って、どーよ

アクセスカウンタ

zoom RSS 鶴丸城跡と黎明館

<<   作成日時 : 2007/08/13 16:30   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 1 / コメント 0

薩摩藩主、島津氏の居城であり、鹿児島城とも呼ばれた鶴丸城の城跡です。
画像


1873年(明治6年)12月の火災で建物などは焼失し、石垣と石橋が残るのみです。現在では、城内には鹿児島県歴史資料センター「黎明館」や鹿児島県立図書館、鹿児島市立美術館が建っています。
黎明館では、鹿児島の歴史、民俗、美術・工芸などを実物資料や写真、ジオラマなどの豊富な展示で紹介しています。

鶴丸城が廃城してから1980年代に図書館や黎明館ができるまでの間、城跡は第七高等学校造士館の校地として使用されていたので、敷地内には「七高久遠の像」が建立されています。
また像のそばには七高の寄宿舎「国士寮」の寮歌「北辰斜に」の碑も合わせて今建立されています。
画像
画像




テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(1件)

タイトル (本文) ブログ名/日時
日本の市役所前駅を完全収録
日本の鉄道で一番数の多い駅名は「市役所前駅」で全部で10駅あります。いままで旅の記録をブログに書いてきましたが、ようやく全ての市役所前駅がブログに登場したので、ちょっとまとめてみました。 ...続きを見る
って、どーよ
2008/02/18 12:35

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
鶴丸城跡と黎明館 って、どーよ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる