アクセスカウンタ

zoom RSS テーマ「お祭り」のブログ記事

みんなの「お祭り」ブログ


なまはげ柴灯まつり

2010/02/12 23:18

昨日の弘前城雪燈籠まつりに続き、今日は秋田県男鹿市真山(しんざん)神社で開催されるみちのく5大雪まつりのひとつ、なまはげ柴灯(せど)まつりに行ってきました。


秋田へ

かもしか号 きりたんぽ鍋

昨夜から雪が降り始めた弘前から特急かもしか2号に乗車して秋田駅へ向かいます。かもしか号は3両編成のコンパクトな特急で、指定席が1両、自由席が全体の半分の1両半、残りの0.5両がグリーン車です。自由席は乗車待ちの人が多かったので座れるか心配でしたが、ちょうど全員が座れる感じの乗車率でした。大館駅を過ぎた頃に雪はやみましたが、車窓を流れる雪景色は環境映画のようでした。

かもしか君は5分遅れで秋田駅に到着しました。ちょうどお昼時だったので秋田名物きりたんぽ鍋を頂きました。比内地鶏の出汁が染みたきりたんぽが本当に美味しかったです。


男鹿半島へ

男鹿行き列車 羽立駅ホーム
羽立駅 入道岬行きバス

きりたんぽ鍋を堪能した後、秋田駅から男鹿行きの列車に乗車します。なまはげが車体に描かれた列車で揺られること小一時間、終点の男鹿駅のひとつ手前の羽立駅(はだてえき)に到着です。木製の立派な駅名看板が風情がある小さな駅でした。ここから入道岬行きの路線バスで男鹿温泉郷へ移動します。

男鹿温泉郷の宿に着き、荷物を置き、早めの夕食をいただいたあと、シャトルバスでなまはげ柴灯まつりの会場に移動します。男鹿市は低炭素社会のモデル市を目指すということで、今年からなまはげ柴灯まつり会場への自家用車の乗り入れを規制し、臨時バスを運行してパーク&ライドを実施しています。

自分のように公共機関を使う観光客にとっては、会場までの直通シャトルバスが運転されるのは嬉しいですが、地元の人やクルマで観光に来ている人は乗り換えが必要で不便になるので、せめてバス運賃は無料か100円程度にしないとパーク&ライド実施も説得力が無いかなぁ。


いざ!なまはげ柴灯まつり

真山神社 柴灯火

なまはげ柴灯まつりは、神事の「柴灯祭」と民族行事の「なまはげ」を組み合わせた男鹿半島を代表する冬まつりです。ホテルの人からは、真山神社は山の上にあるから、ここより更に3度は寒いと脅かされていましたが、真山神社境内の広場中央で焚き上げられた柴灯火(せどば)はとても暖かく、覚悟していたよりはぜんぜん寒くありませんでした。そして18:00、なまはげ柴灯まつりが開催です。


湯の舞・鎮釜祭

なまはげ柴灯まつりのオープニングは、広場入口で行われる湯の舞・鎮釜祭(ちんかまさい)です。鎮釜祭の釜鎮め・湯立ての神事では、大釜にお湯を沸かし神官が呪文を唱えながら"わらボウキ"で湯をかき回します。この湯立ては海の波や海の荒れを鎮めるという信仰からきているそうで、さらに「四界万物を清浄にする」という意味で湯花を参列者にかけます。そして真山神社の巫女が扇と鈴を手に舞う、男鹿地方独特の祓い神楽「湯の舞」を奉納します。これにより、なまはげ柴灯まつりに参加した全員にご利益があるそうです。


なまはげ入魂

なまはげに扮する若者 なまはげたち

次は、なまはげ入魂の儀式です。なまはげに扮する若者達は必ず家々を回る前に“鬼神”になるため氏神に参拝するしきたりがあります。参道入口付近でおはらいを受け、神(しん)の入った面を授かり、身につけます。そして、なまはげと化した若者達は山へ戻って行きます。


なまはげ行事再現

なまはげ行事再現 なまはげの集団は一旦、山へ戻っていきましたが、神楽殿では大晦日に真山地区で行われる民俗行事「なまはげ」の再現が始まりました。

内容的には男鹿真山伝承館のナマハゲ習俗学習講座で見ることができるものと同じです。なまはげというと一般に子供を驚かしたり、追い回しているイメージがありますが、実際のなまはげは玄関戸をガタガタ揺らしたりする行動は荒々しいですが、家長とのユーモラスなやりとり行い、来年の豊作や無病息災などを祈ったり、家人に年配者が居れば長寿を祝ったりすることを、この再現で知ることができます。



なまはげ大鼓

続いて神楽殿では、なまはげが「家内安全」「五穀豊穣」などを願って和太鼓を打つ、比較的新しい郷土芸能のなまはげ太鼓が演奏されます。

なまはげ太鼓の演奏団体は、男鹿っ鼓男鹿和太鼓愛好会なまはげ郷神楽など複数あるので、なまはげ柴灯まつりの期間中でも日にちごとに演奏団体が異なるそうで、初日の今日は男鹿っ鼓による演奏でした。


なまはげ踊り

なまはげ踊り なまはげ太鼓の勇ましく、パワフルな演奏で会場全体が盛り上がったあとは、なまはげ2疋(ひき)によるなまはげ踊りが柴灯火の前で演じられます。なまはげ踊りは秋田・山形両県に分布する山伏神楽である番楽を元に、秋田が生んだ現代舞踏家・故石井漠氏が振り付けし、その息子の作曲家石井歓氏が曲をつけた踊りで、なまはげらしさを表現した勇壮な踊りです。

なまはげ柴灯まつりが始まって、ここまで雪は降っていなかったのですが、なまはげ踊りが始まると同時に雪が降り出し、なんとも幻想的な踊りに見えました。そして踊りが終わると雪も降るのを止めてしまい、単なる偶然なのでしょうが、なにやら神秘的な演出を感じました。



なまはげ下山・献餅

なまはげ下山 なまはげ下山

いよいよ、なまはげ柴灯まつりのクライマックス、なまはげ下山です。真山お山掛けの古道から松明をかざして下山してくるなまはげの幻想的で勇壮な姿を見ることができます。そして下山したなまはげたちは柴灯火の周りにいる参加者の中をを練り歩きます。

続いては柴灯火で焼かれて神力が宿った大餅を神の使者・なまはげに進ずる献餅の儀式です。なまはげは、神官の捧げる護摩餅に容易に触れる事が出来ませんが、ようやく護摩餅を手にして山へ帰って行きます。この神に献ずる護摩餅は、あとでおまつり参加者にも振舞われます。


まめまき

さらに神楽殿では、五穀豊穣と今年一年のご多幸と健康を祈願して神官が豆をまきます。受け取るための袋とか無かったので素手で受け取るしかなかったので、1粒しか受け取れませんでした。残念。


なまはげによる柴灯護摩餅くばり・記念撮影

護摩餅くばり 護摩餅

柴灯火で焼いた大餅を切り分けた護摩餅を神楽殿前でなまげが渡してくれます。この護摩餅は災難除去のお護符としてご利益があるそうです。でも。食べると苦いです、まぁ良薬口に苦しみたいなものかな。

そして参道入口や柴灯火の前では、なまはげとの記念撮影が始まっています。

なまはげと柴灯火

なまはげ柴灯まつりは、開始から終了までがストーリー性があるので、体感できる映画のように楽しめた2時間弱のお祭りでした。この後はシャトルバスで宿に戻り、有名な男鹿温泉を堪能です。

記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 4 / トラックバック 0 / コメント 0


弘前城雪燈籠まつり

2010/02/11 22:56

雪まつりというと「さっぽろ雪まつり」を想像する人が多いと思いますが、この時期の北東北で「みちのく五大雪まつり」が開催されます。岩手県雫石町の「いわて雪まつり」、青森県弘前の「弘前城雪燈籠まつり」、秋田県男鹿市の「なまはげ柴灯(せど)まつり」、秋田県横手市の「横手かまくら」、青森県八戸市の「八戸えんぶり」の5つのお祭りのことです。今回、その中のひとつ弘前城雪燈籠まつりに行ってきました。

あけぼの号で弘前へ

寝台特急あけぼの号 開放B寝台上段

北東北への旅ということで、廃止が相次ぐブルートレインの中で生き残っている上野発青森行きの寝台特急列車あけぼの号に乗車です。今回は指定席券の購入が遅かったので、取れたのは開放式B寝台、しかも落ちたらケガしそうな上段です。2本のベルトだけが急停車した時の命綱です。

最近、ちょっと寝不足だったので21時15分に上野駅を出発したあと、高崎駅に着くまでの間にすっかり寝入ってしまいました。途中、運転停車中の長岡駅でちょっと目が覚めましたが、結局、秋田県に入るまでぐっすりと寝てしまいました。

弘前駅到着 弘前城雪灯籠まつりの展示

毎月5日は「りんごを食べる日」

弘前駅であけぼの号を下車すると、駅構内には今日から始まる弘前城雪灯籠まつりをモチーフにした展示物が飾られていました。こういう歓迎があると、お祭りの方もとても期待できそうです。

改札を出て、弘前城がある方の出口に向い階段を下りていくと、目に入ったのは、毎月5日は「りんごを食べる日」と書かれた横断幕。さすがは、りんごの里、弘前市です。

そして駅前から弘前城雪灯籠まつりのメイン会場がある弘前公園に行くために、弘前市内循環100円バスのひとつ、土手町循環バスに乗車します。どこまで乗っても100円と安い上に10分間隔の運転なので待たずに乗れるという感じで、弘前市内の観光におすすめです。

弘前公園の最寄バス停である市役所前でバスを下車しますが、すぐに弘前公園には行きません。まずは追手門広場の一角に建てられた弘前市立観光館へ行き、コインロッカーに荷物を預け、弘前城雪灯籠まつりのパンフレットを入手し、最後に観光用の無料長靴を借り、これで準備完了です!

雪の弘前公園

弘前公園追手門 弘前城天守閣

長靴を履いていなかったら、すべって転んだり、雪に埋れてしまいそうな弘前公園の追手門入口から入場です。公園内に作られた雪燈籠を眺めながら歩いていると弘前城天守閣が見えてきました。弘前公園の桜は有名で、この構図だと天守閣と桜の木をまとめて撮影できるのですが、桜が咲いていないこの時期はちょっと寂しげな感じです。それでも天守閣の周りに積もった白い雪と紅い欄干のコントラストはそれはそれで絵になるような気もします。そして、いよいよイベント会場に到着です。

りんご娘.とアルプスおとめ そして たか丸くん

アルプスおとめ アルプスおとめ りんご娘. りんご娘.
りんご娘. りんご娘.

たか丸くん&りんご娘. イベント会場に着くと、舞台ではアルプスおとめのライブをやっていました。最初は青森のAKB48みたいなグループなのかと思ったのですが、弘前アクターズスクールでレッスンを受けている、りんご娘.の妹分にあたる未来のアイドルたちのグループだと分かりました。そして、りんご娘.の妹分だからアルプスおとめ(長野県松本市で誕生した「アルプス乙女」というミニりんごの品種があるんです)なんだと理解しました。

続いて、その「りんご娘.」のライブ開始です。地元青森の活性化、青森の特産品(特にりんご)を全国、全世界にPRするために活動している、農業活性化アイドルが、りんご娘.です。

りんご娘.という名前は以前に聞いたことがあったのですが、その時に見た写真が野良着姿だったので、ずっと毎年りんご農家の中から選ばれる「ミス・りんご」みたいな人かと思っていました。でも今回、ナマでりんご娘.のライブを見てビックリ。唄は上手いし、踊れるし、もう普通にアイドル、いや立派なアイドルでした。

そんなりんご娘.ライブに乱入者です。2011年に築城400年を迎える弘前城の記念イベント「弘前城築城400年祭」のイメージキャラクターのたか丸くんです。弘前城の別名が鷹岡城なので鷹をモデルにしたデザインと名前、そして最大の特長は頭に弘前城を載せていることです。このたか丸くんは、弘前市民が大好きで、とても頭が良いという設定なので「たか丸くんのおでかけ日記」というブログもやっています。

りんご娘.にたか丸くん、そしてバックではアルプスおとめ、会場のみんな一緒に唄って、踊って、ライブは結構盛り上がっていました。

アルプスおとめからりんご娘.へアルプスおとめ から りんご娘.へ 三上、工藤、小山内りんご娘.になる三上、工藤、小山内の3人

りんご娘.ライブの最後に、4月からりんご娘.が5人体制になるとの発表がありました。妹分のアルプスおとめから、勉強と活動を両立させてパワーアップしたい三上さん、青森のこと何でも知っているりんご娘.イチの物知りになりたい工藤さん、青森県の食べ物についていっぱい知っている人になりたい小山内さんが、りんご娘.に新たに加わるそうです。

現在のりんご娘.は、ジョナゴールド、レッドゴールドの2人ですが、4月に加わる3人の芸名もりんごの品種名になるんでしょうね。

ライブ終了後にステージ横で握手会&写真撮影会が開催されたのですが、小さい子供からおばあちゃんまでが参加するという幅広いファン層に、りんご娘.は本当に地元の人に愛されているんだなと感じました。

りんご娘.公式ウェブサイト
http://www.ringomusume.com/


漫才ライブ山田八木橋 & 寺田由香 初営業

山田八木橋山田八木橋 寺田由香寺田由香

午後にはステージで、弘前で一番面白い漫才コンビ(自称?)の山田八木橋の漫才ライブが行われました。弘前市で活動する「劇団SOUTHERN COMFORT」の代表である清水司さん(左)と同劇団の看板役者である玉置肇さん(右)の漫才コンビです。野外のライブということで、前半は客いじりだったのですが、ちょっとアドリブが空回りしたような感じでした。でも、ネタに入ると弘前一の実力発揮で、面白かったです。特に「森のクマさん、こぇー」というネタは、劇団員の演技力がモノを言い、目の前に光景が浮かぶようで、思わず話に入り込んでしまい、オチのところで確かに「クマさん、こぇーよ」と思っちゃいました(本当は笑うべきなのかもしれないけど)。ただ、素人の初見なので、山田八木橋ならではの特長みたいなものは分かりませんでした。

そしてさらに同じ劇団の後輩、寺田由香さんのピン芸も披露されました。こういう野外のステージでは初営業だそうですが、全然そんな感じはしませんでした。いきなり歌のおねえさんとして登場して、強引に話を進めていったのですが、なぜかその世界観が自然に受け入れられ、大笑いしちゃいました。しかも、隣のちっちゃい子供が自己防衛の歌を一緒に唄って、パンチを繰り出していたから、更に笑ってしまいました。でも、なんで歌のおねえさんの名前がゴーレムだったんだろう? ちょっと謎です。

劇団SOUTHERN COMFORT
http://home2.netpalace.jp/southerncomfort/
寺田由香ブログ「カレーライスください!!」
http://ameblo.jp/taro1886/

 

いろいろ楽しむ

雪のすべり台 リラックマ?

イベント会場にはライブステージの他に、いろいろなキャラクターの巨大な雪像が何体も展示されています。また、大きなタイヤチューブに乗って滑り下りる雪のすべり台もあって、大人も子供も滑れるということで大人気で順番待ちの行列ができていました。

たか丸くんたか丸くん雪像

また先ほどりんご娘.のライブに参加(乱入)した、たか丸君もイベント会場内を歩いていましたが、すぐに子供達に捕まり、もみくちゃになるほどの大人気でした。ちなみに追手門のそばには、たか丸くんの雪像もあります。でも、こちらの方は、あまり子供には人気がなかったみたいです。そっくりなんだけど、動かないとダメなのかな。 

いよいよ弘前城雪燈籠まつり本番

弘前城雪灯籠まつり 弘前城雪灯籠まつり

楽しいイベントも終了し、日没を迎えてからが弘前城雪燈籠まつりのメインです。また追手門口へと戻って、明かりが灯り、幻想的な光景を作り出している雪灯籠やライトアップされた弘前城天守閣を見てまわります。

弘前雪明かり 弘前雪明かり

弘前城雪燈籠と合わせて、今年から「弘前雪明かり」が街中や弘前公園・北の郭エリアで開催されています。雪灯籠が和風のライトアップなら、弘前雪明りは幻想的な洋風のライトアップという感じです。

青森銀行記念館 雪像青森銀行記念館雪像 青森銀行記念館青森銀行記念館実物

イベント会場の青森銀行記念館の雪像は、昼間に見た時は単に大きいなぁと思っただけでしたが、内部に明かりが灯り、ライトアップされると、なんとも言えない存在感を出していました。この青森銀行記念館は現存していて、弘前公園のすぐそばにあるというので、帰り道に実物を見たのですが、またびっくり。上の写真は角度が違っているので分かりにくいですが、本当にそっくりな雪像でした。

こんな感じで1日中楽しめた弘前城雪燈籠まつりでした。

弘前城雪灯籠まつり

記事へナイス ブログ気持玉 11 / トラックバック 0 / コメント 0


姫路の全国凧あげ祭り

2010/01/10 22:55
blog0062

今日は姫路に移動し、姫路公園競馬場で開催されている第36回全国凧あげ大会を見物です。

この全国凧あげ祭りは1975年から始まった行事で、当時はアメリカから輸入されたゲイラカイト(三角翼の凧)が大流行していたため、日本の凧・和凧の美しさや素晴らしさを多くの子供たちに紹介しようと、日本玩具博物館が収集していた日本の伝統凧を館内に展示するだけでなく、大空に揚げたのが始まりだそうです。

和凧であれば誰でも会場で凧をあげることができることから年々、参加者が増え、また全国各地の凧の保存会や愛好家の方も参加するようになり、その珍しい凧を見るための見物人も増えたことで、新春の凧あげ大会としては規模、内容ともに全国一の凧揚げ大会とも言える名物イベントになっています。

会場に設置されたスピーカーからは、いま揚がっている凧についての解説が流れているので、どこの郷土凧が揚がっているのか、どんな特長があるのかなどが分かり、凧に詳しくない人でも楽しめます。今回も青森の津軽凧、新潟の六角凧、東京の八丈島の為朝凧、京の扇凧、鳴門のわんわん凧、愛媛県五十崎のけんか凧、山口の見島の鬼ようず、長崎のハタ、五島列島のバラモン凧などの郷土凧や姫路城を模した創作凧やムカデ凧などの解説がありました。


blog0069会津唐人凧 blog0070鳴門の「わんわん凧」
blog0072百足凧 blog0063
恵比寿大黒の連凧

会場には和凧の売店もあり、凧を持ってきていない人でも凧あげに参加できます。でも、やはり遠くから参加している人は色々と考えた凧を揚げています。山口県から参加されたこの方は、郷土の英雄・伊藤博文の100連凧を揚げていました。

blog0065 blog0074

子供の参加者も多いということで、姫路市のイメージキャラクター「しろまるひめ」も凧あげ祭りに参加していました。もちろん、しろひめまるの凧も揚がりました。

blog0064
しろまるひめ

blog0067しろまるひめ、上手く風を捉えられず
揚げるのに、ちょっと苦戦
blog0068やっと揚がったと思ったのもつかの間、
他の凧の体当たりを受けて落下。
あまりに見事な体当たりに会場から笑い声も

圧巻だったのは、あぼし未来倶楽部の方が揚げていたタタミ24畳分の超巨大凧です。大きいだけあって大勢の人が走って引っ張り、揚がるまでは苦労していましたが、揚がってしまえば他の凧がひと際小さく思えるほどの存在感。巨大すぎます。

blog0073 blog0071

凧あげと言えば新春の行事ですが、最近は凧を揚げられる場所も少なくなっているし、ほとんど和凧を見ることも無くなっているので、このイベントは、これからもずっと続いて欲しいと思います。

記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


ノンストップ山手線「夢さん橋号」

2007/10/28 16:00
画像
14:43に大崎駅を出発し、どこの駅にも止まらず、グルッと山手線を一周して大崎駅に戻ってくる、ノンストップ山手線「夢さん橋号」です。

しながわ夢さん橋2007の目玉イベントとして運行される団体列車です。

列車自体は普通の11両編成の山手線ですが、先頭車には手作り感満点のエンブレムがついています。
画像

「ノンストップ」と聞くと、なんとなく早そうなイメージがありますが、実は一つ前の列車を追い抜くことができないので、山手線を一周するのに普通の山手線と同じ約1時間がかかります。

しかもノンストップなので、普通の山手線のように駅での減速、加速という時間的ロスが無い分、普通の山手線より、ゆっくりとしたスピードで山手線を進んでいきます。

もちろん、その1時間の間に車内では色々なイベントが開催されます。

一日駅長の沢田美紀さんが全車両をまわる移動握手会もありました。
画像


そして、日本ハムのマスコット、ハムリンズのソーセジータも何故か乗車しています。
画像


でも一番驚くのは、秋田のナマハゲが乗っていることでした。
画像


途中、電車が急ブレーキーをかけた時、よろけて、とっさにつり革に捕まったナマハゲが、ちょっと可愛かったです。
画像


記事へ面白い ブログ気持玉 3 / トラックバック 0 / コメント 0


一日駅長に沢田美紀さん

2007/10/28 14:15
画像
大崎市長に続き、ステージに大崎駅駅長とSuicaのペンキンが登場し、一日駅長任命式が行われました。

今年の一日駅長は、歌手の沢田美紀さんです。
最近では、社交ダンスのテレビ番組「ダンスは一番」などにも出演されています。

と、司会者から紹介がありましたが、ごめんなさい。正直に知らない人でした。

任命式の後は、今年の4月に発売されたシングル「知りつくされて」を披露するミニライブが行われました。
画像


沢田美紀
http://www.sawada-miki.jp/

ダンスは一番
http://www.dance-no1.com/


記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


大崎市長、登場!

2007/10/28 13:56
画像
大崎は品川区なのに、なぜかステージに大崎市長が登場。

実は大崎つながりで、宮城県大崎市の伊藤市長が、東北新幹線で駆けつけての登場でした。

どっかで見たことある顔だなぁと思ったら、年金問題での舛添厚労相とバトル中ですと、笑いを取りながらの自己紹介。なるほど、あの大崎市長だ。

楽しい話術で会場を盛り上げつつ、旅行雑誌で、鳴子温泉郷が泉質多種として、見事に「東の正横綱」に認定されたので、ぜひ遊びに来てくださいと大崎市をPRしていました。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


大崎一番太郎

2007/10/28 13:45
画像
ステージに大崎駅西口商店会のキャラクター、大崎一番太郎が登場!

自己紹介によると、お腹の緑の丸は山手線を表していて、ちょうど大崎駅の位置にあたる所に赤い丸(ヘソ?)があります。

ニックネームは、イッちゃん。名前の通り、なんでも一番が好きで、一番を目指して頑張る性格なんだそうです。

大崎再開発を成功させるため、「大崎一番星」からやってきたそうですが、大崎一番星って、どこなんでしょ?
画像


画像


大崎一番太郎
http://osakinishi.shinagawa.or.jp/1bantarou/ichibantaro.html

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


東北の味を買い食い

2007/10/28 13:00
画像
お祭りと言ったら、出店で買い食い!

しながわ夢さん橋2007は、まるでプチ物産展のようで、全国各地の名物が集まってきているのだから、買わない訳にはいきません。

まずは青森・鰺ヶ沢の焼きイカ。大きな網を使い、目の前で焼かれるのを眺めながら、香ばしいニオイを嗅ぎ、プリっとした歯応えを楽しめば、旨いの一言しかない。
次は宮城の新米で作った焼き味噌おにぎり。新米なのに焼いちゃうところが贅沢。
さらに本場、山形の芋煮汁と玉こんにゃくをいただき、気分は味の東北巡り。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


しながわ夢さん橋2007

2007/10/28 12:45
画像
しながわ夢さん橋2007は、大崎駅に隣接した大崎ニューシティや駅南口にかかる夢さん橋が会場のお祭りです。

フリーマーケットや色々な地方の特産物を売る出店が有ったり、ステージで楽しい催し物が披露されたりする地元のお祭りで、今年で20周年を迎えます。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


伊勢おおまつり

2007/10/13 21:16
画像
伊勢神宮の三節祭のひとつ、10月の神嘗祭に合わせて土曜・日曜日に開催される、伊勢おおまつりを見物します。

100年以上の歴史があるお祭りで、立派に装飾された山車や子供歌舞伎、子供太鼓などがあり、最後は手筒花火でフィナーレでした。

お祭りを見た後、名古屋に出て、ムーンライトながら号で東京に帰ります。

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


タイトル 日 時
善通寺創建1200年祭
善通寺創建1200年祭 創建1200年祭で、すごく賑わっている善通寺へやってきました。 東院特設舞台では獅子舞が踊って迎えてくれました。 ...続きを見る

ブログ気持玉 / トラックバック / コメント

2006/05/03 10:47
第57回丸亀 お城祭り
第57回丸亀 お城祭り ここ丸亀では、毎年5月3日、4日に「お城祭り」が開催されます。 昭和25年から開催されているお祭りは、今年で第57回を迎えています。 ...続きを見る

なるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 1

2006/05/03 09:25

トップへ | みんなの「お祭り」ブログ

って、どーよ お祭りのテーマ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる