アクセスカウンタ

<<  2010年1月のブログ記事  >>  zoom RSS

トップへ


iButterflyで、ちょうを探して山手線をぐるり

2010/01/31 00:28
iButterfly

1月20日に電通が実証実験サービスとして公開した、待ち受け画像などのコンテンツや電子クーポンを配布するiPhoneアプリ「iButterfly〜クーポン・エンタテインメント!〜」を遊んでみました。

このiPhoneアプリは、最近一般的になった携帯電話向けに提供されている電子クーポンに、「AR(拡張現実)」や「位置情報ゲーム」などのエンタテインメント性を加えたアプリです。

iButterflyを起動するとGPS機能により現在位置が確認され、地図が表示されます。この時、現在地のそばにレアな「ちょう」の生息地があれば、花のアイコンが地図上に表示されます。

そしてメニューの虫取り網のアイコンをクリックするとカメラ画面に切り替わり、いつもの街の風景の中を「ちょう」が飛んでいるのが見えます。この「ちょう」がコンテンツや電子クーポンを運んでいます(運んでいない「ちょう」も飛んでいます)。

「ちょう」を捕まえるには、虫とり網をかぶせるようにiPhoneを振って捕まえます。大きく振る必要はなく、手首のスナップを効かせて鋭く小さく振る感じで「ちょう」を捕まえることができます。

捕まえた「ちょう」はコレクションとして楽しむことができるほか、待ち受け画面やおみくじなどの運んでいたコンテンツを楽しんだり、お得なクーポンが表示され、近所のお店で使えたりします。

またこれ以外にも捕まえた「ちょう」の情報をTwitterに投稿したり、Bluetoothを使って捕まえた「ちょう」を交換したり、月間や当日のハンターランキング表示の機能もあります。

山手ちょうを捕まえよう

iButterflyの公式サイトの説明によると、街には次のような「ちょう」が飛んでいるそうです。

おみくじちょう(42種)、単語ちょう(26種)、背広ちょう(14種)ベーシックちょう(8種)、東京音楽MAPちょう(65種)、山手ちょう(29種)、東海道五十三次ちょう(55種)、ご当地キャラちょう(22種)、ご当地名物ちょう(14種)合計275種のちょうが各地を飛んでいます。 ※2010年1月20日現在

せっかくなのでテーマを決めて「ちょう」を集めようと思いましたが、東海道五十三次ちょう、ご当地キャラちょう、ご当地名物ちょうを集めるには遠出が必要になるので、山手線の各駅を縄張りにしている山手ちょうを集めることにしました。

山手線に乗って隣の駅に移動しては山手ちょうを捕まえる、また移動して山手ちょうを捕まえる、これを繰り返して約2時間、下のイラストのような山手ちょうをすべて捕まえることができました。

品川 大崎 五反田 目黒
恵比寿 渋谷 原宿 代々木
新宿 新大久保 高田馬場 目白
池袋 大塚 巣鴨 駒込
田端 西日暮里 日暮里 鶯谷
上野 御徒町 秋葉原 神田
東京 有楽町 新橋 浜松町
田町      

29種類の山手ちょう

キング山手ちょう

山手線全29駅の山手ちょうを捕まえたので、これで山手ちょうをコンプリートできたと思ったのですが、捕まえた山手ちょうの解説を読んでいるうちに、山手ちょうのボスキャラ的な「キング山手ちょう」という蝶が生息していることが分かりました。

これを捕まえずには山手ちょうコンプリートとは言えないので、さっそくヒントを頼りに秘密のキング山手ちょうの生息場所に行き、キング山手ちょうの登場を待って、しばし待機していると、ついに29匹の山手ちょうが合体したようなキング山手ちょうが現れました。

希少種だという設定なので数が少ないかもしれないから捕まえるのに失敗したらイヤだなぁ〜と思ったのですが、何匹ものキング山手ちょうが現れたのでひと安心。いつもと同じ要領で捕まえることができました。しかも捕まえたキング山手ちょうは、待ち受け画面を運ぶ「ちょう」で、山手ちょうならではの待ち受け画面をゲットできました。

キング山手ちょうの画像や生息場所については内緒にしておきますので、iPhone3GSをお持ちの方は、iButterflyをやって、ぜひキング山手ちょうを捕まえてみてください。

iButterflyの公式サイト
http://www.ibutterfly.jp/

iButterfly〜クーポン・エンタテインメント!〜

AppStoreAppStoreよりダウンロードできます。 ※iPhone3GS/OS3.1以降対象
2010年3月31日までの期間限定サービスです。

記事へブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 1


赤羽駅の駅弁「ありがとう 209系記念弁当」

2010/01/24 23:16
209系記念弁当

1993年(平成5年)4月に京浜東北線・根岸線へ投入された209系電車が営業運転を終了することを記念して、赤羽駅で発売された「ありがとう 京浜東北線・根岸線 209系記念弁当」(1000円)です。

赤羽駅で開催される週末の駅弁大会に合わせて、1月16、17、23、24日の4日間限定で発売された駅弁です。発売される4日間全て異なる掛け紙が用意されたそうで、この写真は最終日の物です。

駅弁の中身は、209と書かれたデザートの和菓子を除けば、シンプルな幕の内弁当です。強いて言えばシュウマイが入っているのは京浜東北線・根岸線の横浜を意識してのことでしょうか。

209系記念弁当 209系記念弁当
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


新宿駅の駅弁「山手線100年の歴史弁当」

2010/01/23 20:18
山手線100年の歴史弁当

山手線100周年を記念して、1月7日〜24日の期間限定で発売された新宿駅の駅弁「山手線100年の歴史弁当」(1000円)です。あさりご飯、うぐいす豆、秋刀魚煮など、山手線にちなんだ食材を使用したとのことですが、結果的にはオーソドックスな幕の内弁当になっています。

駅弁掛紙は4種類あって、明治から昭和の各時代に活躍した山手線の車両がモチーフになっています。この写真の掛紙は戦後すぐに運行されていたモハ63形電車です。他にも高度成長時代の103系電車や明治時代の電化当初のホデ6100形などの掛紙があります。

新宿駅以外では京王百貨店新宿店の駅弁大会でも発売されており、発売期間も当初は1月7日〜19日と駅弁大会の開催期間に合わせる(後に24日まで延長した)など、駅弁大会を強く意識した駅弁です。

山手線100年の歴史弁当 山手線100年の歴史弁当
記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


品川駅の駅弁「miniチキン弁当」

2010/01/20 12:45
miniチキン弁当

品川駅の駅弁「miniチキン弁当」(450円)です。あのNREの駅弁「チキン弁当」のハーフサイズの駅弁です。サイズは半分なのに値段はチキン弁当の半額の400円ではなく、450円とちょっと割高ですが、小腹が空いたときとか、子供に食べさせるのにはちょうど良いサイズです。

この価格帯の駅弁は、豊橋駅や伊東駅のいなり寿司と森駅のいかめし位しかないので、ぜひ定着して欲しいと思います。

記事へナイス ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


姫路の全国凧あげ祭り

2010/01/10 22:55
blog0062

今日は姫路に移動し、姫路公園競馬場で開催されている第36回全国凧あげ大会を見物です。

この全国凧あげ祭りは1975年から始まった行事で、当時はアメリカから輸入されたゲイラカイト(三角翼の凧)が大流行していたため、日本の凧・和凧の美しさや素晴らしさを多くの子供たちに紹介しようと、日本玩具博物館が収集していた日本の伝統凧を館内に展示するだけでなく、大空に揚げたのが始まりだそうです。

和凧であれば誰でも会場で凧をあげることができることから年々、参加者が増え、また全国各地の凧の保存会や愛好家の方も参加するようになり、その珍しい凧を見るための見物人も増えたことで、新春の凧あげ大会としては規模、内容ともに全国一の凧揚げ大会とも言える名物イベントになっています。

会場に設置されたスピーカーからは、いま揚がっている凧についての解説が流れているので、どこの郷土凧が揚がっているのか、どんな特長があるのかなどが分かり、凧に詳しくない人でも楽しめます。今回も青森の津軽凧、新潟の六角凧、東京の八丈島の為朝凧、京の扇凧、鳴門のわんわん凧、愛媛県五十崎のけんか凧、山口の見島の鬼ようず、長崎のハタ、五島列島のバラモン凧などの郷土凧や姫路城を模した創作凧やムカデ凧などの解説がありました。


blog0069会津唐人凧 blog0070鳴門の「わんわん凧」
blog0072百足凧 blog0063
恵比寿大黒の連凧

会場には和凧の売店もあり、凧を持ってきていない人でも凧あげに参加できます。でも、やはり遠くから参加している人は色々と考えた凧を揚げています。山口県から参加されたこの方は、郷土の英雄・伊藤博文の100連凧を揚げていました。

blog0065 blog0074

子供の参加者も多いということで、姫路市のイメージキャラクター「しろまるひめ」も凧あげ祭りに参加していました。もちろん、しろひめまるの凧も揚がりました。

blog0064
しろまるひめ

blog0067しろまるひめ、上手く風を捉えられず
揚げるのに、ちょっと苦戦
blog0068やっと揚がったと思ったのもつかの間、
他の凧の体当たりを受けて落下。
あまりに見事な体当たりに会場から笑い声も

圧巻だったのは、あぼし未来倶楽部の方が揚げていたタタミ24畳分の超巨大凧です。大きいだけあって大勢の人が走って引っ張り、揚がるまでは苦労していましたが、揚がってしまえば他の凧がひと際小さく思えるほどの存在感。巨大すぎます。

blog0073 blog0071

凧あげと言えば新春の行事ですが、最近は凧を揚げられる場所も少なくなっているし、ほとんど和凧を見ることも無くなっているので、このイベントは、これからもずっと続いて欲しいと思います。

記事へなるほど(納得、参考になった、ヘー) ブログ気持玉 1 / トラックバック 0 / コメント 0


坂出で瀬戸大橋見学

2010/01/09 23:34

blog0055 2010年最初の旅は四国・香川県坂出への旅です。と言っても実は出発した時点では行き先を決めておらず、いつものように青春18きっぷを片手に目的地も決めずに夜行列車で旅だったわけです。ということで行程は恒例の通り。

品川駅
 23:18→05:55 臨時快速ムーンライトながら号
大垣駅
 06:00→06:33 東海道線 普通
米原駅
 06:35→09:29 東海道山陽本線 新快速
相生駅
 09:33→10:37 山陽本線 普通
岡山駅
 10:53→11:35 快速マリンライナー23号
坂出駅

という青春18きっぷ+ムーンライトながら号での王道のスケジュールでお昼前に四国に上陸です。


亀城庵

blog0056

坂出駅に到着したのが昼食時。しかも讃岐うどん発祥の地と言われる坂出ですから、ここはもう讃岐うどんを食べるしかありません。

今回選んだお店は亀城庵(きじょうあん)です。現在では坂出の有名店ですが、元はお隣、丸亀の丸亀城の近くのお店で、店名の亀城庵は丸のそばのから来ています。

さっそく亀城庵で人気ナンバー1メニューの「海老と揚げ餅のぶっかけ」(通称:エビモチ)をいただきます。ぷりぷりのエビ、もちもちのモチ、しこしこのウドンのハーモニーが美味しい! 

亀城庵
http://www.kijoan.net/


瀬戸大橋記念公園へ

讃岐うどんでお腹もいっぱいになったので、琴平の金比羅さんへ行こうかと思ったのですが、坂出の観光協会の人が「今日は天気が良いから、瀬戸大橋がきれいですよ」と瀬戸大橋記念公園を勧めてくれたので、いつも通り過ぎる坂出を観光すること予定を変更し、瀬戸大橋記念公園へGo!


瀬戸大橋タワー

ナントカは高い所に登りたがると言いますが、やっぱり眺めの良い高いところから瀬戸大橋を見てみたいということで、展望室が高さ108mまで上昇する瀬戸大橋タワーに乗ることに。さっそく、チケットを購入して搭乗です。

瀬戸大橋タワー 瀬戸大橋タワーチケット・パンフレット

ゆっくり回転しながら上昇する展望室は100人乗りですが、なんと貸切状態の独り占め。なんだか嬉しいような、寂しいような感じですが、そんなことを思うまもなく、最高点に到達です。最高点では1周2分で3回転します。なかなか良い眺めですが、ちょっと時間が短いかな。それでは瀬戸大橋タワーからの眺めをどうぞ!


瀬戸大橋記念館

blog0060瀬戸大橋タワーからの眺めを堪能したあとは、瀬戸大橋記念館の見学です。

瀬戸大橋記念館は入館無料で、建物の形も何だか変な形をしているので、最初は大した展示は無いんじゃないの?と期待せずに入館したのですが、これが大きな誤りでした。

瀬戸大橋実現に向けた色々な苦労の道のり、架橋工事の全貌などを動く模型やビデオ、豊富な写真などにより、わかりやすく紹介、説明しており、知的好奇心を満たすのに十分すぎるような展示がされていました。もう素直に「瀬戸大橋記念館、ごめんね。見くびっていたよ」と謝るしかないほどの充実度です。

特に瀬戸大橋のメインケーブルや架橋工事の際に実際に使用された巨大機器の実物が展示されている実機展示コーナーは、もう「ここにプロジェクトXがあった」という感じです。

こう書くと、子供や理系の人しか楽しめないんじゃないの?と思われそうですが、実は瀬戸大橋記念館の屋上は展望台になっていて、そこからの眺める瀬戸大橋は最高です。ちなみに、ここで台湾のテレビドラマ「蜂蜜幸運草」のロケ地も行われました。


東山魁夷せとうち美術館

blog0061まだ時間の余裕もあったので、瀬戸大橋記念公園のそばにある香川県立東山魁夷せとうち美術館を見学しました。

祖父が坂出市櫃石島の出身であるということで、東山魁夷画伯から寄贈された280点余りの版画作品及び貴重な資料を展示・公開している美術館です。

今回、ちょうど2009年度・第3期テーマ作品展が開催されており、「青の風景/魁夷が心に描いたもの」というテーマで作品が展示されていました。月の光に静かに照らされる森や川岸などの静寂の光景、青を基調とした心に響く静寂さを表現した作品群が気に入り、お土産に絵はがきまで買いました。

東山魁夷せとうち美術館は、2つの展示室と1つのデジタル展示室の比較的こぢんまりとした美術館ですが、特筆すべきは大きなガラス張りのラウンジです。このラウンジからは、碧い海、青い空、そしてそれを結ぶような瀬戸大橋が眺められ、まさに1枚の絵のような風景が眺められます。

東山魁夷せとうち美術館
http://www.pref.kagawa.jp/higashiyama/


最後にもう一度、瀬戸大橋記念館の展望台から瀬戸大橋を眺めて今日の旅は終了です。

瀬戸大橋

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


本庄早稲田駅の駅弁「古代豚弁当」

2010/01/06 23:39

blog0054

本庄早稲田駅の駅弁「本庄早稲田駅発 古代豚弁当」(900円)です。本庄市、美里町、神川町、上里町及び児玉郡市広域市町村圏組合の本庄地方拠点都市地域整備推進協議会、JR東日本高崎支社、早稲田大学、JA埼玉ひびきのなどから構成される本庄早稲田駅駅弁開発プロジェクトチームが企画した駅弁です。本庄早稲田駅には駅弁屋はありませんが、そばや中山道で購入できます。

駅弁の中身は、埼玉県産米「彩のかがやき」のご飯の上に美里町・白石農場の豚肉を使った古代豚旨煮がご飯が見えなくなるほど敷き詰められ、箸休めは上里産、本庄産のきゅうりを使用したしば漬け、そしてデザートには美里産、神川産のブルーベリーを使った水まんじゅう、地元、本庄市・美里町・神川町・上里町の特産物を使った内容になっています。

メインの古代豚旨煮は程よい柔らかさで、タレによる味付けも良く、食べ飽きること無く一気に食べきれる美味しさです。「古代豚」は白石農場の登録商標で「中ヨークシャー種」という品種の豚を基礎豚にして生産された豚だそうです。お品書きの説明によると、昭和30年代まで日本で飼われていた豚のほとんどは「中ヨークシャー種」という品種で、臭みがなく、旨味成分や栄養価も高いと言われていたが、成長があまりにも遅い(9〜10ヶ月)為、経営が成り立たず、今では日本とイギリスにしか残っていない、貴重な豚だそうです。

デザートとしていただいた神川・美里産のブルーベリーを使った水まんじゅうは、ブルベリーの味と水まんじゅうの餡の味が口の中で混ざり合い、適度な甘みの何とも不思議な味わいの美味しさでした。

NRE大増
http://www.nre.co.jp/nre-daimasu/

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


仙台駅の駅弁「炭味焼 牛たん弁当」

2010/01/05 23:47

炭火焼 牛たん弁当

東北地方最大のターミナル駅 仙台駅の駅弁「炭火焼牛たん弁当」(1000円)です。仙台駅ではこばやし、ウェルネス伯養軒、日本レストランエンタプライズ(NRE)の3社が駅弁を販売しています。そのため日本屈指の駅弁激戦地ですが、さらに輪をかけて駅構内テナントの地元有名店でもお弁当を販売しています。この「炭火焼 牛たん弁当」は、牛たん専門店の冠舌屋など「冠舌(かんたん)」ブランドで牛たんを提供している株式会社 陣中の駅弁です(駅弁マークや駅弁の定義にこだわる駅弁ファンには駅弁と呼んでもらえないかもしれませんが、駅で買える弁当という意味の駅弁として紹介します)。

炭火で焼かれる牛たんが描かれた箱を開けると真空パックのようなビニール袋に入った駅弁が現れます。中身は、陣中秘伝の仙台味噌を使った牛たん、天日塩で味付けされた牛たん、それぞれ肉厚の四切れづつが麦ご飯の上にのっています。

牛たんで有名な土地だけに仙台駅には牛たんの駅弁はいくつもありますが、ここまで肉厚でボリュームたっぷりの牛たん駅弁は他にはありません。さすが牛たん専門店の駅弁だけのことはあります。肉厚ながらトロけるよう柔らかさの味噌味、ピリッとした塩味の二種類の牛たんが楽しめ、大満足の味です。

ご飯は大麦と玄米を合わせた五穀米のような麦ご飯です。牛たんとの相性は良いのでしょうが、冷めた状態だと牛たんの美味しさを受け止めきれていない感じです。箸休めの香の物も無く、この辺のご飯まわりの扱いは老舗駅弁屋の冷めても美味しい駅弁でには、まだまだ敵わない感じです。

贅沢にビール片手に牛たんだけ食べるか、家に持って帰り電子レンジで温めて食べると最高に美味しい食べ方ができるリーズナブルな駅弁です。

株式会社 陣中
http://www.jinchu.jp/

冠舌屋
http://kantan-ya.jp/

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


札幌駅の駅弁「すし処 えぞ賞味」

2010/01/04 23:50

えぞ賞味

札幌駅の人気駅弁「札幌名物 すし処 えぞ賞味」(980円)です。北海道といえば、サケ、カニ、イクラ、ウニなどの名産地ですが、この駅弁はそれらの海の幸を一度に楽しめるお得な駅弁です。

数年前はちらし寿司と巻き寿司がセットになった駅弁でしたが、現在はリニューアルして、すし飯と具を増やし、巻き寿司を無くしたオーソドックスなちらし寿司の駅弁になっています。駅弁の中身は写真のように酢飯の上に、かに、鮭そぼろ、錦糸玉子、ホタテ、いくら、うに、生姜、タラコ、椎茸、グリンピースが乗っていて、北海道の海の幸を活かした郷土色豊かな駅弁です。

札幌駅の駅弁人気ランキングでベスト3を外れることが無いと言われる定番人気の駅弁なので、お味の方もバッチリ保証済みです。


株式会社札幌駅立売商会
http://www.ekiben-sapporo.net/

記事へブログ気持玉 / トラックバック / コメント


<<  2010年1月のブログ記事  >> 

トップへ

って、どーよ 2010年1月のブログ記事/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる