って、どーよ

アクセスカウンタ

zoom RSS 盧舎那仏坐像と仏生会

<<   作成日時 : 2007/04/08 10:00   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

世界最大の銅像仏である、奈良の大仏です。
画像


正式名称は「盧舎那仏坐像(るしゃなぶつざぞう)」といい、奈良時代中期の天平の頃から工事が始まり、7年目に開眼供養されたそうです。その後、度重なる戦で被害を受ける毎に改修作業を行ったそうです。現在の大仏の頭部は江戸時代、胴体は鎌倉時代に改修されたものですが、台座の一部に天平当時のものが残っています。
正面から見ると、やはり厳かな風格があります。
画像


大仏を安置している東大寺金堂は、大仏殿とも呼ばれています。現在の建物は江戸時代に再建されたもので、かなり大きな建物ですが、創建当時の大仏殿は、これよりもっと大きな建物だったそうです。
画像


今日、4月8日はお釈迦様の誕生日なので、仏生会(ぶっしょうえ)が行われています。さっそく大仏殿正面に設置された花御堂(はなみどう)の誕生仏に甘茶をそそぎ、花御堂のそばで甘茶をいただきました。これだけで奈良に来たかいがあるというものです。
画像

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
盧舎那仏坐像と仏生会 って、どーよ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる