く途中の夕焼けです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/17 19:56
大和ミュージアム
潜水艦の次は、1/10スケールの戦艦大和の模型が展示されている大和ミュージアムを見学です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/17 18:28
てつのくじら館
てつのくじら館の愛称を持ち、2007年4月に一般公開された海上自衛隊呉史料館へやってきました。実物の潜水艦の屋外展示が大迫力です ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/17 16:45
海色の歴史回廊 呉
広島駅から快速・安芸路ライナーで約30分、呉駅にやってきました。駅前には大きなスクリューが展示されています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2007/08/17 14:30
広電で宮島口から広島駅前へ
また山陽本線に乗るのも芸がないので、広電の愛称で地元の人に親しまれている路面電車に乗って、広島駅に向かいます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/17 13:49
あなごめし うえの
宮島・厳島神社に行く訳ではないのに宮島口駅で下車したのは、100年以上の歴史を持つ老舗名店「あなごめし うえの」に寄るためです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/17 12:30
新山口駅から東へ
今日は、数年前は小郡駅と呼ばれていた新山口駅から出発です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/17 11:55
小野田駅
小野田線の終着駅の小野田駅に到着、ここから新山口駅まで行き、宿泊します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/16 18:30
長門本山駅
小野田線支線の終着駅の長門本山駅に到着です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/16 17:20
宇部線、小野田線に乗ります
下関駅から宇部駅まで行き、宇部線に乗り換え、宇部新川駅に到着しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/16 17:13
さよなら九州! 本州上陸!
博多南駅を後にし、今日のスタート駅である博多駅に戻った後、ひたすら鹿児島本線を北上し、今回の旅で九州最後の駅である門司駅に到着しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/16 15:30
博多南駅へ行ってみた
昨日は予定外の博多宿泊になりましたが、せっかく博多に宿泊したならと博多南線に乗って、博多南駅に行ってみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/16 12:30
河童のたたり!?  列車がこない
なんと、隣の筑後草野駅構内の踏切で列車と軽トラックが衝突する事故が発生して、久大本線は上下線とも運行見合わせになってしまいました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/08/15 19:45
カッパの駅だよ、田主丸駅
夜明駅から4番目の駅、カッパの駅こと田主丸駅にやってきました。駅舎がカッパの形をしています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 37 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/08/15 16:31
夜明駅
日田駅から2番目の駅、ちょっと縁起が良い名前の夜明駅にやってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/08/15 16:01
中津駅からバスで日田へ
昭和の町を後にし、宇佐駅に戻り、日豊線で中津駅に到着しました。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/08/15 15:35
昭和ロマン蔵 広場のクルマたち
昭和ロマン蔵の残りの蔵は、あまり昭和にはこだわっていないようです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/15 13:05
昭和ロマン蔵 駄菓子屋の夢博物館
豊後高田の「昭和の町」にある展示施設の「昭和ロマン蔵」の中で、日本一の収蔵数と言われている「駄菓子屋の夢博物館」を見学します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/15 13:00
昭和ロマン蔵 昭和の夢町三丁目館
豊後高田の「昭和の町」にある展示施設の「昭和ロマン蔵」です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/15 12:35
「昭和の町」の町並み見物
昭和30年代の町並みを再現した豊後高田市の「昭和の町」にやってきました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/08/15 12:30
USAですよ
USAに到着です。なんてウソです。いや宇佐です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/15 11:18
竹瓦温泉とTAKEYA
別府温泉のシンボルでもあり、唐破風造(からはふづくり)の豪華な屋根をもつ竹瓦温泉に朝から入ります。竹瓦温泉 玄関竹瓦温泉 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/15 10:40
朝から別府駅へ
今日は、まずは別府駅に行きます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/15 08:00
今日は鹿児島から大分への移動日
今日は鹿児島から一気に大分まで移動します。鹿児島中央駅にはカラフルな特急列車きりしまが停車していました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/14 19:15
大観覧車から桜島を眺める
天気はイマイチですが、鹿児島市内観光の最後に桜島を眺めます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/13 17:45
鶴丸城跡と黎明館
薩摩藩主、島津氏の居城であり、鹿児島城とも呼ばれた鶴丸城の城跡です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/08/13 16:30
西郷隆盛銅像
鹿児島市内観光の定番、西郷隆盛銅像です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/13 15:55
維新ふるさと館
西郷隆盛誕生地のすぐそばにある、維新ふるさと館を見学します。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/08/13 15:30
西郷隆盛誕生地
今日はスコールのような短い豪雨が降る中、鹿児島市内観光です。 まずは、西郷隆盛誕生地に行きます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/08/13 13:00
鹿児島市電 谷山駅
指宿・知覧観光を終え、鹿児島交通局の路面電車、鹿児島市電の谷山駅に戻ってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/12 18:20
知覧武家屋敷群庭園
「薩摩の小京都」と呼ばれる知覧武家屋敷群へやってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/12 16:00
知覧特攻平和会館
今回の旅の目的地のひとつ、知覧特攻平和会館にやってきました。 太平洋戦争末期、沖縄決戦で実施された特別攻撃隊および特攻隊員に関する資料が展示されている施設です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/12 15:40
池田湖
さらに北上して、九州最大の湖である池田湖にやってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/08/12 14:10
フラワーパークかごしま
長崎鼻から開聞岳を眺めた後は、すぐそばのフラワーパークかごしまへ立ち寄ります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/12 12:30
長崎鼻灯台と開聞岳
薩摩半島の最南端、長崎鼻にやってきました。薩摩富士とも言われる開聞岳が良く見えます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/08/12 11:45
隼人駅で乗り換え
嘉例川駅を後にし、隼人駅で乗り換え、鹿児島中央駅に向かいます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/11 13:26
嘉例川駅で下車
駅舎が100年以上の歴史を持つ嘉例川駅に到着しました。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/08/11 11:53
日本一の車窓 by JR九州
人吉駅から観光列車「いさぶろう号」に乗車して、日本三大車窓を楽しみます。 JR九州は日本一の車窓って言ってますけど。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/08/11 11:48
球磨川を眺めて
熊本駅に到着しました。人吉駅行きの特急くまがわ1号に乗り換えます。 九州横断特急の車両を使っているので、ウッディな内装が落ち着きます。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/08/11 09:52
九州上陸
ムーンライト九州号は、トラブルも無く、夜明けの空の下、下関駅に到着しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/11 05:46
結局、ローカル線めぐり
計画を変更して琵琶湖観光にしようと思い、長浜駅まで行ったのですが、朝早すぎてどこの施設も開いていません。しょうがないので、再度考え直して、普段はあまり乗らない路線やローカル線めぐりに変更しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/08/10 21:58
55分遅れて、豊橋駅を発車
信号機故障はなかなか治らず、結局55分遅れて、豊橋駅を出発することになりました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/08/10 06:45
信号機故障!
新所原駅で予想外の停車中! ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/08/10 04:45
ムーンライトながらで夏休み開始
今日から夏休み、久しぶりに遠くまで行こうということで、先週に引き続き、ムーンライトながら91号に乗車しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/10 02:36
夜の津嶋神社と花火大会
また津嶋神社に戻り、煙火奉納の花火大会を見学します。 ...続きを見る

ナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/08/04 21:30
天然いやだに温泉 大師の湯
あまりの暑さで汗だくになったので、同じ三豊市にある、ふれあいパークへ行き、天然いやだに温泉 大師の湯に入って、さっぱりします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/04 17:40
津嶋神社
毎年8月4、5日の夏季大祭の時しか渡れない津嶋神社です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/08/04 13:30
津島ノ宮駅
日本一営業しない駅・津島ノ宮駅に到着しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/04 12:34
瀬戸大橋を渡って
赤穂線で岡山駅に着いた後は、マリンライナーで瀬戸大橋を渡り、坂出駅で乗り換えます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/08/04 12:26
ピッチを落として
のんびり赤穂線で移動中。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

2007/08/04 10:58
恒例のパターン
おはようございます。 ムーンライトながら91号で大垣駅に着いた後は、恒例のパターンで西に進みます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/04 07:11
今週は夜行列車で
先週のリアス・シーライナーで長時間乗車のリハビリができたので、今週は夜行列車に挑戦します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/08/03 23:35
ダブル・リアス・シーライナー
綾里駅で行き違うリアス・シーライナーです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/29 14:28
浄土ヶ浜レストハウス 雲丹麺
浄土ヶ浜レストハウスで、雲丹麺(うんたんめん)というウニラーメン(税込850円)をいただきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/29 10:40
浄土ヶ浜
陸中海岸国立公園に属する宮古市代表的な景勝地の浄土ヶ浜です。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/07/29 10:00
宮古夏祭りと生うに丼を堪能
宮古で、今が旬の生うに丼と今日から開催される夏祭りを楽しみます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 3

2007/07/28 19:30
三陸鉄道のキャラクターに出会った宮古駅
宮古駅に到着しました。三陸鉄道のキャラクターが出迎えてくれました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/07/28 16:16
三陸鉄道南リアス線
盛駅に到着しました。ここで方向転換して、三陸鉄道南リアス線を進みます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/07/28 15:05
気仙沼駅でフカヒレスープ
気仙沼駅に到着しました。ここで、こがねふかひれ号とリアス・シーライナーの切り離しなどの作業が行われるため約35分間停車するので途中下車します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/28 12:35
こがねふかひれ号
ゆったりとした3列リクライニングシートと大きな窓の展望室が特長のジョイフルトレインこがね号です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/07/28 11:02
リアス・シーライナー2007
昨年に引き続き、今年もリアス・シーライナーに乗ります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/07/28 10:15
今日は仙台駅から
おはようございます。いま、一週間後の七夕祭りを控え、飾り付けに気合いの入った仙台駅に来ています。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/07/28 09:50
さくらんぼ狩り in 寒河江
さくらんぼ会館前のJA受付で手続きを済ませ、さくらんぼ狩りします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/30 18:25
チェリーランドとトルコの関係
寒河江駅でレンタサイクルを借りて、やってきたのがチェリーランドです。チェリーランドは国道122号線の道の駅でもあり、さくらんぼをモチーフにしたテーマパークでもあります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/30 14:00
さくらんぼ風っこ号に乗って寒河江へ
お腹も満たしたところで乗り換えるのは、臨時列車の「さくらんぼ風っこ号」です。さくらんぼが旬の時期だけ、山形駅と寒河江駅を結んで運転されるトロッコ列車です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/30 13:19
駅弁「特製 二ツ折 大名弁当」
山形駅で購入した森弁当部の駅弁「特製 二ツ折 大名弁当」(税込920円)です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/30 12:44
山形駅へ
久しぶりに旅に出ます。東京駅から山形新幹線つばさに乗車し、満員の自由席で揺られること2時間半、やってきたのは山形駅です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/06/30 11:54
岡山駅の駅弁「駅弁おかやま」
岡山駅で今年の3月から発売を開始した、地元の幸満載の駅弁「駅弁おかやま」(税込980円)です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/05/03 15:45
岡山から帰宅
世間はゴールデンウィークだし、もっと岡山を楽しみたいのですが、残念ながら明日は仕事があるので、新幹線で帰宅します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/03 15:00
岡山電気軌道のMOMO
岡山電気軌道の有名車両のMOMOです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/03 13:40
岡山電気軌道のKURO
岡山電気軌道の有名車両のKUROです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/03 13:40
岡山電気軌道 全電停完全上下車
今日は総路線距離が日本一短いと言われる岡山電気軌道の路面電車で、全ての停留場での上下車に挑戦します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/03 13:40
徳島から岡山へ
ゆうゆうアンパンマンカーで徳島駅に到着後、東かがわ市の三本松駅、宇多津町の宇多津駅と香川県の駅で途中下車しながら多度津駅まで行き、そこから岡山駅に向かいます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/02 19:27
ゆうゆうアンパンマンカー
昨年に引き続き、ゆうゆうアンパンマンカーが連結されている特急・剣山8号に乗車します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/05/02 13:32
阿波池田駅で乗り換え
アンパンマンミュージアムを楽しんだ後、土佐山田駅に戻り、土讃線で阿波池田駅にやってきました。ここで徳島行きのあの列車に乗り換えます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/02 13:15
やなせたかし記念館「アンパンマンミュージアム」
アンパンマンバスに揺られること20分強、やなせたかし記念館「アンパンマンミュージアム」にやってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/02 11:30
アンパンマンバス
土佐山田駅からJR四国のアンパンマンバスに乗って出発です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/05/02 09:26
今日は、土佐山田駅から
おいしいカツオを堪能した夜も明け、今日は高知駅から25分の土佐山田駅から出発します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/02 09:12
明神丸 わら焼き鰹たたき定食
高知での夕食は、ひろめ市場の明神丸で、わら焼き鰹たたき定食をいただきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/01 19:30
土佐電気鉄道を乗りまくり
後免町駅で土佐電気鉄道株式会社の路面電車に乗り換え、1日乗車券を使って土電を乗りまくります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/01 17:45
後免駅・後免町駅
「ごめん」という響きがユニークな後免駅で、駅ごとにキャラクターを設定している土佐くろしお鉄道ごめん・なはり線に乗り換えます。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 5 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/05/01 13:37
今日は琴平駅から
一夜明けて、高松から琴電に揺られて琴電琴平駅に到着。日本一の高い木造灯篭の「高燈籠」を眺め、北東に200mほど進み、JR琴平駅から出発します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/05/01 11:45
ぶらり予讃線の旅
伊予桜井駅を後にして、高松駅まで「ぶらり予讃線の旅」です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/30 19:15
伊予桜井駅
伊予鉄道 郊外線の終着駅めぐりを終え、松山駅から予讃線に乗り、今治駅から2駅目の伊予桜井駅にやってきました。 ...続きを見る

面白い ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/04/30 14:30
伊予鉄道 郊外線の終着駅
今日は、伊予鉄道の郊外路線の終着駅を見て廻った後、高松方面の予讃線に乗ろうと思います。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/30 12:00
三崎漁師物語り・松山店
大洲観光&ロケ地巡りを終え、松山に戻り、三崎漁協直営のお店、三崎漁師物語り・松山店で新鮮な豊予海峡の魚介類をいただきます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/29 20:30
大洲城
肱川の畔に威風堂々とそびえる大洲城にやってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/29 17:00
おはなはん通り 番外編
大洲城天守閣が復元された3年前にも大洲観光していたので、その時に撮影した「おはなはん通り」の写真を引っ張り出して、似た構図の写真を並べてみました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/29 16:25
おはなはん通り
大洲神社のすぐそば、石畳の道がきれいな「おはなはん通り」にやって来ました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/04/29 16:25
大洲神社
臥龍山荘を後にし、明治の町並みを眺めつつ、たどり着いたのは大洲神社です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/29 16:15
臥龍山荘と臥龍の渡し
趣き深い臥龍山荘にやってきました。臥龍山荘には、臥龍院、不老庵、知止庵の3つの建物と庭園、臥龍蓬莱山があります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/29 15:45
坂本アパート
おおず赤煉瓦館の南側の通りを東へ進んだところにあるアパートです。ここも映画「となり町戦争」のロケ地です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/29 15:30
おおず赤煉瓦館と肱川の河原
ポコペン横丁の隣には、おおず赤煉瓦館があります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/29 15:25
ポコペン横丁
大洲観光の手始めは、懐かしい品がならぶ「ポコペン横丁」です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/29 15:00
伊予大洲駅に到着
下灘駅に別れを告げ、きれいな海岸線と肱川を眺めつつ、伊予大洲駅に到着しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/29 14:38
下灘駅で癒される途中下車
すぐ目の前が伊予灘の瀬戸内海!という絶景の駅、下灘駅です。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/04/29 13:44
伊予長浜駅から
ホームの脇に花が咲く伊予長浜駅に伊予大洲駅からの列車がやってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/29 13:28
長浜大橋、通称 赤橋
昭和10年に完成した現役で稼働している日本最古の道路稼働橋の長浜大橋です。地元の人は、その姿、色から赤橋と呼んでいます。 ...続きを見る

驚いた ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/04/29 13:00
伊予長浜駅で途中下車
愛媛県西部を流れる一級河川の肱川にほど近い、予讃線の伊予長浜駅です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/29 12:35
坂の上の雲ミュージアム
2007年4月28日にオープンした「坂の上の雲ミュージアム」です。1968年4月22日から1972年8月4日の4年3カ月にわたり産経新聞に連載された司馬遼太郎の小説「坂の上の雲」をテーマにしたミュージアムです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/29 11:00
石手川公園駅
映画「となり町戦争」のエンディングが撮影された、松山市内の石手川公園駅です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/04/29 09:00
ちかっぱ豚骨ラーメン 豚骨ラーメン
松山市二番町の交差点にあるラーメン屋「ちかっぱ豚骨ラーメン」で、豚骨ラーメン(650円)をいただきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/28 21:00
GW初日に交通事故
今日からゴールデンウィーク!さぁ旅に出るぞ!と駅に向かうバスに意気込んで乗ったのですが、なんとそのバスが急に右折しようとした対向車線の自動車と正面衝突。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/28 18:46
名古屋から帰宅へ
亀山駅から1時間15分、昼下がりの関西本線で名古屋駅に到着しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/08 15:04
駅弁「名物 志ぐれ茶漬」
車窓から笠置駅周辺の桜や渓谷美を楽しんだあと亀山駅に到着しました。ここ亀山駅で、幻の駅弁とテレビで紹介されたこともある「名物 志ぐれ茶漬」(税込850円)を購入します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/08 13:35
奈良駅から加茂駅
急ぎ足での奈良観光を終え、JR奈良駅から関西本線に乗り込み、加茂駅に到着しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/08 12:11
盧舎那仏坐像と仏生会
世界最大の銅像仏である、奈良の大仏です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/08 10:00
奈良と言えば大仏
一夜明け、昨日の雨が信じられないほど、今朝の奈良は天気が良いです。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/08 08:00
吉野山の桜をあきらめ、法隆寺は時間切れで、奈良へ
午後は吉野山で桜を眺めようと考えていたのですが、途中の橋本駅に着いた頃には本格的に大雨が降り出し、とても花見ができるような状態ではありませんでした。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/07 16:45
和歌山線に乗る
お腹もいっぱいになったところで、今度は和歌山駅と奈良県の王寺駅を結ぶ和歌山線に乗車します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/07 13:50
井出商店 特製中華そば
全国に和歌山ラーメンという名前を広めた井出商店の特製中華そば(600円)をいただきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/07 13:10
和歌山駅に戻る
貴志駅のたま駅長に見送られ、和歌山電鉄貴志川線で和歌山駅に戻ってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/07 12:25
たま駅長に会う
貴志駅の名物駅長、たま駅長に会いました。 ...続きを見る

かわいい ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/04/07 11:08
貴志駅に到着
和歌山電鉄貴志川線の終着駅、貴志駅に到着しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/04/07 10:33
いちご電車に乗る
和歌山駅からは和歌山電鉄貴志川線の名物電車「いちご電車」に乗ります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/07 10:01
大阪、天王寺、そして和歌山へ
米原駅から乗車した新快速を大阪駅で降り、大阪環状線に乗り換えて天王寺駅に行き、阪和線紀州路快速に乗り込みます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/07 08:33
米原、大津、京都…
ムンライトながら号の終点・大垣駅から米原駅へ行き、新快速に乗り換えて、東海道線を西へ移動中です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/07 08:00
春の最後はムーンライトながら91号
JR発足20周年記念で8000円の特別価格だった今年の春の青春18きっぷも4月10日が有効期限の最終日。 つまり、この週末が有効期間最後の週末です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/04/07 01:00
嵐山温泉 駅の足湯
京福電気鉄道の嵐山駅に着くと足湯の看板が出てました。由布院駅と同じように駅構内に足湯があります。せっかくなので、ちょっと暖まることにします。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

2007/03/10 17:15
嵐山を散歩
渡月亭松風閣の豆腐御膳をいただいた後は、嵐山公園などをぶらぶらと散歩します。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/10 17:00
渡月亭の豆腐御膳
嵐山といえば嵯峨豆腐!ということで、嵐山温泉とセットでいただいた、渡月亭松風閣の豆腐御膳です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/10 16:30
渡月亭の嵐山温泉
保津川下りで足下が濡れて冷えたこともあって、渡月橋を渡りきったところにある、嵐山温泉の老舗旅館「渡月亭」で温泉に入ります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/03/10 15:15
渡月橋
平安時代に亀山上皇が「くまなき月の渡るに似る」と言ったことから名付けられたという渡月橋です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/10 14:15
嵐山まで保津川下り
亀山から嵐山まで、約16kmの保津川を船で下ります。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/10 14:10
保津川下り 乗船場
亀山城址を見学後、保津川下りの乗船場へやってきました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/10 12:35
亀山城址見学
亀岡駅から徒歩10分のところに、明智光秀が丹波統治の拠点として築城した亀山城(のちに亀岡城と改名)の城跡があります。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0

2007/03/10 11:35
馬堀駅から亀岡駅へ
嵯峨野トロッコ列車でトロッコ亀岡駅に到着した後は、最寄りのJR馬堀駅まで10分程度歩きます。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2007/03/10 10:27
嵯峨野トロッコ列車
嵯峨野トロッコ列車は、嵯峨野観光鉄道のトロッコ嵯峨駅とトロッコ亀岡駅と間、全長7.3kmを約25分で走るトロッコ列車です。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/03/10 10:06
早春の嵯峨野トロッコ列車に乗る
保津川に沿って走るトロッコ列車、嵯峨野トロッコ列車に乗り、早春の嵐山を堪能しました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1

2007/03/10 09:53

トップへ | みんなの「旅」ブログ

って、どーよ 旅のテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる