って、どーよ

アクセスカウンタ

zoom RSS 嵐山まで保津川下り

<<   作成日時 : 2007/03/10 14:10   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 0

亀山から嵐山まで、約16kmの保津川を船で下ります。
画像


この部分は緩やかな流れだったので、船頭さんもちょっと手を休め、保津川にかかる山陰本線の鉄橋を通過する電車を眺めています。
画像


船頭さんは3人乗っています。船の先頭に立ち、急流では竿で船をコントロールし、流れが緩やかな所では竿で川底や岩を突いて船を進める一番大変な役、船の前寄りに座って、櫂で漕いで船を進める役、船尾で舵取りする役の3つの役があり、行程の1/3毎にローテーションで交代しています。
画像


保津川は全体的には緩やかな流れですが、所々急流の部分があり、水しぶきが船内に飛び込んできます。
船の横には防水シートが用意されていて、水しぶきのタイミングに合わせてシートを持ち上げるのですが、最初はタイミングがつかめず、足下がずぶ濡れになってしまいました。
画像


最後の急流を越え、嵐山まであと少しという所で、商品を買わないと、通さないぞ!と言わんばかりの売店船が登場します。
画像


売店船が保津川下りの船に寄り添うように近づき、横付けし、縄でぴったりと2つの船を固定します。売店船はエンジン付きの船なので、しばらくは船頭さんも漕ぐ手を休めることができます。
そして、小腹の空いた観光客は団子や甘酒を購入して、嵐山までの残り少ない緩やかな川の流れを楽しみます。
画像


保津川下りにかかる時間は、川の水量により変わるそうで、だいたい1時間半から2時間だそうです。今回は1時間半程度で到着しました。観光地として有名な嵐山に到着したので、まずは渡月橋を見学しに行きます。

テーマ

関連テーマ 一覧


月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(0件)

内 容 ニックネーム/日時

コメントする help

ニックネーム
本 文
嵐山まで保津川下り って、どーよ/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる